あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

苦悩

うつ病に限らず、長い病気になってしまうと

収入の減少から来る生活不安や

あまりの長さゆえの罪悪感、もどかしさ

悔しさで心が支配されてしまいます。

辛い病気だとは判っていても、

その辛さは想像を絶します。

半狂乱になって「生きるのが嫌だ」と考え

発作的に薬を大量に飲む

私もやりました。

収入にしても月平均7万円くらいです。

保険料や医療費を払うと、どれほども残りません。

それでも私は生きている。

理由は未遂をしたときに見た風景
(ずっと前にも書きましたが)

音も風も気配も感じられない漆黒の闇

とても寂しいところでした。

自殺をすればここに来るんだ…

闘病は辛いけれど、こんな所に来るのは

もっと嫌だ!

現世で苦しみ続けて、あの世でも苦しみ続ける

それは嫌だ!

だから生きてきた。

今、私は致命的な別の病とも闘っています。

辛いし、苦しいけど

それでも生きていようと思う。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
関連記事
[ 2007/12/08 10:31 ] 鬱病 | TB(0) | CM(31)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

あみさん
今 つらいときみたいですね。

苦しいことに意味があるんじゃなくて 生きていることに意味があるんですよ。

つらさや不安も 生きてて病気だから症状として波が来るんです。

涙が出るときは 思いっきり泣いていいから。
生きるのは怖いことじゃないから 大丈夫(^-^)
[ 2008/01/04 08:25 ] [ 編集 ]
苦しいことにも意味があるんですよね。きっと這い上がった時、その意味が分かるんでしょうね。

今日は不安定で泣いてばかり。生きていることが理由もなく怖いというか不安になる。ただ耐えるのみ。
[ 2008/01/04 00:38 ] [ 編集 ]
苦悩の意味
この体調で’日常生活’を送るのは、それだけで試練のように辛いです。

皆にとって元気で幸せで当たり前で難なく過ごせる’日常生活’が、私たちにとってはとても困難で、それこそ拷問のよう。

でも、こうした苦しさを知るからこそ、何でもないことに感謝できるようになるのではないでしょうか?

夜があって、朝がある。

この苦しさにもきっと意味があるし、
こうした苦しさを経験しているからこそ
感謝も、優しさも人一倍深くなるのではないでしょうか。



[ 2008/01/03 22:57 ] [ 編集 ]
ブリさん・りんさんへ
この場所はうつ病で苦しんでいる人達の生の声が聞けるので「自分だけが苦しいのではないんだ」という事がよく分かり励まされます。
コメントされる方同士がお互いに助け合ってる所がすごくいいです。
みなさんの言葉に助けられた人達もたくさんおられると思います。
うつ病は孤独になりがちなので、うつうつ君の言葉やみなさんのコメントで少しでも安心できる人がいればいいと思います。

ブリさん・りんさんコメントありがとうございます。






[ 2007/12/11 02:05 ] [ 編集 ]
りんさん
りんさんが走り続けなければいけない状況は 以前と変わっていないかと思います。
でも この書込みを読んで安心しました。

生活の状況や瞬間的な気持ちはそれぞれ違います。症状も違うかもしれません。
それでも 同じような苦しみやつらさをわかってくれる人がいるこの場所 大切でありがたい場所です。

りんさん 息切れしてしまうときもあるかもしれませんが、身体も気持ちも大切にしていきましょうね(^-^)
[ 2007/12/11 01:30 ] [ 編集 ]
エムさん&ブリさんへ
この場所は、鬱病の人達にとって心のより所かもしれません。
鬱病になってみないと解らない苦しみや不安、死さえも考えてしまう事、波がきた時の何ともいえない気持ち…どれをとっても
すべては病気がそうさせている事ですが、どんなに
苦しくても辛くても何も出来ない状態でも
「自殺」だけは絶対にしません。自分を保てず何もかも手につかなくなっても、どうか皆さんも「自殺」だけはしないで下さい。
本来決められた寿命を自ら絶つ事は殺人者よりも罪深い事だと聞いたことがあります。死にたくなる気持ちは私もあります。苦しいです。
でもキレイごとでも何でもなく、同じ鬱病と戦ってる者として皆さんに自ら死んで欲しくないのです。
私のトンネルもいつ抜け出せるか解りません。
でも、止まりながらも一歩ずつ歩いていけば抜け出せると思ってます。
あと何年?あとどれくらい?先が見えず苦しくて泣いても寝てるだけの日々でも良いんです。
それでも、生きてて下さい。同じ気持ちと苦しみで
私も生きていきます。
[ 2007/12/10 18:56 ] [ 編集 ]
マミーさんへ
優しいコメントありがとうございます。
今は とりあえず 家族に助けてもらって 生活します。昨夜から 落ち込みが激しくて あまり 上手く書けなくてごめんなさい。
[ 2007/12/10 17:18 ] [ 編集 ]
エムさん
同じ読者として そしていくつかの騒動にかかわった者として エムさんのコメントありがたく思いました。

死を考えてしまうのは この病気の症状として しかたないことです。
私は、自分の中で信じていることや…エムさんの言われる『魂』につながることです… 肉親の突然の死、ガンの再発の恐れを抱きながらもたくましく生きている友人、葬儀に携わる仕事をしている友人など『死』を見つめる機会が何度かあったおかげで 自分で決断しなくてもいつか誰にでも死はおとずれるものなんだ と思うようになりました。
エムさんの『生きていきましょう』という言葉で なんだかホッとしました。

ありがとうございます。
[ 2007/12/10 16:56 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
このブログを半年前位からずっと見ていました。
気にいっていたのに荒らし行為等でうつうつ君が苦労されているのが辛かったです。
あたたかいコメントをされている人達をみるたびにいい所だな~と思っていました。
やっと最近前のブログらしくなり嬉しく思います。

うつ病は死にたくなる病と言っていいと思うほど自殺願望が強くなります。その他色々な症状が出てなかなか理解されないのが辛いです。この苦しさは当事者しか理解出来ないと思います。私も自殺願望が強く出て取り憑かれたみたいに「死ななければ」と思い未遂に終わった事があります。今も時々でます。いろんな本を読み体験談を聞く事で少しは前向きになりつつあります。
長い年月がかかりました。

「自殺をしても楽にはならず苦しいままです。どんな事があっても自死だけはしないで生きて下さい」と聞いた事があります。たとえホームレスになっても生きている事に価値があり、魂にとっていいそうです。私は無宗教ですが魂の存在を信じています。
だから今までくじけそうになりながらも、なんとか生きてきました。
死ねなかったのは生かされたんだと思う事が少しずつ出来る様になりました。
救命センターの本を読んだ事がありますが、助かる人は自殺しようとした人が多いそうです。
不慮の交通事故で亡くなる人の方が多いそうです。

だからうつうつ君・皆さん生きていきましょう!辛くて苦しいけど愚痴を吐きながらでも寿命が来るまで生きていましょう!

偶然にもうつうつ君の削除された発言を見てしまい驚きとともに心配していました。この文章を読み少し安心しました。このブログで助けられた人がたくさんいます。
私もその1人です。ありがとうございます!

みんなと共に乗り越えていきましょう!
[ 2007/12/10 15:34 ] [ 編集 ]
わかさん…
全然ダメじゃないですょ…。辛くても苦しくても、今わかさんは一日一日を必死に生きているじゃないですか。

そんなわかさんを助けてくれる人がいて…感謝ですね。

きっと、わかさんが元気になったら、今度は困っている人を助けるお手伝いが出来ると思いますょ。

だから…今は回りの好意に甘えていいのですょ。
[ 2007/12/10 12:38 ] [ 編集 ]
普通
『普通』というのは 当たり前のようで 人それぞれ違うものです。

自分の意思表示さえ難しかったり、自分の力で動けない人もいます。
それでも、不幸と思うかどうかはその人や支えている人しだいです。

自分の思い描く『普通』を追い求めて絶望感に襲われるより 今 自分にできることを大切にしたほうがいいと思いますよ。
[ 2007/12/10 08:57 ] [ 編集 ]
・豪華な生活なんて望まない…

普通の、本当に「普通の生活」が出来れば、それだけで良いんです…。

・友達と服を買いに行ったり、欲しいCDを買ったり、美味しい料理の材料を買ったり、灯油があればストーブだってつけれる…

そんな普通の人には「当たり前」な「普通の生活」をしてみたい…。

・暖房の効いた暖かい部屋で、家族で食卓を囲む。
テーブルの上には、白いご飯と暖かいお味噌汁、こんがり焼けた芳ばしい焼き魚…
美味しい食事を食べながら、弾む会話。絶えない笑い声。

近くて遠い、私の夢ですね…


・今目の前にある「現実」が「当たり前」だと思ってはいけない…。

ある意味、平凡な普通の生活を続けることが、一番難しいのかもしれませんね…。
[ 2007/12/10 01:40 ] [ 編集 ]
笑えた
週末は最悪な時間を消えてしまいたいほど、苦しかった。みなさんの言葉に励まされながら何とか峠を越えました。
今日は笑うことができました。
きっとみなさんも思うことでしょう。平凡でいい普通でいい、ただ普通の生活ができることがどれだけ幸せか…。
特別なことなんていらないんです。ただ普通に楽しいと感じ、おいしいと感じ、普通に生きていることがいかにありがたいことか…。普通に生きていたいです。
[ 2007/12/10 00:20 ] [ 編集 ]
ごめんなさい
皆さんのコメントを読み少し 元気になったのに 今日は また 辛いことがありました…
誰かの 助けがないと 何もできない 自分が嫌になります。苦しい…悲しい… 私って やっぱりダメですね。
[ 2007/12/09 23:37 ] [ 編集 ]
マミーさん、みなさん
ありがとうございます。書き込みへの返事をくださったことがすごく嬉しく思います。辛いのは私だけではなくこのサイトに来ているみなさんもすごくすごくツラいですよね。頑張らないでマイペースにゆっくり、たとえ変化のない毎日でも1日いちにちなんとか過ごしていきましょう…一緒に。私には皆さんが必要です。だから自信もってください。私も誰かに必要とされるようになれたらいいな…
[ 2007/12/09 20:10 ] [ 編集 ]
みいさん…
ここまで一人でよく頑張ってきましたね…負けそうになる気持ちを、一生懸命に支えたてきてくれてたこと…とても偉かったですね。決断するのも、すごく勇気がいったと思います。

…まだ若いみいさん…これからの人生で、今まで経験してきた様々な思いは、絶対に無駄にはなりませんょ。

どうか親御さんの元で、ゆっくりと心と身体を休めて下さいませね。元気になれば、自然とみいさんのこれからも見えてきますょ…絶対大丈夫ですらね。
[ 2007/12/09 08:44 ] [ 編集 ]
おはようございます
辛くてどうしようもない時は、明日なんていらない。今日、この場で終わってしまえ…と思っていました。

でも、夜が明けたら朝は必ず来るし、冬が終われば春が来ます。

昨日、一日乗り切れた私達は、生かされてるんだと思います。

皆さんのコメントを読ませて頂いて、本当にがんばり過ぎて疲れてしまったんだと感じました。

自分以外の大事な人の為に、身体を酷使し、神経を擦り減らし…。辛い中、まだ罪悪感に苛まれている…。

もう頑張らなくても良いですよ。人の為に十分尽くしたのだから、これからは、ペースを落として、自分を許してあげましょうね。

親は子供が生きているだけでも嬉しいのです。子供も親がいてくれるだけで、安心します。

いつか、少しずつ出来る様になるから、今は身体と心を休めようねp(^^)q
[ 2007/12/09 08:38 ] [ 編集 ]
皆さんのコメントを読み励まされました。苦しいのは 自分だけじゃないんだと 思いました。
生きよう…小さな一歩かもしれないけど 踏み出してみよう…
必ず ‘光,は 見えますよね。
[ 2007/12/09 07:52 ] [ 編集 ]
マミーさんへ
優しい言葉ありがとうございます。休学することになりました。みんなと一緒に最後までいたかったです。さみしいです。これから私には何が残っていくのか、どうすればいいのか…。とりあえず親を悲しませないように死ぬなんて思わないようにします。マミーさんの言葉に励まされました。ありがとうございます。
[ 2007/12/09 04:03 ] [ 編集 ]
みなさん…
>はなさん…
孤独な思いを抱えながら、今日一日をよく頑張って生きましたね。とても偉いと思いますょ。
そして、誰もはなさんのことをうっとうしいなんて思いませんょ…どうか辛いことや苦しい思いがあったら、またここに書き込みして下さいませね…。


>優希さん
本当ですね…極限状態の時に、人のことなどを考える余裕はありませんませんもんね…それくらいに辛く苦しいんですよね…この病は…。


>みぃさん…
とても辛いですね…。自分を責める気持ちもよく分かります。もぅこころが悲鳴をあげているのだと思います…。だから、とにかくみぃさんの心も体も休めるために、親御さんのもとで休学することを考えてみたらどうでしょうか……長い人生からみたら、決して逃げることではありませんよ。…今は病のせいで、必要以上に回りが気になっているみたいですが、必死な思いで一生懸命生きているみぃさんを悪く思う人間がもしいたら、その人がおかしいのです。
どうか、もぅそれ以上無理だけはしないで下さいませね。(……わたしも親御さんの立場ですから、娘になにかあったら…とても悲しいです)
[ 2007/12/09 01:00 ] [ 編集 ]
うつが酷くなると、絶望的な気持ちになります。
死にたくなります。

私は寝たきりの状態から抜け出し、今は家事ができるようになりました。時々外出もできるようになりました。
目標は社会復帰すること。…仕事をする、薬がいらなくてもいい状態まで回復する、それと不妊治療をして、子供を産むことです。
うつには負けたくありません。
いつか必ず治ると信じています。
「私は早く死ぬかもしれない。」と言った時に祖母に笑われました。
「死期が近づく人は仏様に近づく。若い人でも、年をとった人でも関係ないよ。
運命があるし与えられた時間ははじめから決まっているんだよ。
与えられた試練をこなさないと迎えはこないよ。迎えが近い人は本人の意識の有無に関わらず心が丸くなる。
だから迎えが来た時、いなくなって周囲にいい人だったって思われるんだよ。
花梨はまだ何もしていない。だからまだまだ迎えはこないよ。」って。
生かされているんだなって思いました。
辛くて苦しくなる時はありますが、出口は必ずあると思います。

諦めずに生きてみませんか?
[ 2007/12/09 00:33 ] [ 編集 ]
今日は何度泣いたことでしょう。過呼吸にもなって…。地球ごと爆発して人類が滅亡すればいいのに…。
苦しくてたまらないのに誰に手を差し延べていいか、誰が助けてくれるのか、孤独感が襲います。
友達に言ったところで理解されないし、逆に『気晴らしすれば!頑張ってよ!』なんてバカバカしい答えしか返ってこない。結局また孤独感。
母親として何もしてあげられなくて子供達ごめんなさい。
[ 2007/12/09 00:32 ] [ 編集 ]
私もです
収入
薬の大量服用
半狂乱になって生への絶望。

全部今の私にあてはまっている話で、
ちょっと驚いてしまいました。

うつ病の方なら、誰でも通る道なんだな、とも思いました。

ここ数日は、生きるか死ぬか、という選択を迫られていましたが、
やっと落ち着くことができました。

またこういう日がやってくるかもしれませんが、
そのときも、どうか、生きる選択をしたいと思います。

こちらのブログを読んで、そう思いました。

ありがとうございます。
[ 2007/12/09 00:29 ] [ 編集 ]
みんな一緒に生きよう。元気な人から言わせれば、何当たり前の事言ってるのかと思う事でも、私達鬱の者にはとても辛い事。だけど、今必死にもがきながらでも生きている、それで充分なんですよ。みんな、自分自身が怠けてるだけと思ってるけど(私も含め)、生きてるじゃないですか。それって凄く立派な事だと思います。死を考える時ってすごく辛く、悲しいですよね。私も辛いです。だって、心の奥底では生きる事を願ってるから。
みんな1人じゃないですよ。うつうつ君が開いてくれたブログの仲間、それはかけがえのない、あなたたちの仲間です。
[ 2007/12/08 22:37 ] [ 編集 ]
はじめまして
はじめまして。
私も仕事始めてから、接食障害やらパニック障害やら、最近は診断書でて『うつ状態』で一週間自宅療養…ですが仕事何とかしています。
[ 2007/12/08 21:39 ] [ 編集 ]
どうしようもない…
死にたい…。薬を見ていると「とりあえず明日から逃れられれば…。」…と大量に飲んでしまいたくなります。今は学生で一人暮らしなのですが家族は「休学してもいい」と言ってくれています。でも「また逃げるんだ…」と思うし、思われそうでどうすればいいか分かりません。生まれてこなければよかったです。
[ 2007/12/08 21:14 ] [ 編集 ]
夢幻闇蛍
管理人さんの漆黒の世界がどんな世界だったのか、わかりませんが、保護室は生き地獄だったのを覚えてます…

あるのは布団とトイレだけ…鍵は閉められ、監視カメラが2台、柱で遮られ、光のささない部屋。

消えてしまいたい気持ちはまだ確かにあるけど、未遂をすれば、またここに来てしまう…だから私も漠然と「生きて」います…。

「世の中には生きたくても生きられない人がたくさんいるんだから、死ぬなんて言わないで!」とよく言われますが、やっぱりその時の本人の精神状態って、世の中の他人のことまで配慮出来ないですよ…。

みなさんも同じなんですね。
[ 2007/12/08 20:54 ] [ 編集 ]
今日も…
1日家でご飯を食べ、テレビhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8EB.gif" alt="" width="12" height="12">を観、また夜が来ました。何も変わらない。孤独な1日でした。明日もまた同じなんだろうな… 私は独り。誰にも必要とされず。もし私が今死んでも何も変わらないんでしょうね。この書き込みがただ残るだけ… みんなが私をうっとうしいと思っている気がします。すみません。
[ 2007/12/08 19:41 ] [ 編集 ]
冬は必ず春になる…
価値があるから生きているのではないですよね…どんなに状況であれ、生きていること自体に価値があるのですよね…。
そして、どんなに厳しい冬も、必ず暖かな春はやってきます。

生きていることが本当に辛くて、わたしも何度も消えたいと思ったことがありました。この世の中で、自分が一番不幸だとも思ってました。

あまりに苦しくて、思いあまって死のうとした日に、3才だった娘が"脳梗塞"になり、もぅ自分が死ぬどころではなくなりました…。
今思い返しても…"無限地獄"という言葉がありますが……まさに、底無しの地獄に真っ逆様に落ちていく心境でした。
付きっきりで看病するなか、後から分かったのですが、子どもを道連れに五階病棟から飛び降りるのではないかと、看護士さんがベランダを夜通し見張っていたそうです。

…でも、人間なにが幸いするか分かりませんね。そんな病気になった娘のおかげで、母親としての本能を取り戻すことができて、劇的にわたしの病気がよくなったのですから…本当に不思議でした。

そして、当初よくて半身不随だろうと言われた娘も、その後奇跡てきに良くなり、今では元気に高校生活をおくっています。

必ず"光"は差します…。

ここにくる人たちが、自分を含め、病気に負けないで幸せになることを…心から願っています。
[ 2007/12/08 18:44 ] [ 編集 ]
うつうつ君へ
昨日から本当に生きているのが辛い。死にたくないけど、生きているのが苦しい。でも、さらに先にそんな暗い闇があるなんて…うつうつ君も苦しかったことでしょう。
うつうつ君がこうゆう場所を作ってくれたおかげで、苦しんでるみんなの声が聞けるし、自身も吐き出せる。
生きよう!みんな一緒に生きよう…
[ 2007/12/08 13:12 ] [ 編集 ]
うつうつ君さん
うん。
一緒に生きて行こうね。
生きていれば、きっと、いい事があるから。
きっと誰かの、何かの役に立ってるから。

うつうつ君さんが、此処を続けてくれてるから、私も助けられてる。

この場所で皆に会えた。
だから、一人もこぼれる事なく、一緒に乗り越えていきたいです。
[ 2007/12/08 12:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。