あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

無間地獄と猛暑地獄

なんか、どえらいタイトルをつけてしまいましたが

レアケースですが、連日の猛暑で夏バテから軽うつになる場合があります。

猛暑や熱帯夜で疲労が溜まり、寝不足になって判断力が低下
大きな失敗をして自分を責め、思考がマイナスになったりするからです。

どうしても眠れないとき、病院へ行くのは嫌というとき、市販薬もあるので対応していきましょう。


さて一方、無間地獄
これは何を意味しているかというと、今の私の状態です。

治る寸前のいいところまではいくんです。
ところが、あと一歩のところで、ずるずるずると引き戻されます。

これがもう何年も何年も続いています。

先日某TV番組でうつ病の特集をやっていました。
そこであなたの悩みを名医に聞いてみませんかというものがあって
メールをして下さいというものでした。

メールしましたとも。
今日になっても無視され続けています。
なら最初から募集するなよ!って感じです。

今の状態を考えると「本当にうつ病だけなんだろうか?」と思ってしまいます。

昨日は薬が効きすぎたのか21時頃に猛烈な睡魔がきて6時に起床しました。
起きぬけで既にヘトヘトです。

しかも眠気が残っている。
眠気が来る時間はばらばらです。
起きる時間は、ほぼ一定

どうも薬が強すぎる気がします。でもないと眠れない。
まさに無間地獄

幸いにも明日が通院日です。ちょっと徹底的に薬を触ってもらおうかなと思ってます。
関連記事
[ 2010/08/16 07:09 ] うつ日記 | TB(0) | CM(9)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/22 09:37 ] [ 編集 ]
うりさんへ
うりさん、こんにちは

>やっぱり私はいないほうが家族にとっていいのか…という考えが頭から離れません。

はい。判ります。離れないと思いますよ。
でもね、考えてみて下さい、みんながみんな、そうではありませんが、うつ病の人の思考パターンというのは、一方向に固定されてしまいます。

最初に思いついた考えの方向に固定されてしまいがちなんです。

旦那さんもうつ経験者なんですよね。
ならば、もしもうりさんが消えることを選択した場合、旦那さんはどういう行動を取ると思いますか?

あくまで私の一意見ですが
○うつが酷くなる
○妻を追い詰めた会社に復讐する
○後を追う
○忘れる

どれを取ると思いますか?
忘れる以外の選択肢をした場合、どれをとっても不幸ですよね。
旦那さんにも、お子さんにとっても

人のことを考えている余裕はないかもしれません。
でも最悪の行動を取る前に一歩踏みとどまって考えましょう。

私はこのブログを作った時点で経験をシェアしよう、答えられることには答えようと決めていました。なので尊敬されるほどのものではないです^^;

答えることで私自身も助かっていますから
[ 2010/08/21 10:55 ] [ 編集 ]
通りすがりさんへ
ありがとうございます

大変分かりやすく
少し不安がとれました。


そうですね…
息子のほうは定時制も視野にいれています。彼がなるべく通いやすい方法を選びたいと思います。


娘のほうは奨学金
あるいは大学によっては授業料免除出来る学校を見つけましたので本人とも話し合いながら良い方法を考えていきたいと思います。


ご丁寧にありがとうございました。

[ 2010/08/20 00:43 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2010/08/19 18:45 ] [ 編集 ]
子どもさんの受験
同じような立場を経験したモノです。
今、世の中不景気なので、奨学金の申請は確実な機関に、早く手続きをした方がよいですよ。(申請者がここ数年かなり多いので)
生活保護を受けていようが、しっかりした娘さんの将来ためですから、逆に何としてもできるかぎりの、最大金額の奨学金や育英金をもぎ取る!くらいの図太さでやってみて下さい。

息子さんは、定時制や単位制の高校も視野に入れて、考えてみたらどうですか?
不登校の場合、親も子も「高校から心機一転して…」みたいに考えて無理をしたり、頑張ろうとするよりも、「急がば回れ」ぐらいに考えて、できるだけ息子さんの負担が軽くすむ高校を、選ばれた方がよいかもしれませんね。(電車通学等も結構シンドイですから、できるかぎり近場通学で)

考えてばかりだと、それだけで頭もココロも疲労して、マイナス思考になり動けなくなるので、ともかく電話でいいので、学校や行政機関に連絡をとって、話を進めるのが一番だと思います。

乱文すいません。余計なお世話でしたらスルーして下さいね。(でも応援はさせて下さい。ガンバです!)
[ 2010/08/19 18:14 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
丁寧なお返事ありがとうございます

奨学金はもちろん受けるつもりでおります

行政というと市役所の生活保護の担当者に相談すれば良いのでしょうか?

なにぶん初めてな事だらけで少しパニック気味です

同時に息子も高校受験があります
しかし息子は二年生の途中から不登校で精神科の思春期外来を受けています

そんな息子の事も
気掛かりで鬱々状態が続いてます


娘の大学
息子の不登校
悩みのたねは尽きません。


[ 2010/08/18 18:31 ] [ 編集 ]
管理人さま
先日、コメントいただいた、うりです。
アドバイスありがとうございました。

復職について…
2回目の診察は今週末ですが、この前の診察で、私は性格的に(多分思考パターン的に)うつになりやすいタイプで、このまま職場に戻っても同じことの繰り返しと言われました。なので今は休もうと思いました。幸い実母とも義母とも別居しておりますので。

心配なのは夫のこと…夫もうつ経験者なので病状に理解はあり協力的ですが、悲しいことに職場も同じで忙しさは私の倍以上です。私が早く治って動けるようにならないと夫のうつが再発したらどうしようと…

やっぱり私はいないほうが家族にとっていいのか…という考えが頭から離れません。

管理人さんは長い間、こんな辛い終わりの見えない感情と戦って(あるいは付き合って)こられたのですね。他の方にアドバイスしたり励ましたりされている。尊敬します。
[ 2010/08/18 15:21 ] [ 編集 ]
りんさんへ
いよいよ大学進学ですか

>幸い娘は成績は良いほうです。

それならば奨学金を申請し、できれば自宅から通えるところで学びたいことが学べる大学を選ぶといいのではないかと思います。

できれば国立
教職はきちんと単位を取っていけば資格は取れます。

あとは行政との相談ですね。
どういう制度があるのかきちんと話を聞くのも必要です。
[ 2010/08/18 09:48 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
こんにちは

連日の暑さ
ホントにまいってしまいます

昨日は娘の三者懇談でいよいよ具体的に大学進学に向けて
担任と娘と話し合ってきました。


うちは母子家庭のうえ私が鬱病で働けないため生活保護を受けています


こんな我が家でも
娘を大学に行かせられるのでしょうか?

幸い娘は成績は良いほうです。能力があるからこそ大学に行かせてあげたいのです。

将来は教師になりたいと言っています。

生活保護を受けてる家庭でも大学へ行かせる事が出来るのでしょうか?
とても心配です。
[ 2010/08/18 09:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。