あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院にて

私が通っている心療内科は
外待合室と中待合室があります。

先日、この中待合室で先に診察を受けていた人が
こんこんと医師に説教されてました。

普段、説教とかしない先生なので
おや?とか思って何気なく聞いていたのですが


「お母さんは娘さんが、うつ病であることを、
うつ病はれっきとした病気であることを、
ちゃんと認識して下さい」

「お母さんが、ちゃんと認識してあげないと
娘さんは居所がなくなって治るものも治りませんよ」

その娘さん、両手首にリストバンドを
していましたから、多分やってしまったのでしょう。


まぁ、診察室の中の声が聞こえるのは
少々問題かなとは思うのですが

言っていることは、もっともだなと思いました。


未だにいるんですよね。

うつ病は病気じゃないと言う人とか
ほっておいたら自然に治ると思っている人


うつ病は病気です。
そして、治療を続けていけば、いつかは治りますから。
諦めないようにしましょうね。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

関連記事
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

うつうつくん様m(__)m
色々教えて頂けて嬉しいです。
ありがとうございます。
きちんと薬、飲む癖をつけて生活のリズムが変われたら嬉しいです。

明かりも参考にします。
ありがとうございます。
[ 2009/10/09 00:29 ] [ 編集 ]
分からないさんへ
確かに、「して欲しくないこと」というのは、ほぼ共通しているのですが、「して欲しいこと」というのは個人差もあり、これ!といったものがないのが現実です。

むしろ、うつ病だからと構えるよりも、普段の通りに付き合っていく方がいいのではないかと思います。

どういう経緯でうつ病になったのかが判りませんが、仕事は仕事ですので復職にあたって、本人も相応の覚悟で出社してくると思われます。

休職明けということなので、しばらくは定時上がりや早退などがあるかもしれません。できるなら、「また?」みたいな感情をぶつけないようにしてあげるのがいいとは思います。
[ 2009/10/07 20:41 ] [ 編集 ]
No title
会社の人が鬱で休職しています。

近々復帰予定なので、復帰後どのような対応をすればよいのか、
分からなかったので、インターネットで調べていたら、
ここに行き着きました。

これをされたら嫌というようなことばかりで、
こうして欲しいというのが分かりませんでした。

自分だけが辛いように思われているようですが、
分からないという周りも辛いのですよ。

自分だけが悩んでいると思わないで下さい。
人からされた事ばかりでなく、自分がしたことも
ちょっと考えてみてはどうでしょうか。
[ 2009/10/07 13:50 ] [ 編集 ]
叶夢さんへ
典型的な夜型ストレス爆発のような気がしますね。
深夜になるにつれて、身体と頭が覚醒していくことは、
うつ病では「よくあること」です。

「よくあること」なので、それで落ち込む必要はないですよ。
当然ながら体内時計も狂いますから、それは徐々に修正していくしかありません。

薬なんですが、決まった、もしくは決められた時間に毎日同じように飲むことが大事だと思います。食後とか。

飲む時間がバラバラだと、体調もバラバラになります。
同じ時間に飲むことで、一定の状態に保ちつつ治していくことが大事です。

例えば私の場合、1日3回、朝食後、夕食後、寝る前に飲んでいます。日中に副作用が出ないように朝晩だけですむように調整してもらっています。寝る前は睡眠導入剤がメインで、朝晩は抗鬱剤です。

あと寝るときですが、静かな空間よりは、薄明かりや虫の声が聞こえているくらいの方が寝付きやすいです。
[ 2009/10/06 16:27 ] [ 編集 ]
うつうつくん様
アドバイスありがとうございます。

私は人が怖い、人の目が怖いという方です。
引きこもりが不安…じゃなく少し、外に出たい、という気持ち大事にしたいと思います。

体を少しずつ鍛えるとか、…自分の目標というか、何かが楽になりました。
すみませんお聞きしたいんですが、薬は何時頃飲むようにされてますか?

私は1番してはいけない、辛かったら飲む方法にしてた事を気付きました(昔に先生に辛くなくても、毎日同じ時間に飲む事を言われてました)

私は安定剤(コンスタン)を 一日二回。 興奮する時と、夜寝る前ようです。
…それでも眠れない緊急方法みたいな感じで睡眠薬を一週間です。

どうしても毎日ダラダラした癖で、時間が狂った生活ばかりしています。

テレビをダラダラと見て、3時になり、そこからお風呂に入り、薬飲んで寝るとか、 自分はストレスがあるから仕方ないと、言い聞かせ、朝方まで過食して寝るとか… 自分がしている行動が、今きちんと見えてきた気がします。
[ 2009/10/06 14:13 ] [ 編集 ]
叶夢さんへ
調子というものは、良くなったり悪くなったりするものです。
ただ、うつ病だと、どうしても悪くなった感覚に敏感になってしまったりします。

他にも医者の前だと、ふっと冷静になる人もいたりします。

引きこもりが怖いというのは、引きこもりたくないという想いの裏返しです。

外が怖いのか、人が怖いのか、他の何かが怖いのか、それは判りませんが、引きこもりたくないという想いがあれば、大丈夫だと思います。

身体をうごかすのが億劫になりがちですが、筋トレでもストレッチでも、何でもいいので身体を動かすのに慣れるのが大事です。
[ 2009/10/04 15:11 ] [ 編集 ]
ありがとうございます
今は一ヶ月、診察料1500円
薬代 、900円です。

安定剤と、予備の睡眠薬なので、安いのかもしれません。(一時期、色々 お願いして薬を貰った時、高かった気がします)

一時期リスパを0、01にして貰いましたが、飲んでも変わらないという事でリスパはなくなりました。

自分から坑鬱剤が欲しいといい、貰いましたが、1番安定剤だけの方が調子良いっという事で、今の状況になりました。調子良かったんですが、ここ最近、自分自身では悪化している感じなんです…でも話し方などを見てると落ち着いて、考え方も良くなっている…という先生の話しなんですが、私は引きこもりがかなり増えた事が怖くて仕方ありません。

[ 2009/10/03 13:40 ] [ 編集 ]
叶夢さんへ
個人的な経験ですけど、辛いときだけとか、眠れないときだけ薬を使うというのは、ほぼ病状を悪化させます(私がそうでした)。

うつ病の治療と投薬は継続的に行わないと、中々快方には向かわないと思います。

ただ、うつ病の薬というのは、他の病気の薬と違って、かなり高価なので治療を断念する人が多いとも言われています。

そこで、使うのが自立支援医療制度で、市区町村に届出をすれば、うつ病の治療に関して、窓口3割負担が1割負担に軽減される制度があります。

病院によっては、手続きをしてくれる所もありますが、役場へ行けば自分で手続きをすることもできます。1年毎の更新です。

何よりも単発的な対処ではなく、継続治療が大事だと思います。
[ 2009/09/30 17:57 ] [ 編集 ]
私は薬を貰う為に病院には行ってます。
病院には行ってるけど、治療という物をしていない為か、どんどん悪くなってる気がします。

私の薬は、安定剤と緊急用の睡眠薬で、ただ辛いと思う時飲んで、寝転がる毎日。

何にもしてない毎日で怖いです。ただ年月とお金が無くなるだけ…。

ただ生きている事が怖くなってきます。

どうやって社会復帰していくものなのでしょう…

寝たきりをして三ヶ月。
休憩と思って休めない為か、こんな生活が怖いし、余計に苦しいです。


仕事をして、習い事とか、勉強をして資格とる人がいるのに、私は普通の生活も出来ない。

[ 2009/09/30 13:40 ] [ 編集 ]
オモダカさんへ
仰るとおりだと思います。
私もうつ病にならなければ、おそらく誤解する側に立っていたでしょう。病気だと思わなかったかもしれません。
でも、うつ病になって、この病気は偏見にさらされているというのを実感した次第です。
[ 2009/09/28 09:49 ] [ 編集 ]
なおままさんへ
オモダカさんが仰っている通り、うつは色々です。
日常生活や楽しいことだけならできる経度の鬱やうつ状態
何にもできない重度の鬱

客観的に端から見るとだらだらしているように見えるでしょう。
本人は自分の中で、矛盾と葛藤に苦しんでいる場合が多いのですが、外からは、それは見えません。

支える側は、うつ病だから1~100まで支えなきゃって思ってしまう人がいます。でもそれをやると支える側がまいってしまいます。

だから「認識」だと思うんですね。
「暖かい無関心」という言葉があるのですが
認識して、ある程度距離感を保ちつつ、触り過ぎない。

病院には行ってますか?
一度、患者抜きで、支えている人と先生もしくはカウンセラーだけで、じっくり話してみるのもいいと思います。
[ 2009/09/28 09:43 ] [ 編集 ]
うつはいろいろ
うつ病はいろいろです。私の友人は奥さんに風呂に入れてもらってました。
スーパーで買い物ができない人もいます。
私など軽い方で、入浴、買物など日常的なことは大体できます。
ブログもうつ病になってから始めました。
症状がいろいろなので誤解を受けやすいのでしょう。
でも、まぎれもなくうつ病は精神病です。
[ 2009/09/28 01:11 ] [ 編集 ]
ゴメンなさい
確かに鬱病は病気です。
でもはたから見たら、やる気ないただ毎日ボーっとして動こうとしない。自分でやった事なのに人のせいにしたり少し何か言っただけで怒ったり…
具合悪いからと動こうとしないくせに友達と遊びに行く。など…
鬱病だと理解したくても理解しにくいと思います。
支える側はどうにか頭の中に鬱病だからしかたないって言い聞かせているんです。
だけど毎日そんな行動ばかりとられていたらただダラダラしたいだけで甘えてるんじゃないかって思ってしまうんです
[ 2009/09/27 23:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。