あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

頭が痛いのです。目かな風邪かな

風邪でもひいたかな?

今朝は極寒で窓を開けると雪が積もっていました。
平野部での初雪です。

といっても、限りなく山に近いのですがw

今朝の目覚めは久しぶりの最悪でした。

薬のおかげで、いつもは起きてからすぐフルパワーで5時間くらい活動できます。
5時間を過ぎると急速にテンションが落ちてくる。
これが今の私の生活のリズムです。

なので、この5時間の間に仕事も含めできることを全部やって、あとは惰性で動いています。

治らないなりに9年間かけて作りだした生活のリズム

だから目覚めでつまずくと、あとはもーバラバラです(T_T)

この間処方された新薬「サインバルタ」は、どうやら身体にあっていたみたいです。
集中力が保てるのが一番ありがたかったです。

今、私の中で問題となっている症状は
夜更かしすると早く目覚める。逆に早く寝ると遅く目覚める。

例えば24時くらいに寝ると5時くらいに起きます。
22時に寝ると8時くらいに起きます。

訳が判りませんw
先生も頭をひねっています。

主治医が帰るのを待って1年
結局帰ってきそうにないので、来年は代診を受けている先生の病院に変わるつもりです。

心療内科ではなく精神病院なので抵抗はあったのですが、先生との相性が抜群にいいのです。
何より家から近い。車で10分くらいです。
こんな近くにこの病院があったことすら知りませんでした。

ちなみに今の病院は車で30分。遠いです。

なんで相性がいいかというと聞いてくれる、答えてくれる
そして何より今休養している主治医の弟子!

うつ薬のバランスから何から全て見直してもらうつもりです。
関連記事
[ 2010/12/26 10:53 ] うつ日記 | TB(0) | CM(3)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

まゆんさんへ
はじめまして。
私も何科であるかは関係ないと思うのですが、一番最初に受けたのが結構酷い精神科で待合室の「負のオーラ」に負けそうになったので、ちょっと抵抗があるくらいのものですw
[ 2010/12/31 20:29 ] [ 編集 ]
はじめまして
「心療内科」「精神科」は関係ないと思いますよw

わたしの現在通ってるところは「神経内科」だし。

でも、患者さんはほとんど「精神的疾患」だと思われるし、

個人病院なのでいつもいっぱいです。


どうしてそんなにいつも混んでるのかわかりますよね?w

とてもいい先生なんです。


そんな先生と出会えたなら、何科なんて関係ないです^^


わたしの「心不全」が発覚してからは、

わたしを突き放すこと無く、

別の病院の循環器科の先生と、連携してくれてます。


「うつ病」にとって、先生との相性は一番大事だと思います^^
[ 2010/12/31 02:36 ] [ 編集 ]
管理人様へ
お加減いかがでしょうか。
本当に寒い日でしたね。神戸の方では珍しくヒョウが降りました。

体調不良にもかかわらず、お返事いただきまして、ありがとうございました。

機会をみて主人に見てもらおうと思います。
管理人様の書いていらっしゃる通りでした。
実際に自分自身の経験しないものを受け入れにくいものですよね。
経験した事もない嘘のような症状(自分自身が嘘のようだと感じています)を聞かされた家族の混乱も理解できない訳でもありません。実際に私自身も混乱しているのですものね。
引きこもりに近く、三歳の遊び盛りの子どもには本当に申し訳ない思いでいっぱいですが、不思議な事に落ち込んでいる時は息子が「お母さん、もう大丈夫よ」と小さな体で抱きしめてくれます。地獄に天使です(涙
この子を置いても消えてしまいたいと思ってしまうところが又、情けなく更に消えてしまいたいと思うのですが…本当に矛盾してます。
浮き沈みの波の中で今日は比較的、落ち着いております。

暖かいお言葉と親身に適切なお答え下さり本当に感謝いたします。ありがとうございました。
管理人様の体調が回復します事お祈りいたします。
まだまだ寒さ厳しくなりますが、どうぞご自愛下さいませ。

度重なる長文で失礼いたしました。
ぜひ又、お邪魔させて下さいね。
[ 2010/12/27 06:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。