あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

どうしてなんだろう?

最近、自分が考えていることへの疑問や
コメントや別館での書き込みの中で
「どうしてなんだろう?」と思えることを
考えて書いてみました。

個人的な考えなので流してもらって構いません。


◆ブログの更新に勢いがなくなった

ほぼ毎日更新していたブログが
最近では月1回がいいとこ

どうして?

書けることがなくなったから

本当に最初のころは日記のつもりだった。
ただコンセプトが「うつ病に偏見を持つな」
だったので、日常を書くことができず

なんでこんな症状が出るんだ?
を中心に書いてきたので、
経験したことを書ききった時点で
書くことがなくなってしまった。


◆何がしたいかわからない

逆に明確に何かをしたい!
とビジョンを持っている人は少ないと
個人的には思える。

一流のアスリートは突然、一流になったのか?

違う

小さいころからサッカーや野球に夢中だった。
いつしかそれが、プロになりたいという
明確なビジョンに変わった。

「なりたい」と思わなければ、
それは「夢」で終わってしまう。

「なりたい」と思うから努力ができる。

就職して結婚して子供をもち幸せな家庭を築きたい。
これも一つのビジョンだ。

そこには失敗や挫折は必ず存在する。
それを恐れていては何もできない。

今すぐやりたいことを見つける必要はないんだ。
それよりも色んな経験を積むことのほうが
大切だと思う。

よく「壁に当たる」という言葉を聞く
そもそも「壁」とは何なのか?

自分の能力が上がってくると
新しいことが目の前にあらわれる。

学校なら勉強
仕事なら新しい業務

知らないことに踏み込むわけだから
失敗や挫折も経験することになる。

そもそも壁というものは
自分から踏み込まないと存在しないもの

乗り越えられる可能性があるからそこに踏み込む。

「業務命令」だったからと言っても選択肢は自分にある。
もちろん断れば解雇になるかもしれないから
仕方なく受けることもあるだろう。

でも踏み込んだ時点で責任は自分にあると
思った方が気持ちが楽になることが多い。

壁というのは、新しい成長への一歩だとは
思えないだろうか?

踏み込まない者の前には「壁」は現れないのだから。


◆親の理解が得られない

そもそも血縁であっても
親と子供は全く別の人間だ。

考え方も違えば価値観も違う
受け入れられない価値観は
否定されることもしばしばある。

むしろ否定されることのほうが多い。

親は子供を育てる義務がある。
正しい方向に導こうとして
時に、自分の価値観を押し付ける。
子供の意見や価値観を跳ね除けて。

それは仕方がないことでもある。

親が正しいと思ってやっていることも
子供にとっては受け入れられないこともよくある。
子供は親のクローンではないのだ。

親にとっては「その程度」でも
子供にとっては「重大事」であることも多い。

相互理解には話し合いが必要になる。

それでも理解されないことの方が多いのが現実

「理解されないから仕方ない」で終われば
そこで止まってしまうのではないかと思う。


◆治療をやめる

うつ病の治療には薬の他にも
認知療法や対症療法など色々とある。

症状によってその方法は様々あり
自分にとって、その治療法が正しいかどうかは
ある程度、時間がかからないと判らない。

うつ病には脳内物質の分泌異常から
起こることもある。
場合によっては薬が必要なこともある。

一番危険なのは

どういう治療であれ

自分で判断して勝手に治療をやめること

これは時に最悪の結果を生むことがある。


◆社会復帰

うつ病の状態のまま、社会に戻ることは
苦痛を伴うことが多い。

それはいきなりハードルを
上げているからだと思う。

いわゆる一般企業にいきなり入社すれば
困惑や恐怖、葛藤に襲われる。

私の場合だと、NPO法人で
しばらく社会復帰のための訓練のようなものをして
それからアルバイトに出た。

生活という観点からすれば
職場にもよるがNPO法人で得られる所得は少ない。

正直なところ障害者年金も考えた。
仮に1級を得られても年間99万円(私の県)

NPOの方が多い

障害者年金にはリスクがある。
社会復帰したら返還しなくてはならない。

自分が出来ると思った仕事から
やり始めて、徐々にハードルを上げていけば
心や身体への負担が少なくてすむ。



なんか、まとまりのない文章に
なってしまいましたが
私の中にあった疑問に対する
答えを自分なりに書いてみました。


ランキングに参加しています
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
[ 2008/09/18 11:13 ] うつ日記 | TB(0) | CM(18)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。