FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

治りかけていたのに、また戻る

今回の記事はカギコメント(管理人のみ)の
書き込みについて、判る範囲でお答えします。

仮にHさんとしておきます。

3年ほど前からうつ病を患ってきたHさんが
だんだんと調子がよくなってバイトもでき
楽しめるようになってきた矢先に
再び辛い想いをする日々が始まってしまった
というものです。


うつ病が治りかけて、気持ちが落ち着いてくると
今まで出来なかったことが色々やれるようになって
無意識に少し無理をするようになってきます。

自分の中では治ったかな?と思って
治療や薬を「勝手に」やめてしまう人もいます。


【Hさんが治療を続けながら落ちたのか
治療をやめていたのかは判りませんので
一般的なお話として書いていきます。】


話を戻しますが、
うつ病が治りかけ、
動けるようになったのが嬉しくて
無意識に無理をするようになることが多いのですが

実はここに落とし穴があると私は思います。


うつ病で治療中の時というのは
自分の想像以上に「体力が低下している」のです。

うつ病のときは
身体は動かしたいのに、頭が拒否する。

逆に治りかけのときは
頭は動きたがっているのに、身体がついてこない。


この頭と身体のアンバランスさが
何かのきっかけで「落ちる」という状況を
生むことがあります。

例えば、ショックを受けるような出来事が起きた。
人間関係でトラブルが起きた。

こういうショックやトラブルは
実は何て事のない日常に起こり得るものなのですが
うつ病になった、もしくは、なったことがある人には
「悪い記憶」として頭の中に鮮明に残ってしまう
場合が多々あります。


その「悪い記憶」を元に「自分を責めてしまう」
行為が発生してしまいます。

その結果、落ちてしまうということです。


数行前を思い出して下さい。

ショックやトラブルは
実は何て事のない日常に起こり得るもの


それは、人間が理性を持ち、価値観を持ち、
そして未来を考えることが出来る生き物だからです。

価値観が似ている人はいても
自分と全く同じ価値観の人はいない。

自分と全く同じ価値観を持っているのは、自分だけです。

だから人間同士でトラブルが起きてしまう。
当たり前のことなのです。


そして未来を考えることが出来る生き物だから
そこに「不安」というものを生み出してしまう。

トラブルを起こした人と、
また明日、顔をあわさなきゃいけない
どうしよう・・・
というような、ごく近い未来への不安です。


ところが、こういったトラブルによる不安は
絶対に修復不可能か?というと
そうでないものの方が多いです。

極端な話「昨日はごめんなさい」ですむかもしれません。


もちろん修復不可能なトラブルもありはしますが、
そういうのは「諦める」「無視する」「戦う」など
色んな選択肢が取れます。


だから「必要以上に気にしない」ということが
大切になります。

言い方を変えれば「過剰に反応しない」ことです。

私事ですが、この思考回路に徐々に変えていったことで
今、安定して回復に向かっています。
「気にしない、気にしない」を口癖にしながらです。

それでも医者が「いい」というまで治療は続けます。


人は、過去、現在、未来を考えることができます。
そして反省することもできます。
必要なのは「悪い記憶、悪い考え」をどういう風に
解決するかをきちんと考えて模索することだと思います。

最初は「気にしない」からでいいんです。
人間なんだから、心が折れたり、落ちたりすることもあるんです。

「自分を責めすぎない」ことを頭の片隅にでもいいから置いておいて下さい。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
関連記事
[ 2009/11/17 18:15 ] (9)考え方(心理) | TB(0) | CM(16)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

れむさんへ
あららインフルエンザですか。それは大変ですね。
昔、一度だけかかったことがありますけど、あれは苦しいです。
ほんとふーふー言いますね。

早くよくなりますように。
[ 2009/12/04 09:16 ] [ 編集 ]
あらあら
れむさん、わざわざ私までありがとうございます。二人子持ちの「鬱教師」でございます。
浮き沈みが激しい昨今ですのでどれだけ登場できるかわかりませんが、よろしくお願いします。
[ 2009/12/03 21:33 ] [ 編集 ]
こんばんは p(^^)q
あらら、
みんな集合してるp(^^)q
お久しぶりです、優希くん、マミーさん。

はじめまして、ぱおさん。p(^^)q

みんなのコメントを
読んでたら、
やっぱりここが、原点だなぁと、
思いました。

うちの先生は
“ウツになる人は、
真面目で、正直で、
いい人だよ“

…って、言ってくれました。


始めは、もちろん
全面否定。
でも、10年たった今では、
“なぁんだ。私って、いい人じゃん“

と、思えるようになりました。p(^^)q


だから、
管理人さんも、
ここに来た人も、
みんな真面目で、
いい人なんだな。
p(^^)q

今、インフルエンザで
フーフー言ってる
旦那を、
病院に付き添い、
薬をもらい、
買い物して、
ご飯を作る私って、

めっさ
“いい人じゃん“

あ…
運転は旦那で、
おかずは、お惣菜。
お金も、旦那が稼いでくれたことは、

ここだけのヒミツです。
p(^^)q
[ 2009/12/02 23:35 ] [ 編集 ]
マミーさんへ
書きたいこと書かれちゃったなぁ(笑)

似たようなことを記事にしようとして、昨日、頭がパンクしてコメント見てほっとした次第ですw

書き込みしてくれて、ありがとうございます。

自分を他人の目で見る
見ちゃいますよね、どうしても

客観的に自分を見すぎて訳が判らなくなったりしたこともしばしばありました。

「ありのまま」
いい言葉だと思います。
[ 2009/12/02 18:37 ] [ 編集 ]
ありゃりゃ
何か…
れむさんと
被っていて
大笑いです♪


さてさて…
私も何となく
幼い頃からの
周囲に対する違和感や
思春期から持ち続けた
コンプレックスや嫌悪感など
自分の中にあった
いろいろな負の感情を
この病になったことで
次から次へと
知りたくもないのに
明らかにされ…
でっ…
明確にはなったものの
はてさてどぅしたら
解決できるのかと
そこから
訳の解らぬ試行錯誤の
『自分探し』の旅が
始まりました

そして
やっとこさ気付けば
『自分探し』などしなくとも
ここにちゃんと
ワタシという自分が
いるじゃないの!
…なぁんてことが解り
(完璧なる)自分探し
=(不完全なる)自分の原因探しの旅を
やっと終え?
やっと止め?…ました
(苦笑)


自分を
他人の目で冷たく見ては
トコトンまで否定し
心を縛り苦しめていたのは
他ならぬ「私」自身でした

だから今は
他人はどぅあれ
自分は自分の最大の味方で
自分が一番大好きで
欠点も課題も
てんこ盛りだけど
そのままで百点満点を
花丸五重◎を
つけてあげてます
(笑)
変わりたい
変わらなくちゃ
今の自分は20点
いやマイナス50点
もっともっと
良い人間にならなくちゃ
…そんな自転車操業をやめ
変わらない
『ありのまま』の自分で
いいんだょ
自分は自分なんだから
他のものになんか
変える必要はないんだょ
…そぅ気付き
今しみじみと私の人生
『私』が主人公で
味わっております


久し振りにこちらに伺い
図々しく
相も変わらぬ長文で
大変失礼いたしました
(笑)

[ 2009/12/02 17:21 ] [ 編集 ]
ぱおさんへ
はじめまして。
そしてご訪問ありがとうございます。

『自己コントロール』
これが出来るようになれば回復にもはずみがつくのですが中々難しいですね。

最近になって、やっとマスコミが、うつ病について時々報道するようになりましたが、社会的にはまだまだ、認知度が低い病気です。

特に雇用者側としては、「訳判らない病気で休んでほしくない」
「休むくらいなら。。」と考えてしまうわけです。
上司がうつ病を経験しているかしていないかでも待遇は大きく変わります。

だから「絶望しないで、戦う姿勢」というのは、とてもいいことだと思います。

大事なのは 「気持ちを ぱんぱん にしてしまわないこと」
膨らみすぎた風船と同じで、余裕がないとはじけてしまいます。
その余裕=休養だと思います。

あと文章ですけど、これは慣れですw
最初の頃は、自分で見ても酷いものでした。
今は、できるだけ読みやすく判りやすくを心がけています。
頭を使うという意味では、ブログは相当プラスに働いていますよ。
[ 2009/11/28 22:41 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
先月来こちらへおじゃまさせていただいております。
私も鬱休職を二回乗り越えて復帰してたんですが「後ろ(雇用者側)から撃たれる」形で大きく病状が悪化し、再休職を余儀なくされそうになっていまして…

自分自身「ありのままの自分を受けとめる」ことはできるようになり「嘆いてしまう自分を嘆く」ことはなくなったんですが、
全く想定外の不条理かつ違法な取り扱いを受け、そしてそれを隠蔽しようとする動きに巻き込まれ勤務しながらのコントロールができなくなりつつあり…

そんな中あなたの文章は見事に整理され、私の治療経過とも重なることも多く、大きな安心感をいただきました。
私も常々考えてはいるもののなかなか文章にすることは(集中力の問題で)難しく…実際こうしてコメントをつけさせていただくにも時間を要してしまう状態で。

幸いこれまでの療養で「絶望」はしなくなっておりますので、前向きに休職し、そして「戦い続ける」心持ちでおります。
これからもしばしばおじゃまいたしますが、よろしくお願いします。
長文失礼しました。
[ 2009/11/28 21:23 ] [ 編集 ]
優希くんへ
まー自分も治りかけて、危ないなと気づいたわけだし、中々思い通りにはいかないのが人生かなw

ただ、介護の仕事だったかな?
その仕事経験は、今からの世の中では、かなりの強みになると思う。一から始めるのに比べればね。

その気になればネットショップとかの勉強も出来る時間が作れるわけだし。。(あ、でも変な教材みたいなの買ったらダメだよ。本屋にある本で十分勉強できるから。)

とりあえず何かしらプラスになるような思考に持っていこう!
今すぐは無理でもね。
[ 2009/11/28 18:25 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
いつもありがとうございます。
参考になりました。

うつ病で障害者年金をもらうのは相当大変なようですね…。

僕も色々と補助制度について調べましたが、やはり医療支援費や障害者年金しか見つからなかったです。

「空から地面に叩き落とされた」
そんな気分です。

治りかけているから、体調も良くて色々と仕事ができる自分が嬉しかった。
毎日残業して疲れることに喜びすら感じていたぐらいなんですが、少し頑張り過ぎてしまったようです。


一番怖いのは、落ちてる時期ではなく、治りかけている時期だと痛感しました。
[ 2009/11/28 18:03 ] [ 編集 ]
優希くんへ
仕事が続けられないくらいの再発だったのかな?
悔しいね。

さて、他の保障制度というと、残されているのは障害者年金くらいなものなのだけど、うつ病でこれを貰うのは相当難しいです。生活保護も果たして通るかどうか。。。

参考になりそうなのは、ここかな?(今、見つけました)

http://www.ohhori.com/depression/handicapped_pension.htm

自立支援医療制度とかも書かれているし参考になるかもです。
[ 2009/11/28 17:35 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
ありがとうございます。
とても参考になりました(^^)

実は前の職場で一年と半年間傷病手当を受給していたので、残念ですがもう受給資格はないみたいです。

傷病手当が使えない場合、補助制度は何かありますか?


すみません、少し愚痴らせて下さい。

せっかく正社員に昇格し、色々と仕事も覚え始めたばかりの矢先の再発なので、とても悔しいです。
去年パートとして入社し、今までうつ病を隠して築き上げてきた立場が、一瞬で崩れ落ちていった気分です。

再発さえしなければ普通に働けたのに…と思うと、悔しくて悔しくて涙が出ます。

でも、なってしまったものは仕方ないですし、今自分に出来ることは体調を安定させることだと言い聞かせてます。
[ 2009/11/28 17:19 ] [ 編集 ]
優希くんへ
ご無沙汰です。

まず、参考になりそうなのが、ここ(ただ古いかも?)

http://oshigoto110.blog90.fc2.com/blog-category-3.html


社保庁の傷病手当金に関するサイトが、ここ(2ページ)

http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu07.htm

(直リンク表示にならないかもしれないので、その時はコピペで検索エンジンにダイレクトにコピーして入れて下さい。PCのサイトです)


今現在、法律がどうなっているか判りませんが
以前は在職中に傷病手当金を受給すると
退職後も同じ病気で最高1年半はもらえたはずなんですけど
(要 任意継続)、途中で法律が変わったような記憶があります。


過去に同じ病気で傷病手当金を貰っていた場合は、過去に受給した期間は差し引かれます。(同じ病気である限り、会社が変わっても、受給期間はリセットされないということです)

ちなみに国保には傷病手当金はありません。


社会保険事務所に相談にいくのが一番早いかなと思います。
社会保険事務局一覧が、ここ

http://www.towninf.co.jp/p/52/52112/100.htm


それから、「うつ病での療養」=「自己都合の休職」というのは納得いかないですね。病気としての診断書が出ている訳ですから。

普通では考えられない処分ですが、うつ病では結構、似たような状況をネットでよく見ますね。

労働基準監督署に相談して介入してもらうのがいいかと思います。不当解雇に当たりそうな気がします。

で、ここが労働基準監督署の所在案内のサイトです。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/location.html

今、僕に判ることと言えば、これくらいですね。
申し訳ないです。
[ 2009/11/28 17:03 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
お久しぶりです。

実は今月9日から、うつ病が再発したため休んでいました。
医者からは「12月末まで自宅療養」と診断されました。

職場に診断書を提出したところ、「自己の都合で1ヶ月以上休む場合は解雇の対象となる」に該当するとして、退職を余儀なくされました。
傷病手当ては11月末までの分しかもらえないそうです。

疑問なのは、

1、「自己の都合」に「うつ病」が含まれているのか。
事務長の口調では、何だか自分の都合で休んでるように言われてしまったので、ちょっと疑問に感じました。


2、傷病手当ては退職してしまったら給付されないですが、生活もかかってますし、出来れば在職して傷病手当てを受給したいです。

30日に退職届けを持ってくるように言われましたが、ちょっと納得いかないです。
うつ病が原因で休むとしても、やっぱり法律的に退職の対象にされるのは仕方ないことなのでしょうか…。

まだ30日まで調べたりする時間があります。
これから先、どのような事に気をつけたら良いか、アドバイスがありましたらよろしくお願いします。
[ 2009/11/28 13:29 ] [ 編集 ]
れむさんへ
ご無沙汰です。
動きすぎましたか^^;
どうしても、やり過ぎるんですよねw

頭の中に元気なときのイメージが残っているから
「あ!いける!」って感じになりやすいです。

ご自愛くださいませ。
[ 2009/11/27 17:24 ] [ 編集 ]
マミーさんへ
ご無沙汰です。
安堵してくださったそうで、記事が役にたってなにより嬉しいです。こちらこそありがとうです。
[ 2009/11/27 17:21 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
m(__)m

動き過ぎて、倒れそうだったので、
出先から帰ってきました。
この記事の通り、
治りかお動きすぎ、
冷えと、疲れと
トリプルで来ました。

お腹を温め、
身体を温めてます。

治りかけは、注意した方が良いみたい。

周りも、今までの以上に、
[ 2009/11/27 16:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -