あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思考の方向性の変更

なんかよく判らないタイトルをつけましたが

要は考え方や行動の方向を変えよう!ってことです。

もっと簡単に言うと後ろ向きを前向きに変える思考


この思考に変えてから、どん底までいくということが
ほとんどなくなりました。


では、実際にどう考えるか?


うつ病になってしまうと動いていようが
休んでいようが、しんどいものはしんどいし
辛いものは辛いままですよね。

だったら、ちょっとずつ休憩を入れながらでも
動いていた方が まし ですよね?


身体を休めていると脳だけが働いて
余計なことをあれこれ考えてしまいますね。

でも動いているとどうですか?

家事であれ、仕事であれ、散歩であれ、買い物であれ
動いていたら余計なことや嫌なことを
あまり考えなくなりますよね。

だったら、ちょっとずつ休憩を入れながらでも
動いていた方が まし ですよね?


2回書きました

動いていた方が まし


つまりこういうことです。

うつ病を治すには休養や休息が必要です。
でもそれは、寝たきりとかひきこもりになるのではなく
ちょっとずつでも動いていること。

動くというのは何も身体を動かすことだけではなく
本を読んだり、ネットサーフィンをしてもいいんです。

余計なこと嫌なことを考える暇を
脳に与えないことが大事です。


最初のうちは難しいです。
休むことに慣れてしまった身体を動かすのは大変です。

とりあえず

「やってもやらなくてもしんどいなら動く」

という考え方を持つようにしていって下さい。


PS
新しいブログ、枠だけ作りましたw
私が普段やっていることや
日常を書いていこうと思っています。

結構大変だというのが判りましたので
ここの記事をまとめるのは、また別の機会にm(_ _)m



1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

関連記事
[ 2010/01/22 21:35 ] (9)考え方(心理) | TB(0) | CM(3)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

ころさんへ
はじめまして。失礼なことはないですよ^^

文章から見ても、あぁPTSDと予期不安で苦しんでいるなぁというのが判ります。

>「大丈夫、頑張りな。」
という言葉は気持ちとしては嬉しいけど、ちょっとイラッとしたりもしますよね。「頑張ってるのに」って想いがあるから。

予期不安は、判らない未来を予測して不安を増大させるものです。でもね、未来は誰にも予測できないんですよ。

だったら、今とりあえずやれることをやった方がましかなという意味合いで今回の記事を書きました。

[ 2010/01/29 10:18 ] [ 編集 ]
初めまして
初めてブログにおじゃましました。ネットサーフィンも初心者でもし失礼があったらすみません。


ブログを読ませていただいて、

動いていた方がまし

この言葉に背中を押されました。


公務員の私は2年前にうつ病と診断されました。

薬を飲みながら働いていましたが、過去の自分のミスが走馬灯のように思い出され、同僚より能力が劣っているのではないかと考え…職場に行くのが辛く、泣いて泣いて、とうとう出勤できなくなり休職しました。


公務員ということで休職できたのはありがたいことでした。


2ヶ月後に復帰したものの、1カ月勤務したのちまた休職…。


その後病院を変えて、薬(SSRI)を飲みながら、カウンセリングの認知療法をしました。その結果、中学時代のいじめによるPTSDと認知の歪みも大きな原因と分かり治療しました。


7ヶ月休職したのち復帰。でも、すぐ疲れて眠くなってしまったり、少しのことを気にし過ぎて自己否定したり、同僚に冷たくされたことでひどく落ち込んだり、仕事の計画を立てられずパニックになり泣いてしまったり、自殺願望も…


上司の理解もあり、休み休み5ヶ月なんとか働いたのですが、また職場に行けなくなり、今は休職して6ヶ月目になります。


3月からまた復帰しようかと思っているのですが、次は休職できず辞職しかないということ(当たり前ですよね。私は甘えてますね。)や、また働くことができるか不安で、職場に行くのが怖くてしかたなかったのです。


毎日ひきこもり、何もしたくない、誰とも会いたくない、私には何もできない、このままずっと家にとじこもっていたいと思いながら過ごしていました。


でも、このサイトを見て、少しずつでも自分のできる範囲で動いていった方が改善に向かうのだなと思えるようになりました。


家族や友達からも、「大丈夫、頑張りな。」と言われて嬉しい反面、自分はまだ無理だと思っていたので、少しずつ自分が変われたらなと思います。


長々と書いてしまってすみません(>_<)溢れる思いを止められませんでした。


またおじゃまさせて下さい。
[ 2010/01/28 20:05 ] [ 編集 ]
本当に
本当にそうですよね。
休んでいても頭ばっかり動いて考えてばっかりで暗い方向へいっちゃうんですf^_^;

読んですごく納得しました。
ありがとうございます。
[ 2010/01/23 14:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。