FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

追い詰めるのは?

うつ病になってしまうまでに
自分自身を追い詰めるのは

人間関係であったり
生活環境であったり
生い立ちであったり
他の病気であったり
悩みであったり

まぁ色々と原因はあるのですが


じゃあ、うつ病になってしまってから
自分自身を追い詰めるのは何でしょう?


客観的にいえば、それは・・

自分自身と家族なんですね

自分が自分を追い詰めるのは
自分に不甲斐なさを感じてしまって
自分を責めているからです


もっと問題なのは家族
身内であるがゆえに、容赦がないのです

感じたことはありませんか?
家族より、他人の方が優しいと

家族だから、歯に衣着せない言動や
行動が出てきます

本人にしてみれば、
ほっておいてもらうのがいいのですが
どうしても口を挟んできます


家族だから・・


家族だからこそ
干渉し過ぎないように
長い目で見て欲しいものです

さじ加減を間違えないように


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

関連記事
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

ありがとうございます。
間違った対応をしていなかったとわかって、ほっとしました。
やはり病院に連れて行った方がいいんですね。
本人は少し渋ってますが、薄々自覚しているようなので
うまく誘導して連れてこうと思います。
本当にありがとうございました。
夫の病状も、うつうつ君の病状もよくなりますように。
[ 2009/04/30 12:58 ] [ 編集 ]
あおいさんへ
はじめまして

半年というと、かなり長期ですね。
うつ病って、放置していた分だけ治療にも同じ期間が
かかるとも言われています。
(私の場合5年ほど放置後、今治療が5年目です)

あおいさんの接し方はとてもいいと思いますよ。
ただ早めに心療内科に行くことを個人的にはお勧めします。

本人は行くことをすごく嫌がるかもしれませんが
状態を見てもらおう?って感じで行ってください。
(あおいさん自身が潰れないためにも)
[ 2009/04/28 20:55 ] [ 編集 ]
はじめまして
検索からリンクできました。
現在夫が鬱の一歩手前のようで、家に帰ってきては「死にたい」と言っています。
もう半年近く同じような感じで、最近特に自己否定と自殺願望(口だけですが)の回数が増えました。
なんと言っていいのかわからず、抱きしめて「大丈夫だから」と背中をさすることしか出来ません。
否定しない、「頑張って」と言わないということ位しか対処法がわからず、ただ慰めているだけで、
これは正しい接し方なのか不安です。
来月になったら精神科に連れてってみようと思っています。
[ 2009/04/28 20:15 ] [ 編集 ]
ア○ルト大学生さんへ
そうですね
解決策っていうと「うーん?」となりますね。
長い目も「さじ加減」を間違えると永遠にもなりえますし

この記事で私が言いたかった「長い目」は
容赦のない暴言といえるようなものは、なるべく控えて欲しいと
いうものだったのですが、たしかに「長い目」は人によっては
最悪かもしれませんね。
[ 2009/04/26 11:22 ] [ 編集 ]
初めましてオハヨーございます
眠れない一人暮らし、ア○ルト大学生と申します

僕も長い目で見るのが最善だと思いますが、人によってはそれが最悪かもしれません。
鬱病の息子を長い目で見すぎて、家族全員が鬱病になった例があります。その家族は今でも長い目で見続けてます。
僕には、どうしてもそれが正しいと思えないのです。
僕達は家族の幸せを願っているのに、その思いを『素直に』伝えるというのは難しいです。
それに解決策を考えても、『解決』ってなんだろう?ってなるんですよね。
実際僕が鬱病かもしれません(笑)
長文すみません
[ 2009/04/26 01:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。