あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院帰り

今日、病院に行ってきました
その分、ブログのアップが遅れましたが(汗

私は2週間に一度通っていますが
今日は明らかに待合室の風景が変わっていました

18~20歳前後の女性が異様に多い(20人くらいいました)

目に光はなく明らかに疲れている若い人たち

親子で来ている人、友人と来ている人様々です

学校や会社での新生活に疲れた反動が出る時期では
あるのですが、個人病院にしては多すぎると感じました

本当に皆さん病んでますね

そういえば今晩9時から高島家の鬱と闘った
再現ドラマが放映されるそうですね

何かの参考になるかもしれないので見ようと思います

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
関連記事
[ 2007/06/26 15:43 ] 日記 | TB(0) | CM(16)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

ありがとうございます
一応彼女は病院に行ったのですが重度の鬱と診断されました。

「よき理解者」
今まで生きて来た中で心の病を抱えてる人との交流が無く、どのように接し、理解していけばいいのか悩んでます。
鬱やパニック障害などの区別も知識もありません。
色々な人の意見待ってます。
[ 2007/06/29 08:36 ] [ 編集 ]
タツヤさん
>彼女は突然泣き出し、わめき、自分自身を傷つけようどします、一度は病院に行ったものの悪化したために行く事を止めさせました。

ということですが、パニック障害を起こしているように思えます。きちんと薬を飲まないと治るものも治りません。原因が何かは判りませんが、タツヤさんが、彼女の最大の理解者になってあげることが大事だと思います。
[ 2007/06/28 09:00 ] [ 編集 ]
教えて下さい
付き合って二年になる彼女の事なんです。
付き合った時から仕事をしてなくて
たまに話しにはでるんだけど「したくない」
と言うだけで中々しようとはせず
一年過ぎた辺りから職捜しをしたと思ったら…
鬱の始まりでした。

普段家事手伝いをしててず~っと家にいて、
家族や友達に仕事の事など言われ
趣味もなく、ユイツ週末だけ僕と遊びに行く程度なんでストレスがたまったのでしょー

彼女は突然泣き出し、わめき、自分自身を傷つけようどします、
一度は病院に行ったものの悪化したために行く事を止めさせました。

同じ悩みの方達の話しを是非お聞かせ下さい
[ 2007/06/27 12:48 ] [ 編集 ]
なみださん
仕事復帰なさるんですね。あまり無理しないように、あまり自分を責めないように、自分のペースで行って下さい。あと、ゆんゆんさんのブログ「うつ病患者の一人言」には、私のブログの右サイドバーのリンクからも飛べますので是非遊びに行って下さい。
[ 2007/06/27 10:18 ] [ 編集 ]
愛華さん くぅ~さん
確かに本人の気持ちは出ませんでしたね
そこの所は私も残念ですが、恐らく作成スタッフの配慮ではないかと?高島さん自身高齢ですし、再発をさせないために敢えて入れなかったという気がしました。
[ 2007/06/27 10:02 ] [ 編集 ]
コメントフォローありがとうございます
ゆんゆんさん、ゆめさん、いつもコメントフォローしてくれてありがとうございます。本当に感謝しています。
[ 2007/06/27 09:56 ] [ 編集 ]
TV
おじゃましまーす
愛華さんと同じく思いました。鬱病本人の気持ちは出てきませんでしたね。
とても残念です。
[ 2007/06/26 23:29 ] [ 編集 ]
ドラマ見ました。うつは治る病気…そう信じています。ドラマを見て少し希望をもちました。
[ 2007/06/26 23:26 ] [ 編集 ]
なみださんへ2
何度もごめんなさい。
来月から仕事復帰とのことですが、どうぞ無理なさらないように。
自分のことは自分にしかわからないので…。
私も仕事と言ってもフルはとても無理で5時間強の期限付きの派遣をしてるだけですから。
でも、子供が独り立ちできるまでは、何とか頑張ろうと思ってます。

ドラマ、少しだけ見れました。
何か辛くなって涙がでました。
やっぱりわたしには理解できないのかな…と。
十分の一でも百分の一でも、ほんのひとかけらでもわかりたいのに…。
[ 2007/06/26 23:25 ] [ 編集 ]
ドラマ見ました
ドラマ気になってたので、私も見ました
でも、私的にはイマイチでした
本人よりも周りの人達が中心だったからです
確かに家族の支えは必要ですし、大変だと思うけど
本人の気持ちはなかなか理解出来ないものなので
本人中心のドラマを期待していました
自分の気持ちや辛さをを代返してくれたら…
そんな期待がありました
これを家族に見せたら何か変わるかな?
毎日、顔合わせる度に責められる事に疲れました
[ 2007/06/26 23:03 ] [ 編集 ]
なみださんへ
うつ病は気持ちの波が多いとは思います。
カウンセラーの人とは合わないと感じてるご様子。
やはり、合う人を探すのが治るのの早道ではあるかもしれません。
娘さんも大変なようですが、娘さん共々ぼちぼち進んでいってください。
最近、本などを読んで実感してきてますが、自分としては気持ちがうつ病になる前にくらべると強くなってきてる気がしてます。
自分の弱さ、限界、できるところなどを自分の気持ちと向きあって、苦しみながら問い続けたせいかもしれません。
なみださんも、うつ病が良くなるときにはそういう気持ちの強さを新たに持って復活できることをお祈りしてます。
と、いいながらも、以前復活してから半年で際休職した私なので、どうなのかとは思いますが。
是非うちのサイトにも遊びに来てください。
ごそうだんであれば私も乗れる範囲でのりますので^^
[ 2007/06/26 22:43 ] [ 編集 ]
ゆめさんへ
ゆめさんありがとうございます。実は私も娘二人中学から私学に通わせているので 本当は経済的に仕事もしなくてはいけないのです。四月に下娘が無事に中学一年になり新たな生活環境になりました。が…女子校で女の園の怖さを味わい とても悲しく大変な思いをしてます。(体調不良で学校を休みがち)消極的で神経質な私の性格を受け継いだのかもしれませんね。 ゆめさんのメールで励まされました。私も来月から仕事復帰しなくては… 鬱は波があるんですよね。落ちると 奈落の底まで… この荒波を 穏やかに出来るように 自分でコントロールするのが課題かな?息子さん 大学生で頼もしいですね。理系は大変だー。とても良い親子関係 見習いたいです。ゆめさんに元気貰い 私も母親頑張っていきますね。 ありがとうございます。 うつうつ君さんも いつも私を励ます コメントや情報の提供ありがとうございます。
[ 2007/06/26 22:01 ] [ 編集 ]
テレビ沖縄ではやらないんですかね~?(>_<)
[ 2007/06/26 20:46 ] [ 編集 ]
なみださんへ
家族は楽しく過ごしているのではなく、楽しくすごしているように感じてしまう自分がいるのではないでしょうか?

私も本当はSADも持っているのでいつも仕事辞めたいなーとは思っているのですが、まあ経済的事情もありまして…。前は自宅だったのがマンションに引っ越したり、息子も理系なので文系の倍ほど学費がかかるので、できるところまでやろうかと…。
でも4月は仕事してなかったんですけど、ほとんど外にでなかったですね。
私はうつというわけではないので(正直なんなのかよくわかりません)何も言えませんが、どうぞご自愛くださいね。
このブログに人が集まるのは、他の鬱の人のブログが主観的なのに対して(もちろん、それでかまわないのですが)すごく、客観的に分析して解説してくれるので、自分自身も冷静に判断できるからかな、と思います。(私の個人的な感想ですが)
ちょっと外側から自分を見つめるのもいいかもしれません。
うつうつ君さん、いつもありがとうございます。

[ 2007/06/26 20:42 ] [ 編集 ]
孤独
孤独を感じます。私がいなくても(寝込んでます) 家族は楽しく過ごしてます。生きるって難しいですね。ゆめさん 仕事出来て羨ましいです。カウンセリングの先生と最近話しのズレを感じてきてます。どこかに良い病院はないかしら… また 鬱完治が遠退きました。ますます悪化してます。
[ 2007/06/26 20:12 ] [ 編集 ]
確かに
病んでいる人が多いですね。
私が最初予約しようと思った個人病院は8ヶ月先まで予約でいっぱいだったと言われました。
とても待てないので予約なしの今のクリニックに変えました。
そこも仕事帰りに行くとすごい人なので、私は仕事が休みのときに行ってます。
私の不安定な心の支えになっているのは本当は主人でないといけないのでしょうが、息子です(大学生です)
とても優しい子でそれとなく気遣ってくれて、手伝いもしてくれます。たぶん私と感性が似ているのだと思います。
主人は嫌なことはためない私とは正反対の人なので、あまり言ってません。きっと言っても理解できないだろうな、と思うので。
今日のテレビは手が空いてたら見たいと思いますが無理かな?
うつうつ君さんもお疲れのでませんように。
[ 2007/06/26 17:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。