あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

罪悪感を持たない

仕事に行けない罪悪感
家事が出来ない罪悪感
外出が出来ない罪悪感

うつ病は罪悪感との闘いでもある。

なんで罪悪感を持つのだろう

背景にあるのは責任感とプライドだと思う。

○○が出来なくて悔しい

こんな想いが、うつ病になると人一倍出てしまう。

でも考えて欲しい。
ガソリンがなくなれば車は止まる。
ダムに水がなくなれば水道は止まる。
発電所が壊れれば電気は止まる。

復旧には補充するか直すしかない。

人間も同じだ。
疲れが溜まれば身体を壊す。
ストレスが溜まれば心を壊す。

元に戻すには治療するしかない。
当たり前のことなのだ。

だから罪悪感を持たなくていい。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
関連記事
[ 2008/01/15 18:37 ] 鬱病 | TB(0) | CM(30)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

NHKインサイダー?あ?
おはようございます。

あいかわらず睡眠障害の
りんです。

m(__)m


今、朝刊持ってきて広げたら一面に
『NHK記者インサイダーか』の文字…


昨日の行政の話ではありませんが、むしょ~に腹が立ちました。


と、いうのも実は
私の住む街では某テレビ局独自で返済しなくて良い奨学金制度をしてます。


これは家庭の事情で高校に進みたくても経済的に難しい生徒のためにされている奨学金制度です。


いくつか条件があるのですが…地方のテレビ局でさえこんな粋なはからいをしてるというのに


NHKは何やってんだぁ!

NHKこそ、社会的弱者のために何かしろぉッ!!


朝から、おたけびを上げたくなるような記事でした。

頭だけ下げてる写真を
見たって何も伝わって
こないんだよッ!!


世のため人のため
NHKは何かしろぉッ!!

朝から、すみません。

やっぱり今の世の中、
腐っている…。
[ 2008/01/18 06:35 ] [ 編集 ]
れむさんへ
心配して下さって…
ありがとう!

一言で6年と言っても
本当に色々な事がありました。

仕事に必死になってた事も

下の子が担任と合わず
学校へしばらく行けなかった事も…

上の子が中1の頃、上級生に言い掛かりをつけられ
土下座を強要され
悪い事は何ひとつしてない理不尽さに頭にきて

校長室に親共々(4人組)反対に娘に土下座させて
謝らせたことも…

人知れず悩み泣いてきた
事も…


すべてが思い出されて
卒業式は、きっと泣いて
涙がとまらないでしょう。

大きな病気や怪我もせず
ふがいない親のもとで

道にはずれる事なく育ってくれた子供達に感謝です。

きっと、すぐにその日は
来てしまうのでしょうね。
[ 2008/01/18 01:36 ] [ 編集 ]
りんさん
りんさん、貴方は大丈夫ですか?

ここまで来たんですよね。子供さんのダブル卒業式、親として気持ち解ります。
りんさんペースで、ゆっくりね。卒業式、私も楽しみにしています。

今日は寒いから、あったかくしてね。
[ 2008/01/18 00:52 ] [ 編集 ]
コウさんへ
気分はいかがですか?

この前はかなりキツイ事を言ってしまって…

すみません。

鬱病で苦しい中
またまた余計に悩ませて
しまったのではないかと
反省しました。

コウさんがコウさんらしく生きていける環境を大切にしていけたらと思います。

また、お話しましょうね

(^-^)
[ 2008/01/18 00:43 ] [ 編集 ]
あみさんへ
すごい!!

すごいじゃないですか!

脱皮出来るようになって
きたんですね。

鬱病は苦しい…
けれど心と体が出した
極論だと思うんです。

これ以上は無理だよ~
壊れるよ~
って、信号なんだと…。

苦しみの中から学ぶ事が
出来た私達は、ある意味
幸せだと思いませんか?

人の痛みも解らず
それが当たり前と思って
いる人達から比べたら

人として得を積んだと
思いませんか?


人生は魂の修業の場だと
聞いた事があります。

苦しい事、辛い事の分だけ魂は磨かれていくのだと…。

そう考えると鬱病になった私達は相当ピカピカに魂を磨けているのではないでしょうか?(笑)

必ずトンネルの先には光が見える日が来ます。

それまでは、手探りでも
良いから生きていきたいと思います。

o(^-^)o
[ 2008/01/18 00:33 ] [ 編集 ]
U2さんへ
お体大丈夫ですか?

厳しい現実を突き付けられましたね…。

国や社会は本当に何をやってるんだ!!

これじゃ、安心して暮らすことも出来ない!

ダメもとで地元の議員さんや、福祉課など色々あたってみてはどうですか?

なにか突破口があるはず
です。

私はU2さんの話を聞く事しか出来ないけれども

何か力になりたいと思っています。

私も何か良い案がないか
探してみますね。

こんな腐った社会に
負けてなるもんか!

[ 2008/01/18 00:13 ] [ 編集 ]
ことはさんへ
レスありがとうございます。

ことはさんも彼との事…
辛い思いをしたんですね。

でも、不思議なもので
人と人には男女に限らず
「縁」というのがあります。

彼と出会えた事も縁
また、離れてしまった事も縁がなかった事なのかも
知れません。


私は離婚した旦那に三度も浮気された阿呆な女です。

でも、そんな旦那とも縁がなければ子供達二人を
この世に送り出す事は出来ませんでした。

それだけでも、旦那と出会った事には意味があったのかと思います。

ことはさんも彼と出会った事で何かを得たはずです。
そして、その事をバネに
次の恋愛に活かしていけたら良いと思います。

月並みな言い方で申し訳
ありませんが…
縁のある人は必ず現われます。

私は旦那と別れる時、
二度と結婚などするものかと心に強く決めて離婚しました。
これからは二人の子供を
しっかり育てていこう…

男なんぞ居なくても
一人で生きてやる!


そう思い、ひたすら走ってきました。


もう、六年も経つんだなぁ

早いもので小1だった
下の子は6年に…
小4だった上の子は中3…
今年3月ダブル卒業です。

なんとなく自分の中で
一区切りつくような気が
してます。


ことはさんはご両親に心配かけて心苦しいと言ってましたが、子供の事を心配し案ずるのが親の役目であり幸せでもあるんです。

親に甘えられるうちは
う~んと甘えても良いと
思いますよ。
いずれ、子は親から巣立つもの…その日まではねッ!

受験のための勉強も
あまり無理しないように…

まずは心と体の事を大事にことはさんらしく
生きられたら良いと思います。

私達は今の世の中を生きていくのには少し難しいのかもしれない。

でも、ここで出会ったのも何かの縁…
それぞれが、その人らしく自分のペースで生き互いに高めあっていける場所で
あれば良いなと思います。

何だか、また偉そうな事を言ってしまいました。

ことはさんが穏やかに
過ごせますように…。

(^-^)
[ 2008/01/17 23:54 ] [ 編集 ]
りんさんへ
りんさん、私は厳しいことをいって下さって感謝しています。世の中にはまだまだ私の知らない現実世界がありますから。相談のって下さってありがとうございました。
[ 2008/01/17 22:37 ] [ 編集 ]
脱皮
弱者にも優しい時代がくるといいですね。でも弱者が死んでもニュースにならないような国もある・・・。このことをきっかけに弱者に対する取り組みが見直されるといいですね。あまり考えると苦しくなるので、「お婆さんは最期は寂しかったかもしれないけど、きっと幸せを感じたこともある人生だった。その幸せな時に魂が戻って行ったんだ。」そう考えることで自分の心を守ることにします。

ところで、私また心が脱皮しました。
何回も脱皮して治って行く気がします。今日はすごいストレスになることがあったけど、数時間で忘れ、別なことに気を紛らわすことができました。今はそのことに、ポジティブな解釈ができています。
革新的です!
脱皮して、成長しました。信じられない。

りんさんへ
私も鬱になって学んだこと気付かされたことがあります。なって良かったんですよね。
[ 2008/01/17 19:08 ] [ 編集 ]
弱者は死ぬ
主人が転院し、入院病棟を見学させてもらいました。
あきらかに精神病患者の人々…カギやチェーンのついた病棟、主人はかなりへこんでしまい、入院を先延ばしにしました。

結局、先月退職したのですが、失業保険の申請をしに行ったところ、病気療養中は保険金は入らないと断られました。
何それ?
病気だから仕事できないのに、健康になったらお金がもらえるって何?
本当に世の中謎だらけ。
先程のコメントにもありました、弱者に対しあまりにも冷たい社会です。
生命保険も精神病には通用せず。
じゃあどうしろと言うのですか?
無理して働けばいいのか!もっと悪化して死ねばいいのか!
ホームレスのお婆さんのように弱者は死んでいくしかない世の中です。
[ 2008/01/17 16:05 ] [ 編集 ]
みなさん相談に乗って下さってありがとうございます。
一度主治医に相談してみます。
[ 2008/01/17 14:32 ] [ 編集 ]
おばあさんのニュース
抗うつ剤をやめてから朝早く起きられるようになりましたが、やる気の低下が目立ちます。
医師に相談すれば違う薬を処方してもらえると思うのですが、もうすこし様子を見ようと思います。

りんさんへ

そのニュースとても辛かったです。弱者の立場になってしまいますよね、どうしても・・・・

パートとバイトのかけもちは色々しんどいこともあると思うのにすごいですね。2つの人間関係を両立させてすごいです。私も以前してみましたがとても長くはもちませんでした。

私は最近ここで書き込みしてるうちに、自分の考えとかこれからの生き方がやっとわかってきました。

どうして今ここにいるのか、とかそういう漠然としたものがわかるようになってきたんです。

現実をまともに考えられるようになったんです。
それはいいことなのかな・・・

そう簡単には治らないこと。
自分の今までの生き方を見直すこと。
身も心も無理をすればすりきれてしまうこと。

私はまさに心がもうすりきれてます。

病気になり生活スタイルも合わず彼氏と別れることになった時、
別れ話で今まで私に対して思ってたことを一気に言われました。
また、彼が私に求めていたことも初めて知りました。
自分の言うことを素直に聞く女性を求めていたようで、、、、。
家事ができないこと、今療養していること、ただの甘えと思っているようで。
考え方の違いを感じたので深入りは避けることにしました。

今までこれで良いと思っていたことを突然否定されるととても苦しいものですね。
前の職場でも同じようなことがありました。
人格的なことまで否定されたりしたのでいっぱいいっぱいになってしまいました。

今は両親に心配をかけていることをとても心苦しく思います。夢にまで出てきてしまいました。

転職を目指して勉強中ですが思ったようにはかどらず焦りも感じます。
今の私には受験はとてもストレスがかかるようです。

東京では初雪が降りましたが、そのおばあさん、寒かったでしょうね。
弱い者が死んでゆく社会が迫っているのでしょうか。これからは年金も貰えないかもしれない。
そう思うとまともな職業を選択して、将来しっかりした生活を送りたいと思うのです。

もう、自分が傷つくことやすりへるまで仕事や他人にかかわることはうんざりです。
当たり前のことを当たり前にやるだけで良いんだなって素直に思います。

抽象的ですみません。

うつうつ君へ

心配なので調べてみます、丁寧なレスありがとうございました!
[ 2008/01/17 12:46 ] [ 編集 ]
格差社会
おはようございます。

またまた三時起きの、
りんです。


今、某テレビ局のワイドショーを見てました。

普段は、辛い事件とか
悲惨な事故などを朝から
見ると辛いので
あまり見ないのですが…

子供がつけたまま学校に
行ったので、見てました。

何県か忘れましたが
70才のホームレスの女性が市役所前で非常食用の
乾燥米を手に亡くなってたそうです。

市役所へ運ばれる前に救急車で搬送され「4日も何も食べてない」と隊員に話していたそうです。

その後、市役所の福祉担当の方から乾燥米を渡され
気が付いた時には亡くなってたそうです。

一時間くらい寒い外に放置され乾燥米を口にすることなく、その老女は亡くなった…。

市役所の職員がせめて毛布一枚、乾燥米でなく暖かい食物を渡していたら
彼女は死なずにすんだかもしれない…。


鬱病患者に限った話では
ありませんが
社会的弱者にもう少し行政が何らかの形で手助けしてくれたら
この老女のような事は無かったと思うんです。


鬱病が原因で働けない
働けないから貧困になる。
治療を受けたくても受けられない…。


私は鬱病でありながらも
幸いな事に働く事は出来ます。

でも、動けない日があるのも事実でパートとバイト
二つの仕事を掛け持ちする者としては

病気も辛い…
でも働かなければ生活が
出来ない。
常に不安です。


鬱病に限らず様々な事情で働くのが困難な人に
もっと国や社会が、
どうにかしてくれたら

先程の老女のような事は
起きないように思います。

一部の、お偉いさん方が
ぬくぬくしている
今の世の中は、腐っている!!


弱者に優しい世の中に
なってほしいと思うのは
私だけでしょうか…?
[ 2008/01/17 09:47 ] [ 編集 ]
コウさんへ
少し落ち着かれた様子で
安心しました。

ないものねだりは誰もが
思ってる事だと思います。

現状に100%満足してる人なんていないと思うんです。

今、自分が置かれてる中で出来る事をして
自分なりに精一杯やってるなら、それで良しとしませんか?


旦那さんの良い部分に気付けただけ
今回悩んだ甲斐があったのではないでしょうか…?


この前のコメントで
かなりリアルに厳しい事を言ってしまって…
ごめんなさいね。


旦那さんと良い方向へ進むと良いですね。


o(^-^)o
[ 2008/01/17 04:19 ] [ 編集 ]
ことはさんへ
あんまり無理しちゃダメですよ。

体調が良いと、普段動けない分頑張り過ぎちゃうんですよね。

でも、その体調の良さは
あくまでも薬でテンション上げてるだけですから…

無理をしないようにね。


私もいつも同じような事を繰り返し後悔してます。

体調が良いと、治ったかのような錯覚を起こしちゃうんですよね…。


ここ最近、家事もはかどらない日が続いてて
外に出る用事もあったりして洗濯物が山積み状態!

娘に着る物がないと怒られました。

とりあえず、下着類は
夜仕事から帰って即効
洗濯機を回し干しました。

あとは、上に着る物や
ジーパンは明日回す事に
しました。

タオル系の物は乾燥機へ行って一挙に乾かします。


ためないうちに洗えば済む事ですが…
10日もぐったりで動けなかったもので…。

小さなストレスでもへこんで動けなくなる自分が嫌になります。


ことはさんも無理しないようにね。
(*^_^*)
[ 2008/01/17 04:02 ] [ 編集 ]
らんさんへ
はじめまして

りんと言います。

鬱病歴、今年6年目になります。


らんさんが苦しい気持ち
ここの皆さんは
手にとるように解りますよ

文章の最後に誰もいないとありましたが… 

貴女は独りじゃないです。ここを見ている大勢の
仲間がいるんです。

ただ身近に理解者が居ないだけであって…

でも、ここには様々な
理由や立場で同じように
苦しんでいる仲間がいますよ。

死にたい気持ちは病気が
そう思わせてるだけなんですよ。

苦しければ苦しいと
ここへきて吐き出せば良い

なんて言っていいのか
解らない気持ちも、
ここのみんなは察してくれます。

らんさん
リスカは私は経験がないので正直解りません。
でも、電車に飛び込もうと考えてた頃があります。


今、思うにあの時
死んでなくて良かったと
思ってます。


らんさん、死んでもラクにはなりませんよ。

今の辛さは、らんさんへ
課せられた人生の学びなんです。

今でこそ、こんな偉そうな事を言えてますが

死と直面して苦しんで
苦しんで…苦しんで…


それがあったからこそ
今、らんさんへ言える事
なんです。


独りじゃありませんよ。
同じ辛さや苦しみと戦っている仲間がここにはいますよ。

吐き出しにいつでも
来たら良いと思います。

[ 2008/01/17 01:45 ] [ 編集 ]
まにゃさん…
初めまして。
妊娠のことですが、わたしの場合、初めて"鬱病"と診断されたのは、初めての子を生んだ後です。
約半年間、実家にお世話になりました。…最初の二ヵ月はまるで"廃人"のようでしたね…辛かったです。
半年過ぎて家に子どもと一緒に帰って来て、一年後には治り、普通の生活が出来ました。

その三年後に二人目を出産…正直…鬱の怖さはありましたが、せっかく授かった命だからと、覚悟をして産みました。
…やはり、一年経たないうちに"鬱"になりました。再度実家にお世話になり、半年間過ごしました。その後は、一人目と同じ様に家に戻り、普通の生活を送りながら、半年間で治りました。
その後…避妊の"処置"もしたのですが…何故か、三年後にまた妊娠してしまいました。…精神科の医者からは、降ろすようにといわれました。(年齢的・環境的に産後鬱が酷くでるだろうということで)…悩み、主人や実家の母にも相談しました。結果…産む決意をしました。
予想通り、一年たたないうちに"鬱"になりました。結構酷かったです。
上の子も、幼稚園でしたので、実家にお世話になる訳にもいかず、母が半年間家にきてくれ、身の回りのことをしてくれました。
その後は、軽い鬱が年に一・二回ぐらいでるだけで、今はほぼ治っています。

…そんなこんなで、長女は高校二年、長男は中学二年、末娘は小学五年になりました。わたしも、母親として、かなり逞しくなりました。


まにゃさん…、まずはご自身の身体のことを含め、ご主人とよく話をされ、そのうえで主治医の先生に相談されてはいかがでしょうか。
…この病は、決して不治の病ではありませんよね…自分に合う薬を飲み(良いドクターを見つけるのも大事ですね)、きちんと休養を取り、メンタル面を整えていけば、必ず治る病ですから…。
まにゃさんが、希望をもって過ごされますよう、お祈り致します。


余談ですが…
人生の"課題"があるほど、夫婦・また家族の"絆"は強くなります…。
[ 2008/01/16 23:58 ] [ 編集 ]
ことはさんへ
一番は、医者か薬剤師に聞くのがいいのですが、
ネットでダイレクトに薬の名前を入れると、副作用や注意点などが検索できます。

例えば、レンドルミンで検索すると注意点の一つに

『妊娠中の服用はできるだけ避けることが望ましいです。医師とよく相談されてください。
授乳中もできるだけ控えるようにします。医師の判断しだいですが、服用する場合は授乳(母乳)を中止するのが基本です。』

という説明がされています。
今は大抵の薬がネットで検索できますので、一度調べてみるのもいいかと思います。
[ 2008/01/16 22:56 ] [ 編集 ]
まにゃさんへ
はじめましてコウです。

申し訳ないんですが、失礼な事を言わせてもらいます。

まにゃさん自身がそれほど子供を欲しいと思ってなく、ただご主人さんにたいする罪悪感や焦りだけで妊娠したいと思うなら、やめといたほうがいいと思います。
赤ちゃんを育てる大変さは、経験しないとわからないものです。実際私も「欲しい」という甘い考えだけで産みました。そしたら案の定、産後鬱になり酷い話、子供と一緒に死にたいと思った事もあるぐらいです。勿論今はかわいく、当初の事を悔いてます。
みんながそうなるわけでは無いですが、本当に子育ては大変です。それを焦りや罪悪感だけで産んでしまうと、まにゃさん自身がもっと苦しんでしまいそうな気がします。

ご主人さんはなんとおっしゃってるのですか?一度よく相談されてみてはいかがでしょうか?

本当に失礼な事言ってすみません
[ 2008/01/16 22:28 ] [ 編集 ]
りんさんへ
私、無い物ねだりのわがままなのかもしれません…。
これは鬱だから悲観的になって考えてるのではなく、冷静にりんさんやU2さんのくださったコメントを読んで思ったんですが、

うちの旦那は確かに厄介です。前にも言いましたが、自分が調子よければ執拗に私をからかってき、悪ければ酷いことをいう。
本当に出ていきたいと思うことは多々ありました。
ただ、そんな旦那でも優しい時もあります。私がしんどくて横になっているとき、子供の世話は旦那がやってくれて「しんどかったら休んどき」と言ってくれます。
これって一番助かる言葉ですよね。

私、本当に悲観的になりすぎてたのかも知れない…もうちょっと落ち着いて、自分や周りを客観視してみようと思います。
[ 2008/01/16 22:08 ] [ 編集 ]
睡眠薬
子供を生むのに睡眠薬は影響するんでしょうか?どなたか教えてください。

らんさんへ

医者にいかれましたか?
とっても辛い状況なのがよく伝わってきます。
独りだと感じることが多くなれば、それはらんさん自身ではなく病ですから、気にせずに、大切にゆっくり前向きに人生を生きていきましょう。私は二十代半ですがうつ病を正しく知れば大丈夫だと思って頑張ってます。

[ 2008/01/16 21:51 ] [ 編集 ]
あみさんへ
鬱病になったのには
意味があると思ってます。

神様からの課題なんでしょうね…。

鬱病は辛いけど
学んだ事もあります。


いつか克服し、
鬱病を通して学んだ事を
活かして今後の人生を良い方向へ進めたら良いなと思ってます。
[ 2008/01/16 21:39 ] [ 編集 ]
まにゃさんへ
私は第3子をうつ治療中に妊娠しました。
少し安定していた頃、という理由もありますが、薬は常用中でした。
心療内科の先生と産婦人科の先生と、いろいろ相談した結果は、抗うつ剤はストップ。安定剤はなるべく少なく、不安定な時だけ…という感じでした。
はっきり言うと、妊婦に対し、うつ病の薬が〇なのか×なのかは、人体実験でもしない限りわからないのが本音だそうです。
しかし、どこかの国では安定剤なら問題なし!と言われているらしく、なるべく不安定な時だけに飲むように、ということになりました。
無事出産できました。
その後は母乳の都合もあるので、少しずつ抗うつ剤も飲むようにしました。
ただ、妊娠すると健康な人でも情緒不安になりやすいので、まにゃさんも体力などご自身で考えながらの妊娠をお勧めします。お大事にしてくださいね。
[ 2008/01/16 21:04 ] [ 編集 ]
まにゃさんへ
私は男なので一般論になりますが、うつ病のお薬の中には、妊婦の服用を禁止しているものもあります。
やはり医師に相談するのが良いかと思います。
[ 2008/01/16 19:57 ] [ 編集 ]
らんさんへ
書き込みから察するに、激うつ状態にあるのではないかと思います。生きていることが嫌になるという経験を私も何度もしました。

理解を求めても受け入れられない。うつ病になって誰もが経験してしまうことです。

この病気に必要なのは適切な医師による診断と休養です。

ご両親は理解しないというより、理解したくないのかもしれません。「うちの子に限って…」という想いが先行しているのかもしれませんね。

リスカのこと、辛い気持ちをはっきりと、ご両親に伝えて(もしかしたら伝えているかもしれませんが)、ご一緒に病院へ行ってもらう。
ということくらいしか、申し訳ないのですがアドバイスができません。

女性は環境の変化に非常に敏感で、うつ病、うつ状態になりやすいと言われています。まして子供と大人の精神が入り混じっている年齢でもあると思います。

出来る限り自分のペースで生きていって下さい。
[ 2008/01/16 19:25 ] [ 編集 ]
罪悪感・・・
私は、前にも書き込みさせていただきましたが、結婚して間もない頃に抑うつ状態と診断されまして、今は通院しながら自宅療養している身です。
友達が結婚してて子供生む子とか増えてきて、自分の中に焦りというか罪悪感というか・・・そういう気持ちがあります。子供がとりたてて欲しいという気はないのですが、彼のために生んであげられないという罪悪感です。
そのストレスのせいでか、薬のせいでか分かりませんが
生理が全く来なくなってしまい、さらに罪悪感を感じるようになりました。
うつで出産もしくは妊娠している方に伺いたいのですが
薬は影響していますでしょうか?はやり医者に相談すべきでしょうか。真剣に悩んでいます・・・。
[ 2008/01/16 16:05 ] [ 編集 ]
音楽療法
気分が悪い時はひたすら音楽を聴いてます。流れない時間が流れていくような気がするからです。

この病気になって人に判ってもらうということの難しさを知りました。家族、友達、恋人、たぶん誰も本当の私はわからないでしょう。うつ病になるとどうしても内に内にこもりがちですが、判ってもらうとすれば自分自身というより病状です。頭が痛い、とか起きられないほどだるい、とか学校に行きたくないほど億劫だ、とか。

誤解されることはあまり口にしないようになりました。
全く違う方向にとられて苦しくなるからです。やりたいことよりやれることから少しずつ始めたら治るのでは、と思っています。

りんさんへ

ご心配ありがとうございました。元気のいい日の次の日はうつが抜けません。

今日は部屋を掃除しましたが、ひどく疲れました。
そういう時は横になって楽になるまで待つのが一番ですよね。
[ 2008/01/16 15:10 ] [ 編集 ]
りんさん
昨日はありがとう。
楽になりたい。本当にそうですね。
でも死んだらもっとつらい日々が、もっと長く続く。現世で生きて学ぶこと、習得することがあるからまだお迎えは来ない。
現世で習得できなかったことは来世で習得しなければならないかもしれない。
明るく生きることを習得したい。
そのためにゆっくり休んでいいんだ。きっと。
神様が今は休めと言ってるんです。きっと。
[ 2008/01/16 14:28 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。らんと言います。私も去年の4月にうつ病と言われ今にいたっています。最近はずっと死にたいとばかり思ってます。そしてそれを誤魔化すように1日1日を過ごしてます。何が苦しいのかわからない。何もしたくない。 けれど学校に行かなくてはいけない(今、単位制高校の3年です)大学も決まっているのですが、大学行くのも「生きているなら進学か就職しなければならない」という気持ちで決めました。集中力もなく、朝も11時を過ぎないと起きれません。先生にも言ったのですが、相手にされず悲しいです。親にも分かってもらえません。死にたいと思い、リストカットもしました。それからはくせになってしまっています。このわけの分からない状況から抜け出したいです。苦しくて、死にたくて仕方ありません。願いがかなうなら死なせてほしいとおもっています。味方になってもらえる人もいません。私はどうしたらいいのでしょうか?
[ 2008/01/16 14:08 ] [ 編集 ]
ありがとう
何だか涙がでました(T_T)
[ 2008/01/16 00:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。