FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

7月になりましたね

一体、梅雨はどこにいったんでしょう
四国はかなり深刻な水不足に陥っています

雨は降っても一瞬
窓から見える畑の野菜たちは、みんなうなだれています

今日は私にうつ病に立ち向かう勇気をくれた
一冊の書籍を紹介したいと思います

実は私の本棚には「うつ」とタイトルを銘打った本が
20冊くらいあります

○○大学医学部△△教授監修
○○カウンセリングセンター監修
心理学○○博士監修
などなど、その道の専門家たちが書いた本…

知識としては役に立ちますが、なんか心がこもっていない
この人たちは知識として知っているだけで
「うつ」を経験してはいないんじゃないか?
だから書き方がなんか他人事


そんな折出合ったのが

【精神保健指定医推薦の本】心をプロの社会人にするための法則

↑クリック

実際にうつ病になり、5年の闘病の後、克服した人の書籍です
共感できる部分、納得できる部分
そして立ち向かう方法がとても丁寧に書かれています

最初は【精神保健指定医推薦の本】って、また専門家の本かいっ!
胡散臭いって思いました

でも実際読んでみると
「あぁなるほど」
「うんうん、確かに」
「そうだよな~」
自分が気づいてないことを気づかせてくれる
そんな本です


【精神保健指定医推薦の本】心をプロの社会人にするための法則

↑クリック

お勧めです

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
関連記事
[ 2007/07/01 12:50 ] 克服への道 | TB(0) | CM(4)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

のらさん
本当にそうですね。蒸し暑いのは堪えますわ(汗)
僕は今日寝ござを買って来ました。
[ 2007/07/01 16:23 ] [ 編集 ]
ぁゅ さん
関東もじめじめしてますか。こっちもじめじめです(笑)この本ですが、書店では売っていません。ネット販売限定です。
[ 2007/07/01 16:20 ] [ 編集 ]
鬱にとって蒸し暑く雨の多い季節は一番辛いですね
鬱になる人も多い時期だと思います。
自分の鬱も梅雨みたいに明けてくれたらいいのにな
[ 2007/07/01 15:55 ] [ 編集 ]
こんにちは。埼玉はジメジメ蒸し暑いです(>_<)私はちょうど今日で仕事を始めてから2年になります。そんな時意を決して退職を申し出ました。まぁぅちの会社は基本退職3ヶ月前に言わないとなので休めるのは10月ですが…。
私も田舎に帰っておじぃちゃんの介護をしようと思っています。 
その本…気になりますねぇー(笑)大きな本屋でないとぁりませんかね?
[ 2007/07/01 14:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -