あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うつと友達になる

とてもいいコメントを昨日いただきました
◆うつと友達になる
◆自分にも人にも優しくする


これ、うつ病の人がほとんど気づいていない
ことなんですが、とても大事なことです

「うつと友達になる?」
「冗談じゃない!こんなに苦しいのになんで友達になれる!」

普通の反応です

でも考えて見て下さい
うつ病は治すのにとても時間がかかる病気です
毎日、苦しい、辛いの繰り返しでしょう

でもうつ病は苦しい病気なんだから
気長につきあっていこうと思えるようになったら
それは、うつ病と友達になったということです

ほんの少し考え方を切り替えるだけです


自分に優しくするというのは
うつ病になった自分を許すということです

うつ病になると自責観念が生まれます
自分を責めて症状を悪化させていく

そうではなくて、うつ病になってしまったのは仕方ない
だから自分が出来ることだけをする

今まで出来ていたことを全てこなそうとすると
気が張ってしまって逆に出来なくなります
だから全てこなそうとしない

ある程度、自分を甘やかすということですね

人に優しくするというのは
例えばこのブログがそうなんですが
「うつ」というものの情報を発信する
コメントに返事を書く
出来る相談には乗る

自分もうつだから、奈落の底まで落ちた経験があるから
同じように苦しんでいる人に何かを発信したい
そんな想いがこのブログを作る原動力になりました

些細なことでいいんです。
電車でお年寄りに席を譲るとか

人に優しくする気持ちを持てるようになると
心に余裕が生まれます
親切なことをされて嫌がる人はあまりいないと思いますよ


<書籍ご紹介>
私がうつ病を改善させるきっかけになった書籍です
著者はうつ病を克服した私の友人です
興味がある方は是非、ご覧下さい
(ネット販売限定品、2000円です)
【精神保健指定医推薦の本】
心をプロの社会人にするための法則


にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
おかげさまでランキングTOP10入りしました
読者のみなさまに感謝です。
これからも宜しくお願いします。
関連記事
[ 2007/07/03 10:42 ] 鬱病 | TB(0) | CM(6)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

管理人です^^
>のらさん
始めのうちは難しいとは思います。でも、不治の病じゃないですからね^^

>なみださん
タイミング…まぁきっかけですが、ある日突然きます。僕は完璧主義を捨て、なるようになるさって思ったときが回復の前兆でしたね

>熊吾郎さん
周りはねぇ…理解してくれない人は、とんでもないことが起こらない限り理解してくれませんから、周りにエネルギーを使うより自分にエネルギーを使いましょうよ。
「他人はあなたが思っているほど、あなたのことを気にしてませんよ」僕の大好きな言葉です

>ゆんゆんさん
そうですね。僕も解釈的にはゆんゆんさんと同意見です。ただ言葉の捉え方は十人十色、本人が納得して解釈した言葉は、その人にとってプラスに作用すると僕は思っています

>くぅ~さん
魔物が悪魔にグレードアップしましたか(笑)
まさしく勝ち目はないんですよ。だから受け入れる。「なんで私ばかりこんな目に…」って思わないこと。そこから本当の治療が始まると僕は思います。
[ 2007/07/04 09:49 ] [ 編集 ]
魔物 友達
私は、一日の中でも「うつの悪魔が来た」っていう感覚が以前からありました。(どうにもならなくなる時です)
悪魔が抜けると自由が利きます。
悪魔が居なくなるのを耐え忍び、居なくなったら出来る事をしようと割り切っています。
ブログを読んでいるとホントに考えが広がります。
悪魔が来たら、勝ち目はないから友達になっちゃえばいいんですね
(^ー^;)
気持ちが楽になりました。
心と頭とカラダが同じタイミングで同じ方を向いてくれたらいいのになっ
[ 2007/07/04 03:25 ] [ 編集 ]
自分なりの意見
なみださんのうつと友達のニュアンスが僕とは違うようなのでちょっと意見を・・・
多分うつと友達というのはうつのことを良く知って、一生コントロールしていくっていみではないのかなって思います。
私の読んでいる本でも似たような記述があり、それではうつをF1車にたとえていました。
乗りこなすのは大変だけど、うまく乗りこなすことで人よりも強く、有意義な人生が送れると・・・
うつと友達になるとは、自分にとってはどこまでが限界で、これ以上はだめといったことが自分で判断でき、コントロールできるという意味ではないのかな?
[ 2007/07/03 23:28 ] [ 編集 ]
うつと友達になったほうが自分を受け入れられるんですよね!僕はうけいれてるのですが周りがなかなか認めてくれなくて!本当は今日から新たな仕事の初日だったんだけれど行けませんでした。また失敗したらどうしよう上手くとけこめなかったらどうしよう!こんな事を考える自分は弱くてだめな人間だと考えてしまいます。周りからも何回も同じ事をするだめな奴だと思われているのでどうしたらいいのか!ホントにいつか社会復帰して笑顔で過ごせる日がくるのか。ちなみにいたたまれないので一人でのんでます
[ 2007/07/03 20:55 ] [ 編集 ]
駆け引き
うつうつ君さん コメントありがとうございます。 鬱と友達になれたし 皆さんが感じるように人の痛み苦しみが解り とても優しくなれた!博愛精神が出てきた!それは 本当にこの病気になって学んだ事です。 しかし…いつかは この鬱友達と離れる日がこなければ いけません。社会に飛び出さないといけません。そのタイミングや 時期って いつかくるのでしょうか?そんな不安も出てきてます。 うつうつ君さんもタイミングで グッと改善されたと話してましたよね。私には そのタイミングが判らないのです。まだまだ 一進一退の繰り返しです。気持ちは前向きなのに 身体がついていけない。 早く私にも転機がこないかな~… 今日はお昼まで寝てしまいました。
[ 2007/07/03 15:27 ] [ 編集 ]
鬱と友達になる、自分にも人にも優しくする、確かに
鬱と無理に戦おうとすると、余計に辛くなるので大事な
ことだと思います。。。。
[ 2007/07/03 11:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。