FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

うつ病になった(なる前)の変化

厚生労働省のHPでこんなものを見つけました

本人及び周囲がうつ病に気づくための変化です。

自分が気づく変化

1. 悲しい、憂うつ、辛い、苦しい
2. 何をやっても楽しくない
3. 疲れやすく、元気(力)がない
4. 気力、意欲、集中力が低下しているように感じる
5. 寝つきが悪く朝早く目がさめる
6. 食欲がなくなる、異常に食べる
7. 人に会いたくなくなる、会うのが恐い
8. 夕方元気で、朝方の方が気分、体調が悪い
9. 心配事が頭から離れず、考えが堂々めぐりする
10. 失敗や悲しみ、失望から立ち直れない
11. 自分を責め、自分は価値がないと感じる


周囲が気づく変化

1. 以前と比べて元気がなく表情が暗い
2. 遅刻、早退、欠勤(欠席)が増えた
3. 仕事や家事ができない、うっかりミスが増える
4. 人を避けるようになる
5. 無口になる
6. 身体の痛みや倦怠感が増えた
7. 趣味やスポーツ、外出など身体を動かさなくなる
8. 飲酒量が増えた


うつ病の人には実感できる変化です。
でも、うつ病でない人でも、これらの変化には
気づくものだと思います。

ただ気づいても「どうしていいか判らない」というのが
本音でしょう。

裏を返せば、学校や企業、社会全般でのメンタルケアが
進んでいない現実があると思う。

ランキングに参加しています

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気

FC2 Blog Ranking

宜しければ応援お願いします
関連記事
[ 2008/01/11 08:32 ] 鬱病 | TB(0) | CM(20)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

ことはさん
三つの目標…、良いと思います。大切な物は、必ず手元に戻ってくると思うから…。
ゆっくり、ゆっくり、生きて行こうね。
[ 2008/01/12 23:37 ] [ 編集 ]
マミーさん れむさんへ
優しい言葉 本当にありがとう。

何だか 心が少し軽くなりました。

今は 家族にいっぱい いっぱい甘えたいと思います。

私は 小さい頃から 人に甘えるのが苦手でした。
小学校4年で 親に捨てられ それからは どんなことでも 一人で頑張ってきました。


だから 家族に甘えるのも 苦手なのかな…

[ 2008/01/12 16:04 ] [ 編集 ]
れむさん…
わたしも、れむさんの優しい思い一杯のコメントを見ると、とても嬉しくなるんです。

仕事もだいぶ慣れましたょ。何か…ミスをして注意をされるのも"新鮮"なんですよね…変ですが(苦笑)
回りは若い子ばかり、みんなテキパキと動き、とにかく仕事が早いんですよね!…ずぅとスローテンポ&マイペースな主婦だったので、びっくりしました。
まぁ~何とかなるだろうと、あまり考えずに始めた仕事ですが……今のところ何とかなってます…不思議と(笑)

相変わらず"家事下手"で、家の中は…悲惨な状態ですが、今年こそは"買わない"そして"捨てる"に努めたいと思います。
[ 2008/01/12 13:28 ] [ 編集 ]
りんさんへ
ありがとう…。
今、やっとのおもいで起きました。
眠剤を多めに飲んで寝たのに、夢ばかり…。
主人が遠くへ遠くへ離れて行くような複雑な夢。
がんばろう…。
大丈夫…。今まで生きて来たんだもん。何とかなる。そう思うしかないです…。
子供は女の子三人です。
9、8、4才。
まだまだ手がかかる年齢です。
下の娘の保育園の送迎すらできない…。
小学生の娘は自分でパンなど食べ、支度して登校してくれます。
本当、申し訳ない…。
これからどうなるのか全くわかりません。
とにかく主人を入院させて一日も早く回復させなければ、本当に家族がめちゃくちゃになってしまう。
辛い時はここに来ます。
りんさん、温かい言葉に感謝します。
また聞いて下さいね。
[ 2008/01/12 12:05 ] [ 編集 ]
マミーさんへ
マミーさんの名前を見つけて、嬉しくなって…。

マミーさん、ご無沙汰してます。体調はどうですか?お仕事は、慣れたかな?

マミーさんの優しい絵に励まされていたのに、返事を書く気力がなくて、今になってしまいました。いつも有り難うございます。

マミーさんのお子さんの言葉、昔、母に対して思いました。今は、息子に同じ事を言われます。

子供って、優しいね。
[ 2008/01/12 11:24 ] [ 編集 ]
わかさんへ
お帰りなさい。無事の帰宅、何よりです。p(^^)q

確かに男の子が二人もいたら、食糧も沢山要りますね。うちも中学生の男の子だから、想像出来ます。

わかさん、男の子は力持ちだし、お母さんに優しいから、助けて貰って良いと思うよ。
私もね、湯たんぽ作って貰いました。
その代わり、土曜日は移動パン屋さんが来るので、好きなのを買ってやりました。
そんなので良いんじゃないかなぁ…p(^^)q

こんな母も、ここにいます。
[ 2008/01/12 11:13 ] [ 編集 ]
わかさん…
わたしも同じ様な時期がありましたょ。全く動けず横になってばかりいて…本当に子どもたちに申し訳ないって、動かない頭と身体を恨めしく思っていました。
子どもたちに『ごめんね…』と言うと、長女が『お母さん…笑ってありがとうでいいんじゃないの』と言ってくれました。

確かに、逆の立場だったら…謝られるより、ありがとう!嬉しい!と言われる方が気持ちいいなぁと思いました。

わかさん、心にエネルギーがたまれば、自然に動けるようになりますよ。だから今は、子どもさんや旦那さんに感謝しつつ、身体を休めることが何よりの仕事なんじゃないでしょうか。

わたしなんて…
『みんなありがとうね』『お母さん"幸せ"だょ』『ゆっくり休ませてもらうね』…なんて、図々しく甘えさせてもらい、布団にもぐりこんでいます。

子どもは、何よりも母親に笑っていて欲しいのだと思います…
[ 2008/01/12 11:05 ] [ 編集 ]
れむさんへ
さっきの コメントは 私から れむさんへです。
何か おかしくなってしまってごめんなさい
m(_http://blog83.fc2.com/image/icon/i/F9B4.gif" alt="" width="12" height="12">_)m
[ 2008/01/12 10:33 ] [ 編集 ]
優しい言葉 ありがとう。

無事 帰って来ました。
一週間に一回しか 買い物に出れないので 一週間分の食材 買って来ました。

子供も食べ盛りなので 大変な買い物です。

私の旦那さんは 長距離ドライバーで トラックに乗ってるので 一週間に一回しか 家に帰って来ません。長男は 定時制高校へ行き 昼間は働いています。次男は 毎日 部活動…

家族 みんな忙しい中を私の買い物等を助けてくれています。

だから すごく 気を使うんです。

家族が 頑張ってるのに 何で私だけ 頑張れないんだろうって落ち込むこともあります。

だけど 今は れむさんさんが言ってくれたようにゆっくり ゆっくりするしかないですね。
[ 2008/01/12 10:29 ] [ 編集 ]
わかさんへ
わかさん、おはよう。
気をつけて行っておいでね。

私も、ここ数日、一人では出かけられなかったよ。昨日は、旦那さんに頼んで、病院だけは連れて行って貰いました。
夕飯も、買ってきました。
動けない時は、頼っていいんだと思うよ。
だって、わかさんも、家族が大変な時は、病気でもなんでも、動いて守ってあげるんじゃないかな?
私も、人にお願いするのが苦手で、情けなく思ってたけど、「助け合い」 は良いなぁと思います。

これは、此処で教えて貰いました。

わかさん、頑張っても良いけど、頑張り過ぎない様にね。ゆっくり、ゆっくりね。
[ 2008/01/12 08:37 ] [ 編集 ]
朝から 頑張って 一人で買い物に行ってみることにしました。

安定剤を飲み 気持ちを落ち着かせています。


普通の人からみれば 買い物なんて…って思われるかもしれませんが 私にとっては すごく 大変なことです。


献立も 深夜2時まで考えました。

雨もふってるし 憂鬱ですが 頑張ってみます。

家族にあまり 負担をかけたくない…
[ 2008/01/12 08:18 ] [ 編集 ]
U2さんへ
ご主人の転院の件
あとは病院の医師や看護士さん達にある程度まかせて今度は貴女と子供達の事を考えませんか?

子供への想いは私も痛いくらい同じように感じています。

貴女は自分も鬱病なのに
ご主人を支え子供達を養い精一杯やってるじゃないですか。

本当に頭の下がる想いです。

子供さん達は元気ですか?歳は、まだ小さいのかな?

子供は小さいながらに
親の事ちゃんと見てますよ。精一杯やってる貴女の姿を見てますよ。


子供さんへの愛をちゃんと向けていれば、
子供は肌で感じとって
貴女の味方に必ずなってくれますよ。


ご主人の事も心配でしょうが、今は貴女自身の事と
子供さん達の事に目をむけませんか?


辛い体で仕事をして家族を支えていくのは本当に大変な事で
なんて言葉をかけて良いのか…みつかりません。


こんな形でしか貴女の事を応援出来ませんが


同じ鬱病と戦う者として
お互いに励みになれる存在でありたいと思います。


応援しています。


疲れた時、苦しい時
ここのみんなを思い出して

独りじゃないから…。
[ 2008/01/12 05:58 ] [ 編集 ]
願いは
昔のことにこだわるのはやめよう。現実をみよう。新しい夢をみつけよう。三つの目標。
うつ病になる前には無かったこと。失ったものは病気にならなくても失う運命だったと思う。
病気でもちゃんと人生を歩んでる。自信を持って生きたい。
[ 2008/01/12 00:52 ] [ 編集 ]
転院…
とうとう主人が入院施設のある病院に転院することになりました…
私も支えるのに限界です。自分自身も鬱と闘いながら生活し、鬱の主人も支える立場でもあります。
しんどいです。
子供も三人いるし、私の体がたえられるか…
鬱を隠しながらのパート、家での内職…。
家族は回っていくのだろうか…。
でも主人が入院して少しでも回復するのなら今を乗り越えなければ…。
日にちも曜日も季節感さえわからない毎日。
パパもママもこんなんでごめんね…。
たくさんお話できなくてごめんね…。
おいしい料理作れなくてごめんね…。
楽しいところに行けなくてごめんね…。
[ 2008/01/12 00:35 ] [ 編集 ]
ブリさん
励ましメッセージありがとうございます。過眠症の私が 眠れません。気が張ってるのでしょうか… でも やるしかないですね。 仕事をする事により また新たなストレスが加わるかもしれませんが また落ちた時には 聞いて下さいね! ここの皆さんがいる事を励みに頑張ります! わかさん… 私の知り合いも 鬱になり一人では何も出来なくなりました。 そんな時は 誰でも頼って良いのです!情けないなんて思わないで下さいね。
[ 2008/01/12 00:25 ] [ 編集 ]
辛い…
買い物にも 一人では行けない。夕食の献立も 一人では 考えられない。市役所にも 銀行にも何処にも 行けない…


家族に助けてもらわないと 何もできない…

情けない…
辛い…

病気になる前は 買い物も大好きで 車に乗るのも 大好き すごく 活発だったのに…


今は 一人では 何もできない…



[ 2008/01/11 23:43 ] [ 編集 ]
なみださん
病気を抱えながら仕事をはじめるのは とても不安が大きいと思います。
仕事をはじめることは ある意味いい刺激になり 気分が変わるきっかけにもなるかもしれません。
でも 新たなストレスになる可能性もあるし 疲労感も増すかもしれません。

心と身体の声を聞きながら 無理しすぎないようにしてくださいね。
[ 2008/01/11 18:33 ] [ 編集 ]
いよいよ
明日から 仕事(パート)を始めます。不安でいっぱいです。経済的に大変で 私も働く事にしました。年末年始の疲れから昨日まで ずっと、ずっと激鬱で寝込んでました。鬱の波…本当に苦しいですね。皆さんは不眠症で悩んでいるようですが 私の場合は過眠症なんです。 とにかく 何日も寝る!眠れてしまうのです。これも苦しいですよ。 食事も全くしないで 死んだように眠り続けるんです。ここの皆さんは 鬱でも一生懸命働いている!私も 頑張ってみます。皆さんありがとうございます。感謝してます。 私も父親に罵声浴びさせられながら 育ちました。幼少から 価値のない人間だと思いながら育ちました。 だから気持ち解ります。
[ 2008/01/11 18:11 ] [ 編集 ]
ひなさんへ
初めまして
りんと言います。

ここのブログへ来る方は
みんな優しい人ですよ。


現実社会で辛い時は
ここへ来てみんなの胸をかりたら良いと思います。


鬱病はツライ…
私も本当にツライ。

もう五年も経つというのに薬がないと生活が出来ない

元気だった頃の自分を思い出しては、今の訳の判らない自分に落胆する。


でもね、ひとつ良かったと思う事がある。


人に優しくなれたこと


人の弱さを甘えと決め付け四角い考えしかなかった
昔の自分。


自分が鬱病になって
初めて人の弱さを理解出来るようになったんだ。


同じ鬱病に苦しむ仲間は
たくさんいるよ。
独りじゃないからね。
[ 2008/01/11 17:38 ] [ 編集 ]
はじめまして
私はうつ病になって1年経ちます。最初は家族とも会話ができずベッドにもぐりこみ真っ暗な部屋に閉じ込もっていました。毎日死にたいという気持ちと闘いながら、パニックと強迫性障害と闘いながら本当に苦しい毎日を送ってきました。私の母は母親とは言えません。小さい頃から虐待、家事もろくにせずご飯もまともに食べさせてもらえない、暴力、母の暴言に何度も傷つけられました。先日もボロカスに言われ、あんたがしんどいなら、私はあんたの何倍もしんどいわ!と罵声をあびせられ、大泣きしながら倒れる私を無視。もう死にたい思いを抑えきれずにバイクに乗って無我夢中で泣きながら走らせた所までは覚えてるんですが、きずけば姉の家に倒れこみ過呼吸とぜんそくの発作に襲われ落ち着いた時には堕ちて寝ていたみたいですが、ほとんど記憶がありません。この病気の苦しみはなった人にしかわかりません。毎日自分と闘い、自問自答を繰り返し、先の見えないゴールをひたすら待つしかない。普通の人に戻りたい…
[ 2008/01/11 14:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31