あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心理的・社会的ストレス

心理的・社会的ストレスは職場や学校・家庭の
人間関係で発生するストレスです

職場では
上司⇔部下、同僚⇔同僚

学校では
教師⇔生徒、上級生⇔下級生、同級生⇔同級生

家庭では
父親⇔母親、父親or母親⇔子供、舅or姑⇔嫁or婿or子供

「気に入らない人」というのは誰にでもあるものです
根本的に性格が合わないとか、単純に嫌いとかですね

これがストレスとして現れるわけですが…

無視していれば特に問題はありません

問題なのは一方的に攻撃を受けて溜まるストレス

例えば
教師が一部の生徒を「落ちこぼれ」扱いすると
それは生徒にも波及し、いわゆる「いじめ」がおきます

「読む声が小さい」とか「すぐ泣く」とか
本人の苦手としている弱い部分を敢えて攻撃する
それも授業中に

それが毎日のように続くと登校拒否とかになります

そして理解ある親ならいいのですが、
理解のない親だと「学校へ行け」「甘えるな」とか
さらに本人を攻め立てます

こうなると本人は、学校にも家にも逃げ場がなくなる
残る逃げ場は…

登校拒否にしても出社拒否にしても必ず理由があります
そしてそれを理解してあげられるのは家族だけです

少なくとも逃げ道を塞ぐようなことだけはしないで下さい

私は逃げ道を塞がれて、最悪の方法を取ったことがありますから

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
関連記事
[ 2007/05/24 10:17 ] 治療-ストレス | TB(0) | CM(2)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

サリーさん
サリーさんが弱いわけじゃないと思いますよ。
むしろ心が強いから耐えちゃうんですね。
隣家とのトラブルの結果そうなったのであれば
証拠さえ掴んでおけば、プライバシーの侵害で
訴えることもできます。

言葉の暴力も録音しておけば立派な証拠となります。

子供のいじめと同じで、あなたをかばうと、自分(第三者)にも害が及ぶからいじめるという、最高に卑怯な方法です。

話しは右から左に流せるようになれば楽になるんですけど…私もその状態が5年続いて、その後は聞く耳持たぬに切り替わりましたから、あまり気にしない方がいいです。

人は人、自分は自分です。頑張れとは言えませんが、少しだけ気持ちの切り替えをしてみて下さい。
[ 2007/05/30 00:05 ] [ 編集 ]
自分VS不特定多数って、苦しいです。 ちょっとした隣家とのもめごとから始まって、6年たった今では自分はまったく面識のない人物たちからからかわれたり、新しく入った職場や、子供を預ける保育園、食事をしに出かけた先、スーパー、などあらゆる場所での冷やかしや嫌がらせが続いています。狭い地域での濃密な人間関係が、このような苦しい毎日から抜け出せない理由となり、逃げる場所も無く、ただただひたすら耐え続ける日々。
 気のせいとか、被害妄想ではなく、実際に起こっている現実から抜け出せず、もう外出も、人と話すのも、出会うのも何もかも怖い。自分は間違っていないと頭ではわかっていて、逃げるのはくやしいんだけど、不特定多数の人間ってやっぱり怖い。
 ひたすら、家にいて誰とも会わずに済むのならそうしていたいのだけど、家族がいる。
 ただ救いなのは、自分を慕ってくれる子供のきれいな目。どうしてよいのかわかりません。情けなくて弱い自分が腹立たしく、泣けてきます。
 誰にでも立ち向かっていける強い心がほしいです。
消えてなくなってしまおうかと、何度も思いました。
私が弱すぎるんでしょうか…
 
[ 2007/05/29 14:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。