あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

足かけ9年

昨日で45歳になりました。
36歳でうつ病を発症し、9年が経ったことになります。

思い返せば誕生月に限って酷い目にあっていた気がします。

発狂寸前?発狂していたかも?
そういうところまでいって、会社を休職したのが5年前の11月

会社に行くのが怖くて怖くて、退職したのもその1年後の11月

11月は私にとっては鬼門かもしれませんね。

発症から4年間くらいは、本当に地獄のような日々でした。
思考は止まっているし、動く気もしない。
仕事も続けていたし、何が何やら判らないまま4年

その後、徐々に回復しながら今に至るわけですが
あと一歩のところで足踏みをしている。

会社を辞めて、あと一歩のところで足踏みしながら5年ですね。

もちろん収入は必要ですから、パートとかアルバイトをしながら5年

よく心が折れないなぁと自分でも思います。

徐々に回復していった要因の一つが多分パソコン
とにかく指を使いますから、脳が活性化してくれているような気がします。

ただ未だに集中力が持ちません。
元気な時は、それこそ半日以上、集中しっぱなしだったのに今は3時間が限界

ここまで耐えてこられたのは

「きっと治る」を信じていたからかな?

その思い込みも最近揺らいできてはいますが^^;

なにせ、元々視力が悪い所に、老眼のような症状も出ていて
年は取りたくないものだなーって思いますw

ちなみに昨日も階段でこけて、右足の小指をねんざ(泣)
運というものに見放されている感がひしひし湧きあがってきますw

楽にはなりたいけど、自分を痛めつける方法で楽になっても、ねぇ

だからODとかリスカとかやっちゃダメですよ。
自己嫌悪に陥るだけですから。

趣味がないなら趣味を作る。
他人は大根と思う。
自分を責めない。

この3つの意識改革がかなり大事ですよ。
関連記事
[ 2010/11/11 10:04 ] うつ日記 | TB(0) | CM(14)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

そうかぁo(^-^)o
趣味を持つ、他人は大根、自分を責めない。大切なんですねぇ(涙)私は趣味はないし他人を凄く気にしてます、そして自分を責めてます。少し光が見えたかな?頑張って生きているだけだけど自分を誉めたいな。お誕生日おめでとう(*^▽^)/ございます、かなりたってましてすみませんm(__)m
[ 2010/12/05 17:11 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
ご丁寧なアドバイスありがとうございます。

今回はゆっくり じっくり休養を取り 仕事の事は焦らず考えたいと思っています。

22歳からずーっと看護師をしてきたので 少し看護師を離れてみるのも良いかな…と。

こんな病気になってしまったのも全て元夫のせいだ…と恨む気持が消えませんが…心の病の辛さを理解出来た事は看護師としても1人間としても無駄では無かったと思える日が来ると信じて…。

まだまだ 不安や恐怖 焦りで心がグチャグチャで『消えてしまいたい』気持ちを振り払うダケで精一杯の状況です。
しかし 子供達がそんな気持ちのブレーキになっています。

とにかく 今はゆっくり眠りたいです…。
[ 2010/11/15 07:36 ] [ 編集 ]
ひまわりさんへ
初めまして。
お子さんいらっしゃるんですね。
仕事と休養の狭間で心の揺れも相当なものだと察します。

手当てがある内は、とりあえず休養が大事かと。
せっかく看護師の資格を持っていらっしゃるのですから、今のうちにそれを生かせる仕事を探してみるのも一手かと思います。

看護師=病院勤めじゃないとダメ
ではないと思うのですね。

医療現場のすさまじさは特番で見るだけでも激務だと思います。
「うつ」でその激務に耐えるのは難しいでしょう。

私の場合ですと収入のうちの一部はネット上で挙げてます。ほんのちょっとですけど。そんなのもあって「検索」に慣れているのですが、

例えば「看護師 オペレーター 仕事」で検索すると派遣業務とか訪問介護とかヒットするわけです。

でも「看護師 転職」「看護師 仕事」って検索すると病院勤務しか出てこないんですね。

なので、ちょっと視野を広げてみて資格を生かせて、かつ続けられそうな所って見つけられると思うのです。

手当てを貰えるうちに色々調べてみるのもいいかと思います。
[ 2010/11/14 21:09 ] [ 編集 ]
お誕生日おめでとうございました
初めまして
時々 読ませて頂き大変勉強させて頂いています。
私は3年前の離婚前から不眠 動悸 イライラ がありましたがまさか鬱病とは思わず…半年後 1週間全く眠れず 食べれず,そこで初めて朦朧とする思考の中で鬱病かも…と受診。
安の定 適応障害による鬱状態と診断されました。看護師という仕事がら激務 人不足で1週間しか休めず薬で誤魔化しながら働く事 半年…上司には『精神病にさせる仕事はないよ!と事務所に缶詰めにされ事務仕事を押しつけられ…『精神病は治ったか私はお前なんか懲戒回顧できるんだからな!』と意味不明の脅しの日々。明らかなパワハラです。
ますます病状は悪化…当たり前ですよね
逃げるように退職したものの 子供達を養わなければ!と2ヶ月後には再就職したものの…人に会いたくない 外に出たくない気持ちはきえず。
ある日 パニックを起こした同僚を質問責めにしスタッフ全員の前でその同僚を笑い者にした師長。それを期に再び動悸 不眠…。
壊れる前に,とっとと辞めました。

もう 看護師として働くのは無理かもしれません。
どうやって 生活をして行こうか…。
考えてしまいます。

完治は無理だろうな…と諦めています。

それにしても 医療人でもメンタルな病気に対する理解の無さ…恥かしい事です。


他人はダイコン…そうでも思わないと折れちゃいますよね

今回は 失業保険 傷病手当てを頂きながら しばらくはゆっくりするつもりです。


寒くなってきました。
カラダ 気を付けて下さい。

取り留めない長文…ごめんなさいm(_ _)m
[ 2010/11/14 12:53 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
ありがとうございます。


いつも優しいコメントとても嬉しいです。


頭痛 吐き気 倦怠感 不安体が震えます…


今 点滴してもらっています…


帰ったら頓服飲んで 寝ます…


辛いです…
[ 2010/11/13 12:01 ] [ 編集 ]
わかさんへ
寮とか学校は縦社会で閉塞している場所ですから、こういうことは日常的に起こってしまいます。

先生がフォローしてくれているだけでも、ましだと思います。

母親だからしっかりしないといけない。
それは判ります。
でも母親だって人間です。

気を張りすぎると持たないですよ。

お子さんは心配ですけど、わかさんも心配です。
[ 2010/11/13 11:10 ] [ 編集 ]
高校2年の次男が 先輩の暴力で 鬱病になってしまいました…


次男は 寮に入っています…今は 先生と一緒に生活しています…
来週まで様子をみて もしかしたら入院するかもしれません…


辛くて悲しくて どうしていいのか わかりません…

私も 今はすごく落ちていて心が折れそうです…


母親だから しっかりしないといけないのに…
自分が 情けなくて涙が出ます…


中学校から 苦労ばかりでした…
もう 疲れました…
[ 2010/11/13 09:47 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
優しく力強いお言葉、ありがとうございます。

またわからない事、疑問が出てきた時は相談させてください。

これからもよろしくお願いします。
[ 2010/11/12 22:47 ] [ 編集 ]
キキさんへ
>知識不足を痛感いたしました

いや、多分知らない方が当たり前だと思います。
私は、こういうサイトを書いているから知っていたというのが本音です。

さっき書いた「日本心身医学会」も普通に探してたら見つかりませんw

さらに言うと、私は知っていることしか答えられないです^^;
調べることは出来ますが、知らないことに明確な回答をつけることができません。

例えば、自分の病気に関連する鬱病のことは知ってても、双鬱病は知らないです。経験していないから。

自分の病気を知らないと立ち向かえない部分もありますけれど、「知らなかったこと」を深刻に受け止める必要はないです。

「心の病」を治すのに大事なのは、多分、相性だと思います。
人間って「馬が合わない人には、歩み寄ることもできません」
それは、患者と医者も同じです。

逆に言えば「無理矢理、歩み寄ろうとしたから壊れた」というのが正解じゃないでしょうか。

今、キキさんは、知らなかったことを知りました。
それでいいんです。

私が知っていることは、なんでも答えます。
知らないことは、代わりに調べます。

これは他の人にもいつも言っています。
カウンセラーではありませんが、判らないことは悶々と考え込まず、とりあえず聞いてくれていいですよ^^
[ 2010/11/12 22:29 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
うつうつ君
いろいろ教えて下さりありがとうございます。知識不足を痛感いたしました。

私の主治医は大学病院勤務の経験もあるようですが、知り合いはあまり良く思ってないようです。薬も約2年同じ処方です。今は仕事をしていますが気力低下に全てが嫌になり「消えたい病」です。そこであのような事を言われたのでパニックになってしまったのです。

初めてお邪魔して、いきなりの質問、失礼いたしました。これからも参考にさせていただきます。

今更ですが、病院選びは本当に難しいですね。
[ 2010/11/12 21:59 ] [ 編集 ]
黒執事さんへ
ご訪問ありがとうございます。参考になっていれば嬉しいです。
[ 2010/11/12 20:54 ] [ 編集 ]
キキさんへ
初めまして

>2年も通院してて言う事じゃない

え~と、その医者というのは臨床心理士とかの資格をちゃんと持っている医者でしょうか?

少なくとも「心の病」を持つ患者に対して出す言葉じゃないです。
患者を客としてしか見ていないヤブのセリフだと思いますよ。

ご存知かどうか判りませんが、現状、心療内科を開くにあたり必要な国家資格というのはありません。法整備は進められているようですが、私の知る限り、まだないです。

極論を言えば、医師免許を持っていれば心療内科は開業できます。
しかも、必ずしも心理職を置かなければならないという義務がありません。(精神科は別です)

そして今、一番儲かっている診察科目の一つが心療内科です。

薬の単価が高いので儲かるのです。
なので「薬だけ出しとけばいいや」って医者が数多くいます。

社団法人 日本心身医学会という組織があるのですが、ここで実務の経験がある医師に対して「認定医療心理士」という独自資格を発行しています。

で、この資格を持っている医者は、診察室の入り口とかにちゃんと表示しています。

「心の病」で病院に通う人が一番注意しなくてはならないのが、医者選びです。これを間違えると治るものも治りません。

「心療内科 口コミ」とかで検索すると山のように結果が出てきます。それこそ、おすすめの病院とか、おすすめできない病院とか。

ただ、認定医療心理士の資格を持っていても名医とは限りません。

少なくとも患者を追い込むようなセリフを発する医者はやめておいた方がいいです。
[ 2010/11/12 20:51 ] [ 編集 ]
ちょくちょく拝見してます
私もうつです。
いろいろ参考になります。ありがとうm(._.)m
[ 2010/11/12 18:46 ] [ 編集 ]
初めまして
キキと申します。いつも拝見させていただいていました。
私は約2年通院しています。一つ目の所から合わせると3年位かな…。
先日の診察で「どう?」と聞かれ「…で調子悪く…で辛いです」と答えると「2年も通院してて言う事じゃない」と流されました。
2年も通院するのは長すぎですか?思っている事の半分も聞けない状況なのに、「あなたはカウンセリングでも診察時でもしゃべり過ぎ」と言われ心外です。家に帰ってから涙がとまりませんでした。
先生が正しいのでしょうか?私が甘えているだけなのでしょうか?
うつうつ君の考えをお聞かせ願えませんか?
[ 2010/11/12 14:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。