あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

早いもので2月も終わりですね

1月は行く
2月は逃げる
3月は去る
と昔から言われるように、あっという間に2月も終わりです。

今月は僕自身にも大きな変化がありました。
病院の変更に伴う、思い切った薬の変更。

ちょっと遠慮気味だった代理診察の先生(今は主治医)も
自分の病院なので、こちらの要望に応じて薬を変更してくれています。

日中にもう少し動けるようになりたい。
サインバルタが増えました。

動けるようにはなったけど、15時くらいに力尽きる
サインバルタを朝、昼1カプセルずつに変更しました。

寝起きがすさまじく悪く起きた瞬間から眠い熟睡したい
ロヒプノールが寝る前に増えました。

寝ざめは、そんなに悪くなくなりましたが
何故か4~5時に目が覚める^^;
二度寝不能

まぁ1年余り元の主治医にほったらかしにされていたのですから
多少のリズムの変動は仕方ないと割り切っています。

入院しなきゃいけない状況になるよりはマシです。

うつ病で最も怖いのは自分の心の制御が出来なくなること。

大うつの時、私は自分自身が訳判らず
何をどうしたらいいのか正常な思考能力が欠如していました。

辛い、楽になりたい、逃げたい、姿を消したい

夜中に何を思ったか、瀬戸大橋を渡って
樹海を目指したこともありました。

もちろん距離が半端ではないので備前辺りで力尽きました。

少しましになったのは、やはり会社を辞めたことでしょう。
環境を変えることで少しだけましになりました。

その代わり生活は苦しくなりました。

かなり動けるようになった今では世間は大不況
45歳ともなると3K職場くらいしか勤め先はありません。

ところが、それに耐えられるだけの精神力も体力もありません。
だから、バイトやパートで食いつないでいます。

もはやこうなると自分で事業展開をするしかない。
そこで始めたのが通販サイトの運営。

誰に強制されることも命令されることもない。
責任は全て自分にある。
軌道に乗るには数年かかると思います。

何か熱中することに身を置く
そうすることで脳は活性し、目標もできる。

目標は何でもいい

うつ病を治すため
自分らしさを取り戻すため
今の生活を改善するため
やる気を起こさせるため
体力を取り戻すため

何でもいいのです。

悶悶と辛い苦しいを繰り返すより
何かを始めた方が気が楽になる。

逃げたいなら逃げてもいい
死ぬことなんていつでも出来る。
どうせ寿命が来たら人間誰でも平等に死を迎える。

だから今できることを精一杯すればいい。
失敗してもいいじゃない
それは経験として自分に残る。

今この瞬間を生きていこうと思う。
関連記事
[ 2011/02/26 09:24 ] うつ日記 | TB(0) | CM(10)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

うつうつ君へ
詳しく丁寧な情報を下さり ありがとうございました。参考にさせていただきます。
[ 2011/03/03 00:56 ] [ 編集 ]
キキさんへ
かけれる言葉が思いつきません。同情をしても何の解決にもならないので、情報を提供します。
一部、キキさんが一人暮らしと仮定して提供します。

自己都合の退職となると、職安で3ヶ月の準備期間の後、規定月数の失業手当が支給されます。
ただ会社都合と違って、そんなにたくさんの月数の給付は受けられません。

しかも失業給付を受けるためには確か最低2件の面接を受けなければなりません。
でも、そんな状態じゃないですよね?

この失業給付を受け始める期間を最大3年まで伸ばすことができます。

離職票など手続きに必要な書類を職安に持っていくと、「今仕事が出来る状態じゃない」旨の用紙を渡されますので、医師に状態を記入してもらい、職安に提出します。

国保と国民年金への変更手続きも必要になります。最寄りの役所で出来ます。

もし一人暮らしなら生活保護申請もすると、休養に専念できます。

今は書いてある通り、消えたい気持ちでいっぱいでしょう。
でも、うつ病では乗り越えないといけない試練の時でもあります。

国が行ってくれるサービスをフルに活用するようにしましょうね。
[ 2011/02/28 23:29 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
今日会社の方から
「休職延長に社長の許可が出なかった。自己都合による退職扱いにさせてもらうよ」
との事。やっぱり…

お願いするチャンスもなく、このご時世では仕方ないですね。ちょっとしたミスで信用を失い、適応障害からのうつ状態で解雇なんて。自分が情けないです。

どこかで静かに消えたい。昨日からずっと思っています。


[ 2011/02/28 17:42 ] [ 編集 ]
キキさんへ
会社としては当然の答えだと思います。
私も同じことを言われました。

でも先送りにしてもいいことはありませんし、診断書を見せて、あと1ヶ月だけお願いしますと頭を下げるしかないかもしれません。

それか、無理してでも出社するか。

私のように何もかも捨てて解放される道もありますが、誰にでも出来ることではないし、相当の覚悟が要ります。

考える時間は少ないですが、じっくりと考えて下さい。
[ 2011/02/27 11:33 ] [ 編集 ]
りんさん、蘭さん
ご無沙汰です!
世の中は今受験なんですね。

お子さんたち、とても優しいと思います。
お母さんの辛さを判って、手に職がつく進学や病気にもめげず頑張っている姿が浮かびます。

見習わなきゃな^^
[ 2011/02/27 11:28 ] [ 編集 ]
訂正
看護士→看護師

訂正します
m(_ _)m
[ 2011/02/27 09:29 ] [ 編集 ]
蘭さんへ
コメントありがとうございます(^O^)

そして息子さんの就職、娘さんの高校合格おめでとうございます

蘭さんが仰るとおり子供達の歳周りがまったく一緒ですね

母子家庭という所まで一緒!
なんか親近感がわきます。

娘の大学はお金のかからない国立で奨学金を使ってでの受験でした。娘がどうしてもこの大学に入りたいらしく私学は受けずに国立一本で挑みました。
万が一落ちたとしても浪人する覚悟みたいです。
将来、海外に行き看護士として働きたいという夢があるそうです。

息子は広汎性発達障害アスペルガー症候群とちょっと聞き慣れない名前の障害を持っています。中1の途中から不登校になり中学はほとんど行ってません。
二週間に一度精神科に通いながら学校から出されたワークで勉強し受験に備えました。普通に高校に通うのが難しいため定時制で午後から行ける高校を希望しました。

まだこれから試験なので気が落ち着かないのですが息子を信じるしかないと思っています。

卒業式、蘭さんと同じように号泣しちゃうでしょうね…

私自身の病気も焦らずマイペースでいきたいと思います。
[ 2011/02/27 08:54 ] [ 編集 ]
おはようございます
うつうつ君
明日で休職期間が終わってしまいます。先日診察に行き、2時間位しか眠れない事など状況を話したところ『一ヶ月の休職延長診断書』がでました。

まだ怖くて会社には提出出来ずにいます。「次回同じ事になったら解雇は出来ないから、自己都合の退職扱いになるよ」と言われたので・・・私の会社は零細企業なので就業規則はなくてもいいらしいので、休職に関する規則が分からないのです。

どちらにしても今日明日中には決断しないといけません(泣)
[ 2011/02/27 08:26 ] [ 編集 ]
出会いと別れの季節ですね。
みなさんお久しぶりです。
1日の終わりの就寝前はいつも読ませていただいてました。

りんさんのコメントを読み、うちも同じ感じだわ~と思いました。てか、お子さんの年齢うちと全くかぶってますね(^O^)

今春、うちは息子が高校卒業で就職、娘が中学卒業で高校入学です。
りんさんより私は歳いってますが(^_^;)

うちも母子家庭なので息子の進路は、担任といろいろ考えながら就職になりました。昨年内定いただいてたので3月末に上京します。経済的な余裕なくて、大学に行かせてやれなかったのが少々心残りです。(奨学金やら教育ローン利用する手段もありましたが、息子が働くと言ってくれました)

娘は、公立高校推薦入試合格しましたので、これからは準備に忙しくなります。
子供達は反抗期ながらも、こんな母親についてきてくれました。2人に感謝です。
少し前、娘が私の円形脱毛みつけてくれて、「お母さんあんまり無理しないで」って言ってくれました。円形脱毛自体、ストレスなのかよく解明されてないみたいですね。


3月いろんな準備に、どんだけお金かかるのか不安ですが、自分の親もホント大変だったんだなぁと、改めて感謝しました。

卒業式は、ガチで泣いてしまうと思います。
別れがあって次に出会いが待ってます。
春は毎年、症状が重くなるんですが、今年はやらなければいけない事沢山あるので、気が紛れて乗り越えられれば良いな。
りんさん、これからも子供達の事でいろいろあるでしょうけど、自分のペースで生きて行きましょうね。

[ 2011/02/27 02:15 ] [ 編集 ]
お久しぶりです
久しぶりにコメントさせて頂きます。

ほんと、あっという間に3月を迎えますね…

今年は子供の高校・大学のW受験で卒業式、受かれば入学式であわただしい時間を送っています。

病状のほうは幸い落ち着いていて自分でも不思議なくらいです。

と、言ってもやはり合格の結果が出るまではドキドキの毎日なのですが…。

娘は現役で医学部の看護科を受けました
私が鬱病で働けず生活保護を受けている中での受験…

塾代がかかるからと行かずに独学で学校の先生からのアドバイスを受けながらの受験、本当によく頑張ってくれたと思います。

息子のほうも精神科に通いながら学校へ行きアスペルガー症候群と戦いながらの高校受験。

病気の事もあるため定時制の高校を選び不登校で解らない勉強を独学でして受験に備えました。

私がこんなばっかりに子供達ふたりには迷惑をかけてしまいました。

でも、何ひとつ文句も言わず夕飯を作ってくれたり洗い物をしてくれたり家事を手伝ってくれました。


お陰で私の病状も最近良いのだと思います。


娘は3月7日、息子は3月11日合格発表です。

二人とも合格してほしいと思います。

桜咲く春がきますように…
[ 2011/02/26 16:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。