あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心の病って何?その1

前から色々調べたりして、このテーマについてブログに書いてきたのですけど
ここ最近、また「心の病って何だろう」って考えることが多くなりました。

理由は、頭が回転し始めたから。
「何も考えたくない」から、「考えることが楽しい」に変わってきたんです。

何があったわけでもなく、突然、頭が回転し始めたんです。
まぁ、しんどいことに変わりはないです(汗)

で、改めて「心の病」を考え始めたら、あれ?って思うことがあったので書いています。

心って目には見えないし、本人でも判らないことって多いですよね。
十人十色って言葉の通り、10人いれば10人、100人いれば100人とも心の有りようは違うわけです。

なのに、心の病になると薬が処方される。

なんで?って思うようになりました。

前から思ってはいたのですけど、今回のように深く思うことはなかったです。

知識としては、なんとなく知っていても、考えれば考えるほど不思議なんです。

そこで、出た一つの結論が「心の病」は、ある程度、定形化されているのではないかと。

それを、これから調べていこうかと思います。なのでタイトルは「その1」です。
関連記事
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

私も怖いです…自分が怖いです…

わかさん あなたは一人じゃないよ!

一緒に乗り越えようよ!
苦しかったら『苦しいよ!』叫べばいい…

悲しかったら思い切り泣けばい…

うつうつくんも 私も みんな あなたの苦しみや悲しみを受止めてる…

独りぼっちじゃないから!

お願い こっちを向いて!


うつうつサン いてもたってもいられなくて…この場を借りてしまいました。許して下さい。
[ 2010/11/19 07:41 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
お返事ありがとうございます。

あんまり調子にのって動き回らないほうが良いって事ですね…
マイペースでいる事が大事なんですね。

まだまだ不安定な状態もあるので慎重に毎日を過ごしたいと思います。


わかさんへ

わかさん負けちゃダメだよ
自分をしっかりもって
カメさんペースでね
[ 2010/11/18 15:04 ] [ 編集 ]
わかさん・・
ODをすればするほど薬は効かなくなってきますよ。

経済苦・精神苦、自分を追い詰める要素はたくさんあるのに、自分を救ってくれる要素は何もない。辛いですよね。

考え方の切り替えはとても難しいです。
でも、わかさんが生きてて、ここに書き込みをしてくれていることが私は嬉しいです。
[ 2010/11/18 11:37 ] [ 編集 ]
りんさんへ
本当、他人ごとではないですよね。
有名人だとすぐに情報が流れますが、その裏でひっそり死を選んでいる人もいると思うと、言葉になりません。

治りかけが危ないというのは、少し元気になって動けるようになって無理をしてしまうから。

あくまでマイペースでいきましょう。
[ 2010/11/18 11:33 ] [ 編集 ]
ODしました…


悲しい…


辛い…
[ 2010/11/18 11:22 ] [ 編集 ]
恐い…
俳優の松平健さんの奥様が自ら命を絶ちました…


パニック症、不眠症うつ状態…
人ごととは思えません。

有名人のこのような話を聞くたびに
いつか自分も同じようになってしまうのではないか…と最近恐さを感じます。


私の病状は幸い回復に向かっていると思います。
だからこそ余計に恐いのです。

うつ病は治りかけが危険だと聞きます。
独りよがりな話ですみません…
でも本当に最近恐いのです。

何かの拍子に張り詰めていたものがプツンと切れてしまったら…そう考えると恐くてたまらないのです。


息子の事で今とても悩んでいます。
進学も出来るのか心配です。

正直いまは心の中はいっぱいいっぱいです。
張り詰めた糸が切れやしないかとヒヤヒヤしています。

うつ病なんかに負けたくないと思う一方でくじけそうな自分もいます。

本当に最近の自分が恐いです。
[ 2010/11/17 14:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。