FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

久しぶりに朝起きれませんでした

さて、ドーパミンとノルアドレナリンとセロトニン

何故この話しをしたかというと

うつ病は「心の病、心の癌です」

でも、「心の病だから仕方ないよ」で
うつ病を自分の中で納得させていませんか?

どうして、うつ病になったのか?
⇒原因の特定

うつ病とは何なのか?
⇒症状の特定

どういう作用で体内で何が起こっているのか?
⇒うつ病のメカニズム


こういうことをきちんと理解していれば
自分の中で、うつ病というものを意識することができます

ただ漠然と「うつ病だから病院に行かなきゃ」では
初診の人は心療内科への受診の壁が高いんです

通院している人も結構行きたくないものです


しかし、ホルモンバランスが狂っていると考えれば
そのバランスを調整するために病院へ行く

こう考えると受診しやすいですよね?

以前にも言いましたが、

うつ病は治る病気です

心の病としてではなく、
体内で何が起こっているのかをきちんと認識する
これが治療の第一歩だと私は思って、治療を受けています

こう考えることで気持ちはかなり楽になりました

うつ病は、頭がおかしくなったわけでもなく
恥ずかしい病気でもありません

それは社会の風潮が作った間違った認識です
そのことを心に留めておいて下さい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
関連記事
[ 2007/05/31 11:26 ] 脳内物質と薬 | TB(0) | CM(0)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31