あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

震災から3ヶ月経ちましたね

またしても久々の更新です。

あの大震災、大惨事から3ヶ月余りが経ちました。

ニュースを見ていると、どうにも腹立たしいことが沢山あります。

例えば、菅総理

震災復興、原発収束の大問題を抱えながら

全国ネットでへらへら笑っている。

この人は、危機感とか責任感とか一般常識というものがないのでしょうね。

義援金の分配は、未だに15%程度だそうです。


本来、義援金は被災者のために使われるはずですが

どうもここに変な利権が絡んできているように思えます。

家屋全壊ならいくら、半壊ならいくら

そんな線引きをしたがために、役所は確認作業を行わないといけない。

その確認作業のお金はどこから出すつもりでしょうね。


こんな大惨事の時は一律いくらって配分するのが普通です。

なのに変な制約をつける。

これは義援金をピンハネしようとしているとしか思えません。ヽ(`Д´)ノ


仮設住宅に入れば、食料の供給はしない。

当座の生活費も配られていないのに仮設に入った人には死ねと言っているようなものです。


地方自治体は、国が決めたことだからとか言っていますが

地方分権を主張している割にこういう時に自治体独自に動かないって何を考えてんでしょうね。


阪神大震災の時と比べても、余りにも対応が遅すぎる!


民間の動きは政府と比べても格段に早いです。


政府は対岸の火事くらいにしか思ってないのでしょう。


原発もやっと人災だと認めました。

でも正確な情報は出さない。

汚染水が海に流れだすから早く対応しないといけないとか言って

表向きの部分に国民の関心を集めていますが、地下はどうなの?って話です。


地下水脈は汚染してないの?

あれから雨も降っている。台風も来た。

でも地下のことには一切触れない。


現場の人間は、それこそ被爆リスク・熱中症リスクを背負いながら作業を続けています。

しかしトップの人間は、安全なところで時に笑を浮かべながら発表しています。

この温度差は何?

スポンサーサイト
[ 2011/06/19 08:58 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

春がなかったですね

去年、秋がなかったように、今年は春がなかったですね。

生き物はちゃんと春を認識してたみたいで
モンシロチョウは飛んでいるし、ウグイスも鳴いてました。

でも日差しは「夏!」

まいっちゃいますね(^^ゞ


今回もカギコメで相談を受けたので、その事について考えられる回答をします。

相談者はNさん。

一部だけ抜粋させていただきますが

『うつになって結構たつんですが、ハッキリとした原因がわかってなかったんですね。
で最近思ったのが、もしかしたらペットロスが原因なんじゃないかと思いはじめました。』

ペットロス、つまりペットの死が原因なのではないかということです。

私は度々、うつ病になった「原因」を探れってブログでも言っていますが
判らないときは無理に「原因」を搾り出す必要もないんです。

言ってることと違うじゃないか!と言われればそれまでなんですが

訳がわからない内にうつ病になってしまった人って結構多いです。

そういう人は無理に原因を探す方に尽力するのではなく、治療に専念したほうがいいということです。


Nさんは、最近「死にたい」気持ちが強いそうですが、これだけは言っておきます。

「うつ病という病気は、死にたい気持ちにさせてしまう病気です」

逃げ道を見つけられなくなって、そういう気持ちになります。


じゃあ逃げ道を作ればいいのです。

ペットに限らず、生きているものは必ず死を迎えます。

神様がいるとしたら、生きているものに唯一平等に与えた業かもしれません。


もしもNさんがペットロスでうつ病になってしまったとしても、また飼って、また死んだら悪化するかも?と思うのは間違いかなと思います。

生きているものは必ず死ぬという前提で考え方を切り替えてやれば、飼ってもいいと思いますよ。


ペットというのは究極の癒しかもしれません。

ペットを失うのが嫌だから飼わないでおこうと思うのも一理ありますが

今のNさんの精神状態を考えると一番必要なのはペットなんじゃないかなって思います。


飼っていると愛情が湧いて、死んだら悲しくなる。

これは当たり前の感情です。

でも本当にペットが好きな人は、死んだらちゃんと供養し、また新たな生命を育てていくものだと思います。


今、Nさんが再び飼いたいと思っているのは、ペットに癒しと救いを求めている証拠だと思います。

うつ病に限らず、精神疾患にはペット療法もあるくらいですから、飼えば、また気持ちが切り替わると思います。

答になったかな?
[ 2011/06/07 18:38 ] (11)各種相談 | TB(0) | CM(9)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。