あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年末のごあいさつ

今年もあと3時間半で終わりますね。

今年初めてうつ病を経験した人、良くなった人、悪化した人
それぞれいっぱいいると思います。

うつ病は「気の病」でありながら「気の病」ではない
というのが私の自論です。

「気合」や「根性」でどうにかなる病気ではありません。

「環境を変える」のが一番いいのだけど、殆どの人は変えられません。

「焦っても好転はしない」のも特徴の一つ

ただ、努力すれば変えられるものもあります。

それは、「今まで人のペースに合わせてきた」ことを「自分のペースに戻す」こと。

たったこれだけで随分変わることができます。

でも「努力」がいります。

人に合わせることで「協調」してきたことを変えるということは
自分の考え方そのものを変えていかなければなりません。

人に合わせるのは、もちろん大事なことですが、自分を犠牲にしてまで合わせることはないってことです。

これが私の考えるところの「鬱病患者の思考のポジティブ化」です。

明るいことを考えようとか、楽しいことを考えようとかじゃありません。

自分を犠牲にしていることを少しでも減らしてやる。

そうするとものの考え方や受け取り方が変わってきますよ。


それでは良いお年をお迎え下さいm(_ _)m
関連記事
[ 2010/12/31 20:50 ] うつ日記 | TB(0) | CM(2)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

そうですね
相手を見て、諦めてしまうことが多々
自分が我満しないと、もっとひどい状況になるなら、面倒だし嫌な気持ちにさせるより我満しちゃえ みたいな感じです 
ただ、消化されない気持ちや鬱憤も無ければ良いのに、それだけは残るから逆に辛くなります
嫌なのに頼られるとノーと言えない、優柔不断な性格なんだと初めて気づきました 
気づきを下さって有り難うございます 
[ 2011/01/12 00:48 ] [ 編集 ]
よいお年を
こんばんは。

今年も色々な情報を発信していただいてありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。
[ 2010/12/31 21:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。