あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人間も捨てたものじゃないと思う

昨日の記事で福島原発の周辺のご遺体は回収できないかもしれないって書きました。

でも、昨日の夜のニュースで防護服を着た警察官、消防士が現地に入り、行方不明者やご遺体の捜索を行っているそうです。

今、世界で最も危険な場所にもかかわらず、職務とは言え自らの危険を顧みず人道支援を行ってくれている人たち。

頭が下がります。

世界各国の支援もどんどん広がっています。

海外で活躍されている日本人の地道な活動が今回のような大規模な支援に繋がっているのだと思います。


一方で、政府に物申したい!

IAEAの基準で危ないと言っているものを「自国の基準が正しい」と突っぱねる。

中国からも大規模な支援の要請があったそうですが、断ったとのこと。

政治家どもは日本を潰す気かっ!

そう叫びたくなります。

メンツを重視する政治家は今すぐ辞職して下さい。


私はバブルの絶世期に社会人になりました。
その後、バブルの崩壊、景気の低迷、景気の底
全部、経験してきました。


今、日本の経済は、大震災もあって更に底に向かおうとしています。

でも戦後の驚くべき経済成長のように、日本人のDNAには勤勉が刻まれています。

確かに今はどん底かもしれません。

でも、12歳の男の子が、おじいちゃんの漁業を継ぐと決めました。
その子の弟は「楽しい国にしたい」って言っていました。

今がどん底なら、後は這い上がっていくだけです。

人生の半分を過ぎた私のような者は、知識と経験を与えることができます。


若い力に今後の日本を任せていいと思います。

避難所でも子供たちが率先して行動しています。

生きていれば、やり直しは何度でもできる!
関連記事
[ 2011/04/01 09:26 ] 日記 | TB(0) | CM(3)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

うつうつ君へ
お気遣い頂きありがとうございます

m(_ _)m


今日は天気も良いせいか比較的ラクです。

テレビをつければ必ず地震、原発の話題…。
映像…。

やっぱり影響を受けてたんですね。


子供達の卒業、新年度の準備などに追われ忙しい日々を送っていました。


3月は本当に忙しかったです。


一年間、自治会の組長もしてたので
その疲れもあったかもしれません。


今日、新組長に引き継ぎをします。
やっと役目が終わります。

一年間長かったなぁ…(涙)


これで少しは、ゆっくり出来るかな…
[ 2011/04/04 11:55 ] [ 編集 ]
まりんさんへ
共感の意味は知っていますよね。
一番わかり易いのは、赤ちゃんはお母さんの表情で喜怒哀楽が左右される。

大人でもね同じことが起こるんです。
震災と原発事故のニュースを見る機会が増えていませんか?

うつ病の人って元々感受性が高いので過度に共感して自分に置き換えてしまうんです。

まして、まりんさん居住地が近い。

たまにはニュース以外のものも見ているといいですよ。

それに政府はどうしようもないけど、民間が自主的に頑張ってくれています。

まだ、余震が続いているようなので、くれぐれもお気をつけて。
[ 2011/04/04 10:31 ] [ 編集 ]
鬱々気分…
今日は久々に落ちました

朝から気分はどんより…

布団から出られない
本当は9時から組長最後の仕事で集会所の掃除があったのに出られる状態じゃ無い

やむを得ず母に電話して代わりに行ってもらいました。


こんな状態になったのは本当に久しぶり…

天気もイマイチだったのもあるかもしれない。


そんな中、夕方見たニュース…

今日が結婚記念日の女性、彼女の旦那様は福島原発で働いている。三年目の結婚記念日

無事に戻ってきてくれればと話していた
左手薬指に光る指輪が悲しく見えた…


うつうつ君の記事を読み表には出ていないが命をかけて頑張っている人がたくさんいると思った。


きっと原発付近で亡くなられた方の遺族は遺体の回収をされてる警察や消防の人に感謝してると思う。
[ 2011/04/03 20:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。