あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今朝の寝覚めは

今朝の寝覚めは、比較的おだやかに目覚めました。
眠るときの薬を飲むタイミングが良かったのか。
たまたまなのか。

たまたまでしょうね。多分w

どんどんさん、昨夜は眠れましたか?

自分にあった薬に辿りつくまでは
結構時間がかかるものです。

私も9年経ってもまだ調整中ですから^^;

私の場合、何故9年もかかっているのか?
それは通院するたびに症状が変わっているから。
そして、未だに恐怖が払拭されていないから。

時には日中に全く動けない状態になるとか
全然眠れなかった期間が長かったとか
動悸が落ち着かなかったとか

全ての症状をカバーするとなると
とんでもない量の薬になりますし
副作用もそれなりに出ます。

なので精神を安定させるお薬プラス
その時に一番辛い症状に対して
それを収めることを優先してきています。

欧米では、うつ病に効果があるとされる薬が数多くあります。
いつだったかNHKで治験の番組がありました。

がんやその他の病気では
十分とはいえないまでも治験はある程度進んでいるようです。

ところが、鬱に関連する薬の治験は
その8割が認可までには程遠い状態にあるそうです。

今の日本では、うつ病を気付かれない、気付かせないために
うつ病に関する薬の治験は欧米諸国に比べ
大きく遅れていると言っていいと思います。

そもそも治験とは、新しい薬を患者に試して
副作用とかのデータや効き具合のデータを取るために行います。

患者としてのメリットは薬代が無料になったりします。

デメリットは、治験をすることで
今以上に副作用が加わる可能性があること。

一つの治験から次の治験に変わるには
最低2週間は薬を飲めなくなること。
(前の治験の薬を抜くため)

今でも辛いのに、これに副作用が加わると思うと
患者としては怖くて踏み出せません。

さらに薬が飲めなくなる2週間に
自分がどうなってしまうか判らない恐怖。

この理由が治験を遅らせている原因でもあるでしょうか。

私も昔は薬を開発する側にいましたから
新しい薬の効果を試すのに何百人というデータが
必要になるのを知っています。

それでも経済的理由で治験を受けてくれる患者さんもいます。
弱みにつけこんでると言われればそれまでです。

ただ思うに、欧米で安全性が確認されているのであれば
厚労省も、もう少し柔軟に対応してもらいたいものです。
関連記事
[ 2011/02/07 09:24 ] うつ日記 | TB(0) | CM(8)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

うりさんへ
薬の効き具合は2週間くらいが目安です。

日中に片頭痛はするわ、眠気が来るわ、家事もしなきゃなどなど
色んな事がわーって襲ってくると「鬱だから」って
自分を納得させてしまうことがあるんです。

他の病気を疑いもしない状態ですね。
特に妊娠中だと健康な人でも情緒不安定になったりします。

症状に優先順位をつけて、回避できそうなものから1個ずつ除いていくしかないです。
[ 2011/02/15 20:32 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
こんにちは。
管理人さんのコメントを見て、現在出ている症状のうつ以外の要因を考えてみました。
頭痛は眼精疲労と肩凝り?以前からの緊張型偏頭痛もあるかもしれません。携帯を使う時間を減らし、肩回しや半身浴をしてみようと思います。
過食は…つわりが終わった反動も考えられるし、何かから逃げているとすれば、妊娠した事実かもしれません。妊娠を心から喜んでいるわけではないので…。でも赤ちゃんに罪はないので、やっぱり過食はどうにか止めないといけないです。
中途覚醒は、妊娠中に眠りが浅くなるのはよくありますが、上の子のときはもっと遅い時期だった記憶があるので、他の原因は?です。運動量が少ないからかも。
抑肝散を飲み始めて4日経ちましたが、効果は今のところ微妙です。食べる量は少し減った気がしますが眠りは変化なし。
とにかく治そうと躍起になっているのは否定しません。だけど、だんだんと、全部がうつのせいだと思うようになっていたことに気がつきました。ちょっと冷静になって考えるようにします。
[ 2011/02/14 09:11 ] [ 編集 ]
わかさんへ
胸焼け 吐き気 嘔吐が3日も続けば、それはきついですね。
医者も胃腸薬くらい出してくれればいいのにと思います。

小食なのに太っていくということですが、
これにはちゃんと理由があります。

身体を維持するにはエネルギーが必要なのですが
小食になると最低限必要なカロリーが摂取できなくなります。

身体というものは良く出来ていて、
エネルギーが足りないと
脳は身体に脂肪を溜めこむよう指示を出します。

なので小食なのに太っていくという現象が起きます。

あとは基礎代謝の低下ですね。
筋肉が足りなくなって脂肪を燃やすということが出来なくなります。

とてもしんどいとは思いますが
最低限、足腰の筋肉はつけておくよう軽い体操でもして下さいね。
[ 2011/02/13 18:21 ] [ 編集 ]
辛い…
3日程前から 胸焼け 吐き気 嘔吐に苦しんでいます。
病院に行きましたが 医師からは うつ病の症状だからどうする事もできません…との事でした。

吐き気がするので 何も食べる事ができず 頓服を飲んで ひたすら眠っています。

気分も沈み 最悪な状態です。

体重も 20kg増え とても辛いです。
少食なのに こんなに太るのは お薬の副作用でしょうか?

今朝も吐き気がするので頓服を飲んで寝ます。
[ 2011/02/13 07:45 ] [ 編集 ]
うりさんへ
私は男で独身なので産みの苦しみとか喜びとかその辺りのことはよく判らないのですが、はて?焦ってますかね?

「何とかしなくちゃいけない」って自分に足かせかけてません?

過食も頭痛も中途覚醒も、どれを取っても辛いし、しんどいのは判りますが、一遍に「何とか治さなくちゃ!」って無意識に思っていたりしていませんか?

中途覚醒は確かに鬱の症状だとは思いますし、薬を止めている今の状態では仕方ないかもしれません。

でも頭痛と過食は鬱以外の所にも原因があったりするんですよ。

目が疲れても頭痛はしますし、脱水症状になっても頭痛はします。

過食もね、治そうとする焦りとか、大きなストレスとか、上のお子さんへの罪悪感とかから食べることに逃げちゃう場合もあるんですよ。

うつ病になって一番怖いのは、全ての症状を鬱に結びつける思考が出来上がってしまうことにあるんです。

この思考が出来上がると、例えば私のように「片頭痛は鬱のせいだ!」って何年も思い込んで、眼鏡を作りに眼科にいったら

「緑内障」です。って言われました。あと半年遅れたら失明してたよって言われましたからね。

明らかに鬱からきていそうな症状とそうでないものは、少し冷静になって整理してみると「あれ?」って思うこともありますよ。

冷静になる方法で子供を持っている人にお勧めなのが、子供の心音を聞くんです。
お子さんの胸に耳を当てて聞くんです。落ち着きますよ。
[ 2011/02/10 21:20 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
自殺者が増加していることに関して、具体的な数字は忘れましたが経済的にはかなり大きな額の損失であるという新聞記事を見た記憶があります。
行政はそういう面からは考えないのでしょうかね。
心理的な病に対する偏見もまだあるのでしょうね…

話は変わりますが、私の近況です。
以前アドバイスいただいたように、転院しました。心療内科ですが、先生は精神科医です。
お腹の赤ちゃんはもうすぐ15週になります。産婦人科の先生から、器官形成期はそろそろ終わるのでパキシルのようなSSRI(でしたっけ)の服用は場合によってはOKです、と言われました。
薬を飲めない間、つわりも重なりマイナス思考に自殺願望などの波に襲われ苦しかったのですが、つわりが治まった今は、特に中途覚醒と過食と頭痛に悩まされ…
特に過食は気持ち悪くなるまで食べても自分で抑えられず、かなり困っていました。
心療内科で相談したところ、漢方薬の抑肝散を勧められました。まだSSRIは怖いとの判断と思われます。産婦人科からもOK出ました。
今日から抑肝散の服用を始めます。過食…少しでも治まると良いと期待しています。
それと同時に、今はまだ薬を使わなきゃいけない時期なんだ…と思ってしまいました。
今月中には心理療法にも踏み切るつもりです。しんどい時は悪化するかもとも言われましたが、早くちゃんと治したいので…上の子と生まれてくる子供のためにも…。

私、ちょっと焦っているかもしれませんね。焦ってますか?自分ではちょっとわからないんですが(^_^;)

長文失礼しました。
[ 2011/02/09 15:59 ] [ 編集 ]
うりさんへ
いやいや親近感持って下さい。
抱えてることが話しやすくなったりしますよw

治験に関しては、どの分野もやっぱり欧米よりは遅れています。
日本は石橋を叩きすぎるのです。

それは過去の血液製剤の問題やら肝炎の問題やらで厚労省が慎重になっているんですね。

個人輸入もできますが、保証はないし、薬代も何百万って単位になります。

心理に関する病については優先度がそれほど高くないのも原因でしょう。直接、命に関わらないから。

でも現実として自殺が増えている訳ですから、もう少し柔軟に対応してもらいたい所ですよね。
[ 2011/02/09 09:20 ] [ 編集 ]
薬の開発
ご無沙汰しています。覚えていらっしゃるでしょうか、うつ妊婦のうりです。
管理人さんも薬の開発に携わっていらっしゃったのですか、私も職場は医薬品開発関係です(非臨床ですが)のでなんだか親近感です。(勝手にすみません)

日本で治験が進みにくいことは知っていましたが、うつでは更に進みにくいのですね…
人種の違いから欧米での治験結果をそのまま日本人に当てはめることはできないという考え方も理解しますが、新薬を待つ患者には1分1秒も早いほうがいいという気持ちもわかります。
癌などでは、欧米でのデータが十分蓄積されている場合には治験期間が短縮される方向になっているようですね。
治験が完全に無くなるのは怖いけど、お役所には臨機応変な対応をしてもらいたいと思いました。難しいでしょうけど…。


長々と失礼しました。
[ 2011/02/08 14:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。