あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

う~ん

う~ん、う~ん、う~ん
まだ書くこと(内容)を考えています

どの症状をどうやって改善していったかを
書いていこうかな?

前に
「引きこもり」「対人恐怖症」
「不安神経症」「不眠症」
この4つが私のうつ病の基本要因だと言うお話をしました

「引きこもり」
私の場合、これは家にひきこもるのではなく
部屋に引きこもるということです

自分にとって一番居心地のいい場所にいる

家族にしてみれば面白くはないですよね?
顔を見せるのはトイレのときのみ

食事は夜中に冷蔵庫をあさる

家族に相談しても治す方向に持っていけない

そこで!
私は心理カウンセラーを頼りました
何故かと言うと家族に話せない内容でも
カウンセラーになら話せるかも?という理由です

まぁ話した話した
大体1時間くらいなんですが
次から次へと不平・不満が出るわ出るわ
しかも泣く

「社会復帰したいけど出来ないんです」
「辛い・苦しい・死にたい」
こんなことを延々と話しました

週1回程度の頻度で通いました
だんだん愚痴が減っていくのが自分でも判ってきた頃

ある日、ふっと散歩でもしようかな?と思い
親に「散歩してくるわ~」と告げました
親はびっくりです。でも「行っておいで~」
「携帯持っていけよ」でした

それがきっかけで「引きこもり」が治りました

一つ言えることは
「引きこもり」は放っておいても治らない
時間は解決してくれません

カウンセラーもよく来てくれたと言っていました

******************************************************
<書籍ご紹介>
私がうつ病を改善させるきっかけになった書籍です
自分が気づいてないことを気づかせてくれるそんな本です

興味がある方は是非、ご購読下さい
(ネット販売限定品2000円です)

⇒ 【精神保健指定医推薦の本】
心をプロの社会人にするための法則


著者はうつを克服した方です
******************************************************

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければ応援お願いします)
関連記事
[ 2007/07/05 09:23 ] 引きこもり | TB(0) | CM(9)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

管理人です^^
なんかコメント盛り上がってますね

>なるさん
気遣う余裕がない時は気遣わなくていいんですよ。
何が嫌で何が辛いのか考えてみて下さい。
今、私は毎晩夢を見ます。自殺未遂したときの漆黒の闇の中で流れる三途の川とそこでうごめくモノたち。
自殺したら恐らくそこで未来永劫苦しむのだと思います。自殺を考える前に自分の病気と向き合う心と絶対に直ると言う気持ちを持って頂きたいと願うばかりです。

>なみださん
同感です。特に学生と若者のうつ患者が増えてますね。病院へ行くとそれがはっきり判ります。
うつと真っ向から闘ったのはここ1年です。
それまでは不満・悩み・怒りを押し殺して黙々と仕事してました。月平均80時間の残業もしてました。試行錯誤の毎日でしたよ。病院も転々としましたし。
カウンセリングでは思っていること全部ぶちまけて来て下さいね。

>愛華さん
付き添いがいてくれるのが一番いいのですが、そう毎回とはいきませんよね?私が通った方法は、帽子とサングラスで表情を隠して、最初はタクシー、次はバスで通いました。
私も人が怖かったものですからサングラスは有効でした。病院は行かないことにはうつ病を治す方向に持っていけませんから、そこだけでも勇気を出してもらいたいものです。

>こまろさん
いい考え方だと思います。価値観なんて人によって違うのですから気にしないのが一番いいです。消えたくなると言うのは、うつ患者はみんな同じ気持ちを持っています。あなただけではありません。同じように苦しんでいる人はたくさんいます。嫌なことあったら遠慮なくここで愚痴ってください。

>花梨さん
耐え切れずに病院に行くというのは、みなさんよくやることです。この病気は耐えれば耐えるほど悪化しますので病院は通い続けて下さいね。
うつ病は治る病気ですから。

>くぅ~さん
またまたフォローありがとうございます。
聞く側の鉄則確かにありますね。
相手がうつに関心がない。励ますことしかしない。
こういうタイプの人に何を話してもあまり事態は改善しません。たとえそれが家族であっても…
私としてはやはりカウンセリングが一番かと思います。

>ナンリさん
初診では中々うつですとは言ってくれません。
なんでかって言うと医者も状況がよく判らないからです。最終的にはカウンセリングの結果から判断することになると思います。
カウンセリングは言いたいことをいう場所です。
辛いこと・苦しいこと・不安なこと全て吐き出して下さいね。
[ 2007/07/06 09:15 ] [ 編集 ]
お初です。
最近ココを毎日見ていました。そんな時同じような仲間が居るなと勇気でました。
私は今25歳で仕事もできないでhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F8C4.gif" alt="" width="12" height="12">に居ます。
現在30歳の姉も通院中で姉に進まれてようやく今日病院に行きました。そこでは鬱とパニック病ではないか?って言われたのですが!ハッキリ言われてないのでほんとうにそうなのかハッキリ解らなくて不安です(ノ_・。)薬とか出たケドなんか不安です。

来週はカウンセリングを受けるのですが緊張します(+_+)

この病気の事初心者なので皆さんのアドバスが欲しいです!!

ウツウツさんの言葉も読んでて勉強になります(^O^)
これからも毎日読ませていただきます。

夜分遅くに失礼します☆
[ 2007/07/06 03:21 ] [ 編集 ]
くぅ~です
うつうつ君さん、みなさん、夜中にこんにちは
自分の思いを溜め込んでいる時、「辛い」が吐き出せないってありますね(私は今考えるとそれが初期症状でした。)
苛々や悩みは聞いて貰うと辛かったことが溢れだし泣いてしまってうまく話せなくなりますね。話せた後はスッとします。
しかし聞く側の鉄則があると、聞きました。誰にでも吐けばいいものでもないみたいです
やはり、病院の先生やカウンセラーがいいですね
相性の良い、信頼できる先生と出会えたらいいですね
予約をして行くまでは大変ですが、味方になってくれる先生を見付けたら心配も吹き飛ぶかもしれませんよ
私は、この一年近所の病院で薬を出して貰うだけだったんですが、来週自分の好きな病院へ一年振りに診察に行きます
生い立ちからアライザライ話して、前向きにどうしたら克服出来るか話してみようと思います!
私は自分なりに今このタイミングで自分に出来そうなことをしてみます。
[ 2007/07/06 02:35 ] [ 編集 ]
はじめまして
長年鬱症状に苦しみながらもなかなか精神科に行く勇気がわかずだったのですが限界を感じようやく3ヶ月前から通院しています。
初めて病院に行った時医師の前で辛い症状やできごとを話すうちに号泣してしまいました。
今は寝たきりで何もできない日があったりでしんどいです。早くうつから解放されたい…。
本当に治るのか不安です。
[ 2007/07/06 00:55 ] [ 編集 ]
はじめまして
私は32の時にうつになりました。一年ヒッキーもやり、ガリガリに痩せました。元は仕事関係が原因でしたから、会社辞めれば治るかなと思っていましたが、ストレスを溜め込んでいたのは仕事だけじゃありませんでした。そんなに甘くなかった。
病院には毎回親に連れて行ってもらいました。そんな親もうつの原因の一つでした。
今、自分に言い聞かせているのは「ハードルは人と比べても意味は無い」「ハードルの高さは自由自在。低くても自分に合った高さを選ぼう」です。
消えてしまいたくなる事はよくあるんですが、なんと生き延びています。
[ 2007/07/05 20:05 ] [ 編集 ]
引きこもり
引きこもりでも、病院へ通えるものなんでしょうか?
外が怖いんです、人が怖いんです
7日に彼が病院へ予約してくれて付き添ってくれると言うので
行く決心をしましたが
その後、通うとなると一人で通える自信がありません
通う(日時が決まってる)事や知らない人と対面で話すのは苦痛とプレッシャーがあり
考えただけで憂鬱になります
何を言われるのか?何を聞かれるのか?など
そんな事にも恐怖や不安を感じてしまうんです
病院なら責められる事や怒られる事もないと思うけど
何故かそんな風に考えてしまいます
一人で外に出ると恐怖で足が震えるんです
皆さんは、病院へ通うにはどうしていますか?
半年前みたいに一回行って終わってしまいそうで
悩んでしまいます
[ 2007/07/05 19:06 ] [ 編集 ]
鬱年齢
鬱になるのは 年齢関係ないと思います。私は現在42歳で 主人も子供もいます。私が鬱になったのは 34歳の時… 酷い時は入院もしました。うつうつ君さんも長い闘病でしたね。私も八年です。でも周りは理解してくれてない。子供がいる等 で無理ばかりして一進一退を繰り返して 完治には程遠い気がします。華原朋美さんも 少しよくなれば仕事を再開したり…無理ばかりした結果 悪化させてしまったのでしょうね。私も そんな状態です。だから 鬱と友達になりました。 うつうつ君さんは 着実に鬱と真っ向から闘い 完治すれすれまできたのでしょうか?やはり試行錯誤 環境不満や無理をして悪化させた!そんな経験ありましたか?仕事は鬱の間ずっと続けていたのですか? 久しぶりに私も今月カウンセリングを受ける事にしました。仕事も 少しづつ復帰していこうとも思ってます。ちょっと前向きです。でも疲れます。
[ 2007/07/05 15:20 ] [ 編集 ]
なるさん
私は21歳です。年が近いってだけでちょっと親近感ぁります(笑)私はこの歳で鬱にはならないものだと思ってました。でも心の病気に年齢なんか関係あるわけなぃんですょね↓なるさんは病院とか行ってるんですか?
[ 2007/07/05 13:05 ] [ 編集 ]
初めまして。こんちわ。
なるって言います。
ょヵったらぅちのブログに遊びに来てくださぃ。

少し自己紹介
19歳・和歌山県在住
うつ病・リスカ・アムカ・レグカ・してます。

今頑張って生きていますが、限界です。
ゃっぱりしんどくて、周りの人を気遣う余裕がぁりません…。
どぅしたらぃぃのでしょぅヵ。
このままでわ、本当に自殺してしまぃそぅです…。
それだヶわ嫌なのですが、自分を止められず、何回ヵ首つりをしヵヶたことがぁります…。
[ 2007/07/05 10:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。