あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

相談された内容をシェアします

今回は、カギコメで相談された内容について
他の読者にも参考になりそうなので回答をシェアします。

>抗うつ薬を飲み忘れた気がします。

はい。よく忘れます。
とにかく色んな事をすぐに忘れます。
気付いた時は次の食事の時間だったり^^;

火の元と戸締りさえ気をつければ、後は忘れても取り返せます。


>最近下痢が続いて薬に不信感・・

うつ病のお薬で下痢の副作用が出るものを私は知りません。
逆に副作用で便秘になる薬は、とてもたくさんあります。

ならば考えられる理由は二つしかないです。

1.処方されている薬の中に便が出やすくなるものが含まれている。
2.脱水症状

この二つです。
特に冬場は寒いせいもあって水分をあまり取りません。
だからすぐに脱水症状になったりします。

もし下痢と便秘を繰り返すなら脱水症状の可能性が大です。


>痩せていて血圧も低い・・

もしかして体温も低くないですか?
平熱が36度ないとか。

もしそうなら基礎代謝(基本的な筋肉量)が低い可能性があります。
出てくる症状は、頭痛、めまい、眠気、吐き気

これにうつ病自体の症状が重なると地獄です。

股関節周りと、わきの下と肩周りの軽い運動をしてください。

かかとを合わせて太ももを横に開くように意識して上下に10cmくらいのスクワット5回1セットで1日3回。

腕を肩甲骨を回すように意識して回すこと5回1セットで1日3回。

イメージはラジオ体操。

基礎代謝に必要な筋肉とリンパ腺の付け根にあたる部分が
これだけの運動でも活性化します。

ついでに耳たぶの下も指でぐりぐり軽くほぐして下さい。
血流も良くなります。

運動は無理し過ぎないのが肝心です。続きませんから。


>カウンセリング60分で1万円

ぼったくりですねぇw
マッサージでも10分千円くらいなのに
思わず自分でやろうかな?って考えてしまいましたw

1回目に聞かれること決まってますよ。

・どうしてうつ病になったの?
・今どんな状態なの?
・何か気に病むことはあるの?
・何かに恐怖を感じるの?
・家族にうつ病経験者はいるの?
・これからどうしたいの?

じゃあ今聞いたこと紙に書いて
口に出して読み上げてみて

以上

60分では答えられないし書ききれませんw

なので当然「また来てね」になります。

ちなみにこの質問内容は某国の心理学者が
実際に行っている方法です。

話した内容に共感して踏み込んでくれるのは、3回目以降です。

カウンセラーさんの中には最初から親身になってくれる人はもちろんいます。
でも、そういうカウンセラーさんに当たるのは運です。
クチコミとかで探すしかないですね^^;

逆にいえば上に書いたことを自宅で自分で書いて答えをみつけるのもありです。

今書いた一通りのことはブログにも書いています^^

カテゴリに(1)~(10)までナンバーをふっているものがあります。
ここを読むだけでも参考になるかな?って感じです。

ただ記事の順番が新しい順なので
古い記事はカテゴリの中でも下の方にあります。

PCだとそうでもないのですが、携帯だと読むだけで疲れるかもしれません。
そこだけご了承ください。
関連記事
[ 2011/02/13 11:14 ] (11)各種相談 | TB(0) | CM(0)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。