あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

年末年始に限ったことではないのですが
長期休暇に入ると、気分が沈むことがよくあります。

特に年末年始は、帰省、Uターン疲れはもとより、
お年賀による人の出入り、お酒による暴言、
あるいは「これからどうなるんだろう」という不安
そういうのが複雑に絡み合ってきます。

こんなときは、思い切って開き直る。
一々酔っ払いの相手はしてられません。
適当に相槌を打って会話を流す。
何か聞かれても「まあまあ」「ぼちぼち」ですます。

「これからどうなるんだろう」じゃなくて
「これからどうしたいんだろう」と考えてみる。

うつ病を治してスッキリしたい

漠然と治したいと思うよりは
書初めじゃないですが、はっきりと紙に書いて
壁に貼っておく。

これだけでも、気持ちは随分変わってくる。
治すためにどうすればいいのかビジョンが見えてくる。

過食をやめたいなら
「過食をしない」と紙に書いて壁や天井にはる。

目標が視界に入れば、心にブレーキがかかる。
あるいは行動できるようになる。

結局、自分の気持ちを変えるのは自分しかいない。
自分が何とかしようと思わないと変えられない。

辛いと思うのも「心」なら
治したいと思うのも「心」であると思う。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
関連記事
[ 2008/01/03 10:04 ] 鬱病 | TB(0) | CM(16)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

本当は生きたいんだよ
最近の自殺者は交通事故死者の約3倍なんですって。
でも社会はそんなこと重大に思ってはくれません。
今年の交通事故死者は…なんてニュースではよく取り上げられますよね。
でも、自ら命を絶つ人の数なんて取り上げてくれないし、社会もそれを蓋をしてしまいます。
悲しいです。
皆さん、死にたいって思う裏には本当は元気になって生きたいんです。
こんなに辛い!死にたい!の心の裏側は、生きたい!元気になりたい!
そうなんじゃないですか…?
辛いから死にたいって思う。元気なら生きたい。
そうですよね。
[ 2008/01/05 19:03 ] [ 編集 ]
ことはさん
ことはさん、ありがとうございます。
自分の不幸は特別に耐え難いものなんだと、自分の性格は特別生きにくい性格なんだとどこかで思っていましたが、ことはさんも色々あったことを知り、視野が広がりました。
自分の不幸を見つける天才にはならず、いいようにとらえて生きていく練習を頑張りたいと思います。
[ 2008/01/05 13:39 ] [ 編集 ]
ことはさん
ことはさん、ありがとうございます。
自分の不幸は特別に耐え難いものなんだと、自分の性格は特別生きにくい性格なんだとどこかで思っていましたが、ことはさんも色々あったことを知り、視野が広がりました。
自分の不幸を見つける天才にはならず、いいようにとらえて生きていく練習を頑張りたいと思います。
[ 2008/01/05 13:38 ] [ 編集 ]
コウさん
分かります。言い出せない気持ち。でも私は医者にいいました。生きることに私は向いてない気がすると。こんな性格じゃ生きられないと。
医師は
性格は変えられます。と言って下さいました。ただ、今は心のエネルギーが切れてしまったんです。今はどんな治療を始めても責められているようにしか感じません。治療が出来るようになるまでまずゆっくり休みましょうと。

死が頭をかすめたら、私は、すぐ受診しに行きました。そうやって誰かに話すと不思議と気持ちが少し楽になりました。
コウさん、死んでも更に苦しいだけだと思います。誰かに話すと楽になりますよ。
ここに正直な気持ち書き込んでくださったこと、みんな嬉しく思ってると思います。
[ 2008/01/04 23:58 ] [ 編集 ]
マミーさん

コメントありがとうございます☆少しずつ治して再発しないようにできたらいいなって思ってます。
今私が一番気持ちいいことは体を動かすことです。
中学以来、筋トレなんかやっていなかったのですが、スポーツクラブで汗を流すことがストレス解消になってます。早く働きたいな。

あみさん

こんばんは、「ことは」です。私も完璧主義なんです。
でも、誰でも完璧にしていても人間だから抜けているところもあると思うんです。
私がうつになった当初、小、中、高とトラウマになっていた出来事を色々思い出しては、不眠症と合い間ってボロボロに泣き崩れる夜が何度もありました。
それでも一年間は、そんな自分に蓋をして、レベルを落して頑張って自分を作って仕事をしたんです。
その結果、薬が安定剤から抗うつ剤になってしまったんです。だから今は休職中です。
拒食でやせ細った手首を見るたび、変な気持になることがたまにありました。
けれど、回復に向かう階段を昇るときが一番辛く、治りかけが一番危ないと助言してくれる人がたまたま傍にいたおかげであまり考えずに済みました。
私の主治医はリハビリ期とは明確には言うタイプではありませんが、時間が癒してくれると信じて頑張ってます。
[ 2008/01/04 23:56 ] [ 編集 ]
コウさんへ
確かに「死」の事を聞くのは辛いかもしれません。

でも

その「死」を ひとりで悩んで 辛くなりすぎて、万が一にも、意識、無意識に関係なく 自分を傷つけたり、死に陥ってしまったとき、そんなときこそ、相手は 傷つくのではと 思います。

無理に 話す必要は ありません。

ただ、
ためるのは オススメしません。

今の私みたいに アイスクリームメーカーやら 壁やら ボールやら 鍋やら 戸棚を破壊するようになります(苦笑)
家族も、私が物を壊しているのを知りつつあるようで、対応も、いい意味で少し変わってきているような、いないような・・・?

とにかく 私は これ以上エスカレートしないように(住めなくなる(-_-))身近な人に 少しずつ様子見ながら吐き出したり、blogで愚痴ってマス。

コウさんも、吐けるところでは 吐いて下さいねo(^-^)o
[ 2008/01/04 23:36 ] [ 編集 ]
ブリさん
ありがとうございます。確かに激うつを乗り越え、焦っていたように感じます。
もうすぐ一年になります。休養すれば治るだろう、長くても一年だろうって思い、一年もの間仕事もせず、家事もそこそこにしかせず治療に専念してきたのに。
今の自分は、まだまだでどこか焦っていたと思います。
小学校三年くらいのときには既に何回か死にたいと思っていました。
体を軽く切ったりしたのは中学の時。高校では体を壊して挫折を味わい、少しうつでした。社会人になり、完璧な仕事をしようとしたことと色々なことが重なり、気がついたら、パソコンを開くことも出来なくなってました。
何人かの人に指摘され、うつになった友人の症状に似ていたのもあって、受診しました。
あれから一年。
まだまだ時間はかかるんですねhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F9A5.gif" alt="" width="12" height="12">
[ 2008/01/04 23:31 ] [ 編集 ]
運転…
今日は落ちてました…鹿も一日中「死」を考えながら。
例え病気のせいだと分かっていても、死を考えてしまう事は辛い事ですよね。
私は出来れば考えたくないです。最近幸せと感じれる時がいっぱいあるから。でも、どうして幸せなのに死がよぎってしまうんだろう…。
今日の私は怖かったです。母の用事で運転してても「これ暴走したらどうなるやろ」とか考えてる自分がいました。
鬱の事は母が理解してくれてますが、死を考えることは誰にも言えません。聞く人にとっては辛すぎますよね…
[ 2008/01/04 21:51 ] [ 編集 ]
あみさん
リハビリ期の少し手前のように感じたけど…。波があるから 今 不安定な気持ちになってるときだと思うけどね。
『リハビリ期』という言葉にとらわれて、少し焦りが出てないかな?
クスリの種類や量は 医者が患者さんの様子をみながら決めるけど 不安な気持ちが続いたり 涙が止まらない日が続くようなら 頓服としてクスリ出してもらえると思うから 診察のときに症状を話してみてね。

泣きたいときは泣いたほうがスッキリするときもあるから がまんしなくていいよ。


完治は します。
再発の可能性もあります。
完治しなくても 病気と付き合っていくという方法もあります。

休養はどうかな…たぶん 充分休めば、『なにかしてみようかな』って気持ちが出てくるんじゃないかな。そのときに動きすぎると疲れてダウンしちゃうんだけどね(^_^;
身体も精神的にも疲れやすいのも症状だから、疲れを感じる前にできるだけ休む。できることを少ーしずつやってみる。
できれば そう過ごしたほうがいいんじゃないかな。

あとね、病気でも自分は自分だから 責めたりすることないから(^-^)
[ 2008/01/04 19:25 ] [ 編集 ]
ブリさんありがとうございます。私は一応リハビリ期なんです。ここ2、3日は泣いたけど秋くらいからしばらく泣いたりもしないくらいだった。
昨年末の受診で幼いときの家庭の話をした。それから少しずつ落ちてったかな。薬はあんまりくれない主義の先生だから、薬の量はもともと凄く少ない。昨日の夜は涙が止まらないので、就寝前に追加で飲みました。それでも、きっとみなさんより、ずっと少ない量。トリプタノールっていうんですけどね。今更量増やされても大変だし、認知療法とか自分でしてます。
休養を充分にしたらいいっていうけど充分って自覚できるものなのでしょうか?
完治ってするのかな?
泣いたりしなくても、自分を責めたりしなくても、何もしなくても疲れる。何かしたほうが気が紛れるときもあるけど、してもしなくても疲れる。
何が精神的な休養になるのか分からない。自分に疲れる。
[ 2008/01/04 18:43 ] [ 編集 ]
ことはさん…
初めまして。

そぅですよ…一人じゃありませんからね(o^-')b

たしかに辛い病気ですが、不治の病ではないですよね。そして、どんな病気もそぅですが、病気になって改めて普段の何気ないこと、当たり前なことに"感謝"できるんですよね…。

わたしも激鬱を乗り越えるたびに、いろんなことに気付かされ、また逞しくなっていますょ。

ことはさんも、今は郷里でゆっくりと身体と心を休ませる時なんだと思って、しっかりと休養して下さいませね。


うつうつ君…
"心"の持ち様って、本当に大事ですよね。
悲しいかな…この病の人って、他人と比較したり、物事をマイナスでとらえることに関しては、非常に長けていますから…
これが、逆になればいいんですよね。自分は自分…マイペース、物事は何でもブラスにとらえる!…かな。

『少女ポリアンナ』という本がありますが、その中で少女ポリアンナが『良かった探し』をする場面があります。何でも…一見不幸に見えることでも『…○○で良かった…♪』と、プラスにとらえ自分に言い聞かせるんです。
なかなか本の主人公のようにはうまくできませんが、それでも"意識"して普段からそぅ思うクセをつけていく"練習"をすると、心が落ち込みにくくなります。


年末年始とお休みなしで働いてました。…というか、働けるまでに元気になりましたかな(笑)
ここでみんなと出会えたおかげですね…皆さんありがとうございます。
[ 2008/01/04 14:46 ] [ 編集 ]
管理人様、はじめまして
管理人さん、はじめまして。
「ことは」です。偶然にこのブログを発見し、癒されてしまったので書き込みさせて頂きました☆

私は一年半前にうつ病と診断されました。
原因はたぶん、過剰な仕事量と長時間労働だったと思います。大好きな仕事だったのですが、親の薦めもあって泣く泣く退きました。
それから一年間は、安定剤を服用しながら好きな仕事を続けましたが、半年前に体調が悪化したので実家に戻りました。

いつ襲ってくるやもわからない体調不良と常に疲れやすくなってしまった体、それから何故か不器用になってしまった人間付き合い。心が何に対しても反応しなくなったかと思えば、2,3日後に急にその時の状況やその人の言葉を思い出して、その人が言いたかったことに気がついたり、迷惑をかけてしまったことを後悔したりします。これほど辛いことは今まで経験したことがありません。。。

そんな自分に負けてはならぬと頑張っているのですが、最近あることに気が付きました。

自分に負けるとかそういうプライドを捨てた方が楽だということに。

勉強しても集中できず、人に話したこともよく覚えておくことができない状態ですが、自立、自分を諦めたくありません。

友達に気づかれないようにふるまったりとか、恋人ともうまくいかなくなってしまったのですが、今まで忙しく生きすぎていて見えなくなってしまっていた何かが、この休養の中で見えてきたような気もします。

以前、健康だった頃は周囲に自分を理解されていなくても平気だったのですが、最近は家に誰もいなくなったりすると不安になったり、妙に人に期待しすぎて空回りをしてしまうことがあります。
体もあまり動かないので一日が半分しかないような感じがします。

それでもこの体をもとに戻したいのでヨガをならったり、水泳をしたり、外に出るように心がけています。
空回りしてしまっても人と会いたい時は会うようにしています。
そういうことが逆に負担になり、病気の回復を妨げているという解釈もあることは知っていますが、この病気になってしまった以上、社会復帰した時に過度に自信を失ったり、反動を受けるのが怖いのです。
いつか、また自分が戻ってくる日を信じて絶対に乗り越えたいと思っています。

このブログを見て、一人じゃないとわかったのでまた今日からやっていけそうです。
[ 2008/01/04 12:52 ] [ 編集 ]
管理人さんありがとう
うつ病新人の主人には、まだ具体的に病気との付き合い方がわからないようで、何度も私が
『年末年始はリズムが崩れやすいから、普通に…普通に…』
と言い聞かせましたが、意味がわからず、暴走し始めて、結局大変なことになってしまいました。
おかげで私も三日寝込んでます。
主人には具体的な目標や治し方、気をつけることを紙に書いてあげたいと思います。
管理人さんのブログは非常に勉強になり、ありがたく思っています。
結局最後は自分自身との戦いで、治して行かなければなりません。
漠然と薬を飲みながら休養していても進まない!
って言っても闇の中から少しの光を見つけるまでは非常に辛い日々を乗り越えなければなりませんね。
必ず見つかる!必ず見つける!
小さな光が差し込む場所を!
[ 2008/01/04 01:35 ] [ 編集 ]
はなさんへ
全然気にする事ないですよo(^-^)o
順番も関係ないと思いますしね(^_-)-☆だだ皆さんに理解してもらおうと思い、やっただけの事です。
[ 2008/01/03 18:56 ] [ 編集 ]
はなさんへ
不愉快ではないんですけどね。
入院とかはこちらから強制できるものではないんです。
だから、ご自身が検討に入ったことは、いいことだと思います。
[ 2008/01/03 14:56 ] [ 編集 ]
haru→改名コウさんへ
>コウさん(前:haruさんへ)すみませんhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F997.gif" alt="" width="12" height="12"> はる(現在はな)デスhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F945.gif" alt="" width="12" height="12"> 後から来た私が名前を変えたのですが、皆さんにアナウンスするのを忘れていました… 御免なさいhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F997.gif" alt="" width="12" height="12">http://blog83.fc2.com/image/icon/i/F998.gif" alt="" width="12" height="12"> 私のせいで改名されたんですよね…本当に御免なさい!! >管理人さんへ ごめんなさい。私の書き込みのせいで非常に嫌な思いをされていると思います。おっしゃる通り私自身が過食を治そうと努力しない限り。改善はされないと思います。毎日治そうと努力したり、意志を持っています…が、衝動的に気がついたら口に入れてしまっています。特に買ってくると云うわけでなく緊急時非常用のカンパンを食べるなどなんでも良くなっています…これ以上管理人さんにご迷惑や不愉快な思いをさせるわけにはいきませんので入院など検討します… ありがとうございました
[ 2008/01/03 14:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。