あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あけましておめでとうございます

って、もう7日やんw

みなさんにとって、いい1年になりますように。


さて、1個前の記事で

「病気を知ることが大事」と書きましたが

何故、知ることが大事なのか?

答えは、自分の立ち位置の確認と
人に説明するためです。

後者の方がかなり重要です。


相手に説明するときに

「うつ病になりました」
「うつ病と診断されました」

と言っても、ほぼ、よく判ってくれていません。


何故かというと「うつ病」という言葉自体に
病気ではないという印象と
ちょっと変になった人という印象が同居しているからです。


心の病気=気合が足りない人

みたいな印象も根強くはびこっています。


だから、「うつ病です」と言っても
「それで?」と返されるわけです。


でも、例えば

「自律神経失調症と診断されました」と言えば
「うつ病です」と言うよりもはるかに
相手に病気であることが伝わりやすいです。


病名が判らなくても
「最近どうも集中が続かなくて吐き気がしたり
周りの全てが怖くなったりするんだ」
と伝えるだけでも
相手は「何かあったのかな?」と考えるようになります。


相手に対して自分の病気について考える余地を与えること。
これが大事なんですね。


今、メディアやネットで「うつ病」という言葉が
幅広く知られるようになった反面、言葉の解釈は
人それぞれ違います。

偏見を持つ人、理解してくれる人、無関心の人
それぞれが、自分の価値観の中で解釈しているのが普通です。


だからこそ、きちんと伝えるためにも
まず自分が知ることが大事になってきます。


PS
新年早々、バイト先が倒産いたしまして
まぁ予兆はあったのですが、こんなに早いとは。。
そんなわけで今ハロワに通っています(汗)
担当者曰く、贅沢言わなきゃ仕事はあるよって感じです。
ちなみにうつ病であることは明かしています。
正確には、神経性抑うつ症と伝えています。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

関連記事
[ 2010/01/07 22:26 ] (9)考え方(心理) | TB(0) | CM(16)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

はじめまして
はじめまして。ブログにお邪魔させていただきました♪
勉強になります!!!
私は、うつ病と診断されたばかりです。
さきほど、リンクを張らせていただきました。
もしよろしかったら、相互リンクしていただけませんか?
よろしくお願いいたします。
[ 2010/01/16 23:52 ] [ 編集 ]
優希くんへ
あらら雪ですか。愛媛は寒いけど雪は山間部にしか降ってませんね。

禁煙。。そんなことを挑戦したときもあったかな~(遠い目)w
無理でした。イライラが暴発しかけて挫折;;
できるだけ我慢はしてるけど、なかなか難しいです。

甘いものは危険ですよw
口当たりがよくて、食べやすいから、大うつのときはチョコばかり食べてて一気に体重+10kgになりまして

カカオ中毒です!って言われた頃もありましたから。
今やっと8kg減量できたところです。半年かかりましたw
[ 2010/01/16 21:12 ] [ 編集 ]
雪がすごいですね。
福井県は一晩で長靴より上まで積もりました(>_<)

今日はカテゴリ「鬱病」を読み直してたんですが、「タバコと鬱」を読んで禁煙のことが書いてありました。
禁煙ってものすごく難しいらしいですね。

友人も健康のためにと、今年から禁煙してます。
まだ頑張ってるようですが、やっぱり口が寂しいとか言ってます(^^;)

僕もストレスを感じると、ついつい甘い物を食べるクセがあるので気をつけてます('')
[ 2010/01/15 19:27 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
サイト紹介 ありがとうございます。
確かに 栄養と関係があるかもしれませんね。
これから 参考にさせて頂きます。
うつうつ君 よく私の症状(躁鬱 適応障害)覚えてましたね! 凄いです。
ありがとうございました。
[ 2010/01/12 12:35 ] [ 編集 ]
なみださんへ
確かに根本である上司を除く方法を、
会社を辞めるという選択で排除しました。

原因は排除したことになります。
でも回復し始めたのは、そこから3年くらいかかっています。

実は回復に一番力を貸してくれたのがブログです。

始めのうちは現況とか吐き出したいことを
好き勝手書いて、その内、うつ病という
病気そのものを考えるようになって

調べて仮説を立てたり持論を展開したり
コメントを読んで共感したり反発したり
意見を言い合ったり

そういうことを繰り返していくうちに
物事を考える環境が変わっていったんだと
思えるようになりました。

自分の性格とか気質というものは
何にも変わっていません。
再就職しても嫌いなものは嫌いなままです。
(まあ倒産しましたが)

なみださんは確か躁鬱と適応障害だったかな?
うろ覚えなので違っていたらごめんなさい。

今もなお病気と闘おうとしていることは
コメントからも感じられます。
根本から離れられない人はどうすればいいのか?

すみません。
根本を外した私にとって、
その答えを導き出すことが出来ませんでした。

でも、ほんの少しでも参考になればと思い
お医者さんが書いてるブログを見つけました。
http://orthomolecule.jugem.jp/

ここのカテゴリ一覧にうつ病とかの記事もあります。
素人の私が思いもつかなかったことが書かれています。

もちろん携帯からも読めます。確認ずみです。
(使った端末はauですが、多分どのキャリアでも見れると思います)

携帯からだと記事一覧の下の方にカテゴリの一覧があります。

このブログが、なみださんの病気に参考になるかは判りません。
でも一度読んでみて下さい。
[ 2010/01/11 20:34 ] [ 編集 ]
根本
うつうつ君 皆さんは 鬱となった根本から 離れた事で 安定してきたでしょ? (仕事を辞めたりとか…)

私は 鬱となった原因の 根本から 離れる事が出来ないので なかなか 鬱が治らないんです。
結局 躁鬱の繰り返しです。どうしたら 良いと思いますか?

うつうつ君は 会社の上司が原因だったでしょ? でも辞めた事で 根本は取り除けた訳ですよね。
後は 自分自身と 薬を通して 回復していくだけ?!
私も、鬱の根本は変わらない! 自分自身が 変わらないと!と 何度試みても 躁の時は交わせますが どうしても 心に蓄積され 落ちてしまう。
繰り返しです。
疲れました…
[ 2010/01/11 17:37 ] [ 編集 ]
優希くんへ
調べることは知るために必要なことだけど、漠然と読んでいても頭には入らないし、入らないから、どういう行動を起こしていいか判らないこともあるからね。

気になったとこはメモして考えてみるのも大事ですよ。
ちなみに、このブログの記事用のメモは既にノート2冊目だったりしますw
[ 2010/01/10 20:07 ] [ 編集 ]
マミーさんへ
あけましておめでとうございます。
そうです一見悪いことのようですが、いきなり出勤して閉まっていたわけでもなく、事前に予想はついていたので許容の範囲です。

ドカ~ンといいこと。。ちょっといいことくらいは欲しいな~w

持論は大事ですよ。
このブログにしたって半分くらいは持論のはず・・ですw
[ 2010/01/10 19:56 ] [ 編集 ]
年齢もそうですが、性別も関係ないですよね(>_<)

確かに女性の方が統計的には多いようですが、男だってなるんだよと言いたい…(^^;)

最近はうつ病について色々な文献を調べてます。
うつうつ君さんの記事もよく閲覧してますが、自分が共感出来ることがとても多いです(>_<)
[ 2010/01/10 13:21 ] [ 編集 ]
新年おめでとうございます
>うつうつ君
年明け早々にそのような
(一見的には)
悪いことがあったのですから
今度は逆に
《良いこと》がドカ~ン♪と
きますょ‥きっと

──〇
病気のことを
解って貰うのは‥
確かに難しいですね

多分医者もカウンセラーも
自分がならないかぎり
本当のところは解らないし
なった自分すら
なぜこの病になったか
その本当の深い原因や
病を克服するうえで
一番共感でき納得できる
術や方法を見つけたのも
そして
試行錯誤をしながら
やっと体感し会得できたのも
つい最近なんですから
(苦笑)

全く"波乗り"のようですね
《乗り切るか》…
《のみ込まれるか》…
時にビック・ウェイブがきて
さらわれ翻弄され
ズタボロの瀕死状態になり
なのに…
解って欲しい相手からは
優しい言葉や行為どころか
優希くんも書かれているように
悲しくて切ない
時に残酷な言葉や行為しか
返ってこなくて....
余計悪化したりして

わたしも
そんな人たちの言葉や行為に
《囚われ》
《縛られ》
《振り回され》
随分と苦しみ泣きもしましたし
散々怒り恨みもしました
(苦笑)

やっと…かな?
そんなマイナスなものに対し
良い意味
《鈍感》で気にしなくなり
《曖昧》でいい加減になり
無駄なエネルギーを使わず
負の連鎖を広げなくなったのは
(苦笑)

だから今は嘘のように
安心で楽ちんで…
のびのびとありのままに
自分に自信をもち
我が儘に図太く生きてます
(笑)

嫌なできごとや
嫌な言葉・嫌な人なんて
なくなることはありません
たから【馬耳東風】に
【笑顔】で受け流してます
…てか
やっと深く気付いたのかな?
【嫌な縁】に振り回されたら
【損】なんだって
(苦笑)

分かっちゃいるけど
永年の習慣とトラウマで
これまでなかなか
抜け出せませんでしたから…

――〇
ここからは"持論"ですが
この病の長引く理由は
本当の意味で
病をとりまく社会の人たちも
自分を…人を
《ありのままに肯定でき》
《ありのままに愛せる》
そんな心身が健全な人が
少なくなったからだと思います

…おっとと
持論を言い出すと
グダグダと長くなりそうなので
このへんで…お・わ・り
(笑)


――〇

   _/\_
 _/\ | /\_
/\.・・・,|,・・・./\
\☆迎春2010☆/
《\≒ ∩∞∩ ≒/》
・》 \(*・ー・*)/ 《
《・+ γ~ ̄'ヽ  》.゜
  γ____'ヽ
 《|◇\▽/◇|》
  |◆ ● ◆|
  |◇/ ̄\◇|
 ̄  ̄

うつうつ君も
みなさまも
良い一年でありますことを信じ
願っております

[ 2010/01/10 12:53 ] [ 編集 ]
優希くんへ
そうですね。年齢は関係ないです。
徐々に蝕まれて気づいたらなっていたというのが一般ではないかと思います。

「良い歳して。。」は必ず言われることですから、あんまり気にしないほうがいいですよ。
[ 2010/01/09 22:08 ] [ 編集 ]
ゆめさんへ
あけましておめでとうございます。

はっきり言ってくれない先生は多いです。
患者にショックを与えないようにしているのか、はたまた説明が面倒くさいだけなのかは判りませんがw

仕事は、まあ年末に社長が危ないって言っていたので、やっぱり潰れたかって感じで、ほぼ精神的なダメージは受けずにすみました。地道に次を探します。
[ 2010/01/09 22:02 ] [ 編集 ]
ありがとうございます、少し気が楽になりました。

母親はよく「良い歳して…」と言いますが、うつ病に年齢なんて関係ないですよね。
むしろ、高齢になるほどうつ病の症状がある人って多いですし。

今まで3箇所介護の現場を見てきましたが、驚くほど「うつ状態」「うつ病」と診断されていた方が多かったです。

狭い部屋に4人がぎゅうぎゅう詰め、自由に何もできない、決められた入浴、食事、オムツ交換……
ストレスが溜まりまくりなのが現状ですね。

そんな人たちを見ると、すごく共感してしまいます。
[ 2010/01/09 20:17 ] [ 編集 ]
No title
遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

自分の病気を知ること、大事ですね。
私もずいぶんネットで検索しました。
先生は何故かあまりはっきり言ってくれないので。

それにしても、新年早々倒産ですか。
大変ですね。
良いお仕事が見つかりますように。
今年一年が良い年になりますように。
[ 2010/01/09 11:43 ] [ 編集 ]
優希くんへ
それは辛いね。
仮面うつ病という病気そのものをお母さんは勘違いしているんだね。医者もちゃんと説明すればいいのに。。

ちなみに仮面うつ病というのは、動悸や吐き気、集中力低下などの身体症状があるにもかかわらず、内科などで検診しても全く異常が見当たらない状態で、憂鬱な状態を身体の異常に置き換えて無意識に隠している状態のことなんだけどね。

詳しくはこちらに書いてますね。
http://charm.at.webry.info/200506/article_23.html

仮面って言葉がフリだと思わせているんだろうな。
[ 2010/01/09 10:15 ] [ 編集 ]
なるほど。
確かに相手に上手く伝えるには、まず自分がきちんと自分の症状を把握しておかないといけないわけですね。


すみません、少し愚痴吐きます。
昨日、母親に「仮面うつ病」と言われました。
仮面うつ病は実際にある病気ですが、
母親が言う仮面うつ病は、うつ病でないのにうつ病のフリをしている方のようです。

おととしの6月に病院を転院したのですが、その際に医師に「息子は仮面うつ病ではないか」と言ったそうです。

それを聞いて、涙が止まりませんでした。
一番理解してほしい母親が、一番自分の病気を疑っていたなんて。

もしうつ病のフリをしていたなら、医師が見抜くはず…と言ったのですが、
「医師の前ではどうとでもなる。私はとっくに見抜いたいた」
と言われました。

母親は仕事で疲れてるから、とっさにそんなことを言ってしまったんだ……と自分に言い聞かせてますが、やはりショックなものはショックです。

自分はうつ病であることは間違いない事実ですが、
母親から見れば、自分は仕事にも行かず、寝て食べて過ごしているだけの存在なようです。


医師には自分の症状をきちんと伝えてます。
演技なんかしてません。
でも母親は明らかに疑ってる様子です。

他人ならまだしも、母親には理解してもらわないと自分が辛いです。

まだ少し混乱してます。
乱文すみません。
[ 2010/01/09 09:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。