FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

言葉のダメージ

昨日書いた「うつ病克服の障害」で
「言葉」に関してたくさんのコメントを
頂きました。ありがとうございます
(昨日からちょっとしんどいので個々の
コメント返しは控えさせてもらいます。すいません)

やはり、皆さん言葉のダメージで
精神的に負担増になっているようですね

特に病気に関連する罵声は立ち直れない場合が多いですね

ここで私が編み出した?言葉のダメージを軽減する方法を
ご紹介します

「前は仕事速かったのに最近遅いな」
『だから何ですか?』

「最近太ったんじゃないか」
『だから何ですか?それってセクハラですよ』

「気を強く持て」
『どうやったら強くもてると思います?』

何をやっているか判りますか?

相手に答えを求める言葉を返しているんですね
大抵の人は絶句します。そのまま去っていく人もいます。

答えを求められるなんて思ってもいないから
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この言葉返しは、勘のいい人なら
言った相手を傷つけたと気づきます

一方で言葉返しをしたことでダメージが若干和らげます

これは受けた言葉をそのまま心にしまいこむより
反論という形を取る事で心が楽になっているんだと思います

言葉返しをする相手によっては、さらに罵声を浴びることも
ありますが、私の場合、ほぼ80%は「勝った」と確信でき
同じ人からの罵声はなくなりました

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
関連記事
[ 2007/06/16 08:24 ] 克服への道 | TB(0) | CM(4)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

峯ちゃんさん
良かったですね^^
私も少しでも役に立てているのかな?と思うと
とっても嬉しいです
[ 2007/06/17 12:09 ] [ 編集 ]
なみださん
コメントは、どんどん自由に書いてください。
愚痴のはけ口でもいいですよ
最近は私がコメントしなくても、他の親切な人たちが
コメントして下さっていますし
僕はブログを書くことがストレスの発散になってますから
[ 2007/06/17 00:37 ] [ 編集 ]
ごめんなさい
お加減いかがですかhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F960.gif" alt="" width="12" height="12">大丈夫ですかhttp://blog83.fc2.com/image/icon/i/F960.gif" alt="" width="12" height="12"> いつも書きたい事 書かせて頂き申し訳ありません。でも…こうして書く事だけで スッキリします。コメントは 良いので 書かせて下さい。私が罵声を浴びさせられ 辛い思いをしているのは 父なんです。容赦なく私をダメ ダメ扱い 言葉の暴力です。幼少の頃から 暴力を受け 自分はダメ人間だと思ってます。 父が怖いです。でも職場が実家なんです。今は行く事が出来ません。
[ 2007/06/16 15:48 ] [ 編集 ]
ヾ(^μ^)ノ))○・゚・+●・゚・+
罵声の対処方法、参考になりました。
このブログを作って、ご自身の経験を記載してくれている事とても助かり救われます。
感謝です!!
ゆっくりなさって下さいね。
今日、カウンセリングに行きました。
料金不安でしたが、千円強でした。
無職なので、不安で。
優しい年配女性の先生で、母が居ない自分に取って頼れる方でした。
待ったかいがあり、心が晴れました。
[ 2007/06/16 13:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31