FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

簡単なまとめ3

<鬱の人に対して言ってほしくない言葉>

あくまで私の経験ですが

「根性・気合いが足りんからだ!」
 風邪とか腹痛は根性でなんとかなる場合があります
 でも、鬱は根性では治りません

「鬱を盾に甘えるな!」
 甘えているわけではないです
 甘えているなら恐らく鬱になりません
 甘えないからストレスを無尽蔵にため込むんです

「仕事に集中してないからそうなるんだ!」
 違います
 集中して一所懸命だからストレスが溜まります

「眠れないわけがあるか!」
 そうですね、全く眠れないときもありますが
 殆どは浅い睡眠で寝てます
 でも、熟睡はほぼできません
 だから、体の疲れも取れません

「入院すればいいじゃないか?」
 入院して治るならそうしてます
 入院してもどうにもなりません
 経験上、更に陰にこもるだけです

鬱症状は毎日出ます
通勤途中に嫌な気持ちになる場合
原因と接触して悪化する場合
静養してても「思い出した」場合
…etc

管理職のみなさんにお願い
「無理せず自分のペースでやりな」
って言葉なら当人もあまり追い込まれません

人間関係が原因なら転属させてみる
(そこでうまくいく保証はありませんが…)

仕事の量が原因なら若干でも減らしてやる
これは経験上かなり効果があります
少なくとも私はこれで一時的に出社できました
(すぐ量がもとに戻ったので結局耐え切れず辞めましたが)

そして、一定期間休養させる
もしかしたら休養で好転するかもしれません
休養期間がある会社はそれを使うのも手です
(出社をせかすと逆効果です)
関連記事
[ 2007/02/28 08:36 ] 鬱病 | TB(0) | CM(1)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

入院ってけっこう癖になるからなぁー。。
入院中は隔離されていてストレスがないから調子はいいです。
けど、社会に放り出されると、、。
3回も入院しましたよ。。
[ 2007/02/28 18:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。