あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

治りかけていたのに、また戻る

今回の記事はカギコメント(管理人のみ)の
書き込みについて、判る範囲でお答えします。

仮にHさんとしておきます。

3年ほど前からうつ病を患ってきたHさんが
だんだんと調子がよくなってバイトもでき
楽しめるようになってきた矢先に
再び辛い想いをする日々が始まってしまった
というものです。


うつ病が治りかけて、気持ちが落ち着いてくると
今まで出来なかったことが色々やれるようになって
無意識に少し無理をするようになってきます。

自分の中では治ったかな?と思って
治療や薬を「勝手に」やめてしまう人もいます。


【Hさんが治療を続けながら落ちたのか
治療をやめていたのかは判りませんので
一般的なお話として書いていきます。】


話を戻しますが、
うつ病が治りかけ、
動けるようになったのが嬉しくて
無意識に無理をするようになることが多いのですが

実はここに落とし穴があると私は思います。


うつ病で治療中の時というのは
自分の想像以上に「体力が低下している」のです。

うつ病のときは
身体は動かしたいのに、頭が拒否する。

逆に治りかけのときは
頭は動きたがっているのに、身体がついてこない。


この頭と身体のアンバランスさが
何かのきっかけで「落ちる」という状況を
生むことがあります。

例えば、ショックを受けるような出来事が起きた。
人間関係でトラブルが起きた。

こういうショックやトラブルは
実は何て事のない日常に起こり得るものなのですが
うつ病になった、もしくは、なったことがある人には
「悪い記憶」として頭の中に鮮明に残ってしまう
場合が多々あります。


その「悪い記憶」を元に「自分を責めてしまう」
行為が発生してしまいます。

その結果、落ちてしまうということです。


数行前を思い出して下さい。

ショックやトラブルは
実は何て事のない日常に起こり得るもの


それは、人間が理性を持ち、価値観を持ち、
そして未来を考えることが出来る生き物だからです。

価値観が似ている人はいても
自分と全く同じ価値観の人はいない。

自分と全く同じ価値観を持っているのは、自分だけです。

だから人間同士でトラブルが起きてしまう。
当たり前のことなのです。


そして未来を考えることが出来る生き物だから
そこに「不安」というものを生み出してしまう。

トラブルを起こした人と、
また明日、顔をあわさなきゃいけない
どうしよう・・・
というような、ごく近い未来への不安です。


ところが、こういったトラブルによる不安は
絶対に修復不可能か?というと
そうでないものの方が多いです。

極端な話「昨日はごめんなさい」ですむかもしれません。


もちろん修復不可能なトラブルもありはしますが、
そういうのは「諦める」「無視する」「戦う」など
色んな選択肢が取れます。


だから「必要以上に気にしない」ということが
大切になります。

言い方を変えれば「過剰に反応しない」ことです。

私事ですが、この思考回路に徐々に変えていったことで
今、安定して回復に向かっています。
「気にしない、気にしない」を口癖にしながらです。

それでも医者が「いい」というまで治療は続けます。


人は、過去、現在、未来を考えることができます。
そして反省することもできます。
必要なのは「悪い記憶、悪い考え」をどういう風に
解決するかをきちんと考えて模索することだと思います。

最初は「気にしない」からでいいんです。
人間なんだから、心が折れたり、落ちたりすることもあるんです。

「自分を責めすぎない」ことを頭の片隅にでもいいから置いておいて下さい。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2009/11/17 18:15 ] (9)考え方(心理) | TB(0) | CM(16)

趣味を持ちましょう

病院やカウンセリングにいったりすると

『何か趣味を持って気を紛らわすことをしましょう』

とか、かなり簡単に言ってくる
カウンセラーや医者がいたりします。
個人的には安直だなぁと思います。


言われた方としては

『趣味って言われてもなぁ…』

と思いふけって、思いつかず
自分は趣味も思い浮かばないのかと落ち込む方もいます。


趣味をたくさん持っている人もいれば
無趣味の人もまた、たくさんいます。
ちなみに私は無趣味ですw


趣味が思い浮かばない人
元々趣味を持ってなかった人がうつ病になって
こういうことを言われてしまったら
どうすればいいのでしょう?


実はこの手の悩みの書き込みやメールが時々きています。

書き込みは「管理人のみ表示を許可する」で
書いてくれていますので、私しか読めない
「他の人には読まれたくない」というような感じのものです。


そもそも趣味って捉えるから発想が浮かばないのじゃないかな?

うつ病になってよく感じることは
◆考えがまとまらない
◆行動力が少なくなる(なくなる)
◆何もしたくない
◆億劫

どれを取っても、とても趣味に走れるような状態じゃないです。

でも動いたり、考えたりしないと身体はどんどん錆びていきます。

そこで、趣味じゃなくて気になることをしてみると考えてみてはいかがでしょう?

例えばお腹が出てきた。
でも歩くのは嫌。
なら軽く腹筋でもしよう。

例えば足腰が弱ってきた。
でも歩くのは嫌。
なら軽くスクワットでもしよう。

こんな感じです。

趣味と捉えると敷居が高く感じられますが、
気になることと捉えればそうでもないのではないでしょうか?


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

[ 2009/11/13 09:23 ] (8)行動 | TB(0) | CM(1)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。