あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うつ病性障害10

昨日ほとんど治りかけているとご報告しましたが
この時期に一番気をつけないといけないことを
今日は話します。

実は私は大学在学中に最初のうつ病を経験しています。
このときは3ヶ月くらいで治ったのですが
大きな間違いをしたため、即再発し、さらに半年の
闘病を強いられました。

大きな間違いとは?
治ったと思って、自分の判断で薬を飲むのを、
そして病院へ行くのをやめたんですね。


2週間くらいで不安と絶望に心が覆われました。

それまで薬で安定させていた心が、
薬断ちに耐えられなかった訳です。

どんな病気でもそうですが、
治りかけが一番危ない時期です。

医者と相談しながら徐々に薬を減らして
身体と心を慣らしていかないと大変なことに
なる場合があります。

治りかけている人は十分気をつけて下さい。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします

<今月のおすすめ書籍>
私がうつ病を改善させるきっかけになった書籍です
自分が気づいてないことを気づかせてくれるそんな本です

興味がある方は是非、ご購読下さい。著者はうつを克服した方です
(ネット販売限定品2000円です。携帯からは購入できません)

この本であなたが気づくことは
・批判されない人はいないということ
・期待しなければ自由になれるということ
・自分の全てを受け入れるということ
・慌てず、焦らず、諦めずということ
・あなたが責められているのは「立場」であるということ
などです。

【精神保健指定医推薦の本】
「心をプロの社会人にするための法則」
関連記事
[ 2007/07/25 10:21 ] うつ病性障害 | TB(0) | CM(15)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

花梨さん、ゆんゆんさんへ
暖かいお言葉ありがとうございます
家族の中でも1番うるさく言っていたのが
母だったので、その母に話せた事は
私には大きく、もう家族の前で無理しなくていいのかな?と思いました
うつ病になった本人でも理解に苦しんだから
周りは、もっと理解するのに大変ですよね
とりあえず、彼からも親に説明してもらう予定です
また、どうなったか報告しますね
[ 2007/07/26 08:19 ] [ 編集 ]
愛華さんへ
いや~。お母さんの理解が一歩進んでくれたみたいで良かったです^^

しかも私が薦めた本を、お母さんに渡して、しかも受け取ってくれたとは・・・
ちょっと感激でした。

愛華さん、またお母さんともに治療に向けての大きな一歩を踏み出したと思います。

後は、お母様も本を読んで、うつ病って今まで思っていた怠け病とか、気合でなんとかなる病気ではないんだと実感してくれることですね。

きっとうまくいくようになると思います^^

ご家族で協力して完治に向けて進んでいってください^^

また何か、悩みもあったら気軽にここに来てくださいね^
[ 2007/07/26 07:20 ] [ 編集 ]
茄子さんへ
私はほめられたことでもないし、ホントはいけなかったのですが、睡眠薬を飲む直前くらいまで、お酒を飲んだりしてました(結構な量を)。最悪、お酒で薬を飲むことも・・・
これは、本当は良くないのでまねはしないほうがよいです

私は、最近、献血での血液検査の肝臓の値が良くないので、お酒を減らすようにし始めましたが・・・。

お酒自体はうつうつ君さんの言うとおり、2時間ほど空けたらよいと医者にはいわれてます。

また、睡眠薬は夜寝る前にとらないといけませんが、抗うつ剤のパキシルは朝飲んでます。

あまり、深刻にならず、薬の飲み方も含め先生に相談してはどうでしょうか?お酒の好きな人は、お酒をやめること自体が大きなストレスになったりするものですもんね。

無理せず、自分を責めることなく先生に相談してみてください^^
[ 2007/07/26 07:13 ] [ 編集 ]
茄子さん
お久しぶりです。こまろです。いろいろありました。すごく悩んでいる事があるのですが、その前に茄子さんのお酒について心配で。自分の事はまた別途書かせて頂きます。私も昔は辛い事、悲しい事、苦しい事をお酒で紛らわしていました。最初の数年はよかったのですが、だんだんとお酒を飲んだ後に激鬱がくるようになりました。どうにもならないくらい悲しい気持ちになりました。だから今は限られた人としか飲みません。あとアル症になるのが怖かった。知人にアル症が二人います。アルコールと鬱はワンセットな事が結構多いです。そしてアル症は鬱以上に地獄のように見えます。一度アル症になれば完治することは一生ありません。お酒との戦いの日々が死ぬまで続きます。知人のうち一人はもう長くないです。まだ39歳なのに。だから、鬱の完治の為にも、お酒を少し減らしてみて下さい。自分の幸せの為にも考えてみて下さい。
[ 2007/07/26 06:11 ] [ 編集 ]
茄子さんへ
病院に行ってこられたんですね。
良かったです。
抗不安薬を飲むだけでも少しは不安が和らぐと思います。
管理人さんがおっしゃるように薬はお酒と飲むと危険です。私事ですが、義父がアルコール依存性と鬱で通院しています。
自分を責めることはないですよ。
医師と相談して今後の治療面でいい方向に進んでいけばいいですね。
[ 2007/07/26 04:40 ] [ 編集 ]
愛華さんへ
お母さんに話せて良かったですね。
私の実家の母親も始めは怠けてるとか、みんな悩み位はあるととりあってくれませんでした。
通院することも薬に対しても始めは否定的でした。
でも、今は理解しようとしてくれています。
通院の時やひどい鬱で何も出来ない時は娘を預かってくれました。
家族は始めはとまどうと思います。
特に病気に対する知識がないと余計に。本人にとって苦痛でも他の人には心の中は見えませんからね。
本を渡せて良かったですね。
きっと、いつか理解してくれるようになると思いますよ。
[ 2007/07/26 04:26 ] [ 編集 ]
〈なみださんへ〉
同じですね。子供がいると母親は休めませんもんね。
前はなんでも完璧にしないといけないと思っていましたが最近はできる範囲でいっかと思うようになりました。
将来のことを考えて私も不安になったりもしますが、先のことはわからないので考えて不安になるより今、目の前にあってできることを少しずつこなしていくうちに良くなってくんじゃないかなーって思います。

〈管理人さんへ〉
ありがとうございます。まだ娘は高熱が続いています。
しばらくは看病ですがそのうち良くなると思うので頑張ります。
[ 2007/07/26 04:12 ] [ 編集 ]
くぅさんのコメントを読んで
くぅさんを支えてくれている人の言葉…いいこと言ってるなぁッて思って早速日記に書き留めました。あっ申し遅れましたが…はじめまして,まりえです。私は今年②月下旬にうつ病と診断され,不安ながらも④月から新入社員として頑張ってきました!!でもやっぱし体が限界なようで…②ヶ月休職することになりそうです。一人でおるといろいろ考えちゃいますよねぇ↓でもでもまめにこのブログを拝見させてもらい,必ずこの病気に勝ってみせます(^o^)/
[ 2007/07/25 19:02 ] [ 編集 ]
管理人です^^
>花梨さん
そうですね。妥当な期間だと思います。再発すると大変ですから。娘さん大丈夫ですか?元気になることを祈ります。

>くぅ~さん
ご無沙汰です。いい言葉ですね。感動しました。

>なみださん
再就職?う~ん、これ言うと嫌味に聞こえるかもしれませんが、投資で会社員の年収程度はあります。人の思惑に飲み込まれて仕事するのは、こりごりなんで今は投資一本です。

>茄子さん
大量にお酒飲んで薬飲むと、かなり危ないです。
適量飲んで、大体2時間くらい経ってから薬飲めば
まあ大丈夫だと思います。私も最近飲んでいますし。

>愛華さん
良かったですね。読んでくれる、くれないは別にして、
一つ心の枷が外れたんじゃないですか?

>卑弥呼さん
一人暮らしをしていたのは、激うつの時ですね。
今は退職したので実家にいます。
またいつでも、ここに遊びに来てください。
[ 2007/07/25 18:31 ] [ 編集 ]
大きな一歩
昨日の夜、眠る前に母親が私の部屋にきて
初めてうつ病について話す事が出来ました
いつも、一方的に言われたり反論されるのですが
昨日は、黙って聞いてくれたので
実は一年前から具合が悪かった事や仕事で色々あった事
今の私の症状など全てではないけれど素直に話せました
昨日、ゆんゆんさんが言っていた漫画のうつの本も渡したら受け取ってくれました
まだ、読んでないだろうし理解してくれるのかはわかりませんが
私には、自分から病状を話せた事は、とても大きな事でした
昨日、色々とアドバイスをくれた
ゆんゆんさん、どうもありがとうございました
きっと、この場で昨日色々愚痴を言えた事や
ゆんゆんさんのアドバイスのお陰で母に言える事が出来たんだと思います
これで、家族が少しでも理解してくれる事を
今は祈るばかりです
[ 2007/07/25 16:55 ] [ 編集 ]
先日は相談にのっていただいてありがとうございます。今日やっと病院へ行ってきました。前おしえていただいた通り問診表?の欄が多くてびっくりしました。どう書いていいのかとか考え込んでしまってなかなか時間をとってしまいました。診察は女の先生だったので話しやすく、診断は軽いうつとのことでした。薬を飲んだ方がいいと言われましたがお酒を飲んだ時は服用してはいけないと言われ、お酒を飲まないという自信がない私は悩んでしまい答えがだせませんでした。とりあえず今月いっぱいはお店が忙しいことを伝えたら、31日にまた病院に行って薬をどうするか決めることになりました。不安になった時に飲む薬は処方してもらってきました。けど、今一番我慢できないのは頭痛と不眠なのに、その薬を私のお酒への意志の弱さで処方できなかったと思うと………自分ってだらしない人間だなぁと改めて思います。とりあえず今日からお酒を少しずつ控えてみようかとは思いますが……自信ないです。また自分が嫌になってきた。
[ 2007/07/25 14:59 ] [ 編集 ]
自分だけじゃない
花梨さんも 家事 育児があるんですね。私も同じです。現実に振り回されて…動かざるを得ない! 自分自身に鞭討ってます。体力ないから ヘトヘトなんですけど!今日はかなり テンション低いです。でも くぅさんの言葉や皆さんのコメントやうつうつ君さんのblogで 励まされてます。ありがとうございます。常にポジティブですね。私は今年四月に鬱治りかけで 再発し激鬱に逆戻りしました。最近やっとまた 調子がよくなってきたので 今度は慎重です。無理しないで ボチボチいきます。いつになったら完治なんだろう…うつうつ君さん変な質問してごめんなさい。完治してきた今 また 再就職する気持ちになってますか?自分に合った夢見つけましたか?完治とは 薬を飲まなくても大丈夫な状態をいうのでしょうか?… 激鬱に逆戻りする事がとても怖く 不安です。
[ 2007/07/25 14:28 ] [ 編集 ]
お久しぶりのくぅ~です
うつうつ君、みなさんこんにちわっ
いつも、拝見しています。
私は後一歩なんです。
人格障害があるので、治ったか治ってないんだか分からずにいます。
最近、自分をコントロール出来る様になってきました。
みなさんは感じますか?「悪魔が入ってくるような」「頭の回路がおかしくなる様な」「出来ない出来ない」とどうにも出来なくなる自分に突入する感覚。
エタイの知れない自己嫌悪に襲われたなら、「まぁいっか」「どうにかなるさ」「次っ次っ」「自分は大丈夫、悪魔に負けない」とか、『考えない』馬鹿な天然な自分を作り出す事にしています。
最初の頃は、こんなこと全く出来ませんでした。今も半日位かかって自分を立て直します。
今支えてくれる人が言ってくれた事を紹介します。私だけじゃなく、みなさんにも当てはまると思います。→「この病気になると言う事は色んな能力があり過ぎる、、、優れているからなんだよ。君は何でも人並み以上に出来るんだから、心配しないで今のそのままの君でいいんだよっ
病気に押し潰されないようにね
もう少しだね」
私はこの言葉にダイブ楽になりました
また、来ますね
[ 2007/07/25 12:56 ] [ 編集 ]
昨日病気に行ってきました。
薬はいつまで飲めばいいのか医師に尋ねた所1~2年は飲んで下さい…と言われました。正直そんなに長く飲むの?症状が落ち着いてきたらいいのではないかと思っていましたが、
完治して再発しないという風になるまで飲んだ方がいいようです。
今日の管理人さんのコメントどうりですね。
まだエネルギーがあまりない状態なので無理はせずにゆっくり過ごして下さい…と言われましたが、昨日の深夜から娘が40度の熱を出し看病しています。
今小児科から帰ってきました。
家事に子育て…現実はなかなかゆっくりできませんね。
[ 2007/07/25 12:19 ] [ 編集 ]
管理人さんの意見に同感です。全くもってその通りだと思います。人それぞれ考えや価値観が違うのは当たり前の事ですよね。私もやり直してからは、当時よりダイブこの価値観の溝を埋めていこうと努力しました。というより、自然に彼の価値観に自分が近付けたんです… だけど喧嘩になってる時は普段より冷静ではいられないし、私の考えも受け入れて少しは認めて貰いたいと思ってしまうのです。でも全く私の考えや意見を受け入れて貰えない結果になるので、そうなると、やっぱり価値観が合わないからなのかなぁ~ って思ってしまうのです……
[ 2007/07/25 11:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。