あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

過食症の弊害と改善

過食症の弊害は、もちろん「太る」ことです
四六時中食べて動かなければ当然太ります

では何故、過食に陥るのか?

原因はストレスの発散の手段として食べるです

食べるというのは人間の本能に属する
生命維持の原点です

食べているときは「これ美味しい」以外の
考えは、あまり持ちません

逆に言えば食べていると気持ちが楽ということで
どんどん食べるようになります

過食にも何種類か症状があります
・一気食いして、吐いて、また食べる
・だらだらと絶えず何か口に入っている

しかも食べるものは甘いものが多いようです
甘いものは頭をスッキリさせる効果もあるので
余計に食べるのが加速するんですね

では改善方法はあるのか?ってことですが

基本的には買わない ことが一番いいです
でも無意識に買ってしまうということが殆どなので

食べる時間と量を決めることが大事です
そして徐々に減らしていく

プラス食欲抑制剤を使うことで効果が上がります

ちなみに私はノンカロリーのこんにゃくゼリーを
口の中で転がしていました(大体30分くらい)
飲み込まないことで食べる量を抑えていたんですね

自然と過食から開放されました

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
[ 2007/05/17 08:43 ] 治療-過食症 | TB(0) | CM(0)
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。