あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

走り続ける?

人は永久に走ることはできない

元気なときは走り、疲れたら休む この繰り返しだ

ところが世の中には走り続ける人がいる

仕事がそうさせるのか?性格がそうさせるのか?

とにかく身体が動かなくなるまで走る人がいる

それはそれでいいだろう


ただ、そういう生活をしていると

心と身体に疲労がたまっていく

極端に溜まった疲労は、そう簡単には回復しない

回復しないまま、また走り始める

そして疲労が溜まるまでの間隔が短くなり始める


そしていつか、心と身体の疲労が限界を超える

限界を超えたとき、うつ病などの心の病気や

体力低下からくる免疫力の低下で何かしらの病気に

なることがある


そして病気になってから「やりすぎた」と後悔する

走って疲れたら休む

少しくらい自分を解放してあげてもいいのではないだろうか

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
スポンサーサイト
[ 2007/11/29 09:01 ] 鬱病 | TB(0) | CM(35)

心の波

うつ病になってしまうと(あるいはうつ以外でも)

今何故、自分が憂うつなのか判らなくなるときがある

誰かに何かを言われたわけでもなく、何かあったわけでもない

突然気持ちが落ちていくことが、ままある


私の場合、治りかけの範疇に入るのだと思う

それでもたまにストンと落ちる

きっかけを探しても思い当たらない

でも大体1日~2日でおさまる


大うつで苦しんでいたとき

この突然落ちることが多々あり

何週間も続いた時期もあった

頭痛や吐き気や色んなものが複合して落ち続けていた


ただ必ず上がってくるときが来る

期間の大小はあれ波は上がったり下がったりするものだ


ほんの少しでも前向きに考えられるように心がけている

辛い悲しいだけの気持ちじゃなく

今日は気分がよくて嬉しいという気持ち

「嬉しい」を大事にしたいと思う

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/28 09:01 ] 鬱病 | TB(0) | CM(7)

胃腸と不眠

さっき突然思い出したことがありました。

何年も前に医者に言われたこと


不眠が続くと胃腸が弱くなり、

胃腸が弱いと不眠になりやすいんだよ


卵が先か?ニワトリが先か?のような話しだけど

実際そうらしい


例えばストレスがたまると胃が痛くなる場合が多く

便秘のときは、お腹がはって眠れないときもある


夜食を食べると胃腸は一晩中働き続けるから

起きたときに疲労感がある…もっともだ


実は今、普通に眠れている

胃腸も調子がいい


不眠のときどうだったか考えてみた

便秘と下痢を繰り返し、お腹もはっていた

食事の時間は、ばらばら

夜食と称して夜中にお菓子を食べることもしばしば

確かに胃腸が休まるときがなかった気がする


本当に胃腸と不眠に因果関係があるのかは判らない

一足飛びに関係があるというのも極端だと思う

ただ、今は胃腸の調子がよくて、かつ眠れている

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/25 16:57 ] 鬱病 | TB(0) | CM(8)

いいお天気

tenki

昨日、今日と四国はいい天気です。
ただ風は冷たく一気に冬が来たという感じです。

こんな日はちょっと外に出て気分転換しよう!
と出かけたものの、やはりそこは祝日

人の多さに、あっさりグロッキー(ToT)
治りかけているとはいえ
やっぱりまだかかるなと実感してしまった1日でした。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/24 08:17 ] 日記 | TB(0) | CM(7)

許すこと

自分を他人を許すことが出来るかどうか?

最近これが、うつ病を治すために大事なのかな?

と思うようになった。

以前はパワハラ・モラハラを繰り返し受け

止めた後も会社と上司に憎しみを持ち続けた自分がいた。

怒りが、憎悪が自分の心を支配し悶々とした日々が続いた。

会社の車を見ただけでパニック発作を起こすことも多々あった。

ただ最近はそれがなくなった。

会社の車を見かけても「お疲れさん」という言葉が

自然に心の中に出てくる。

嫌がらせを受けたのは事実であるが何となく許せている。

きっかけは色々あるが、仲の良かった同僚の死が

自分の中で何かを変えさせた。

彼もまた、うつ病やストレスと闘っていた。

時に一緒に酒を飲んだ。

心不全による突然死だったそうだ。

人間いつどうなるか誰にも判らない。

彼がそのことを教えてくれたような気がした。

彼の死を境に私は憎むことをやめた。

バイトを始めることも出来るようになった。

憎しみに支配されていた時には考えられなかった。

心に余裕がなかった。

憎しみは心を閉塞させることに気づいた。

ありがとう。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/22 10:27 ] 鬱病 | TB(0) | CM(11)

なんか腹立つ

先日、某女優の息子が覚せい剤で逮捕され

その謝罪会見を見てた

『数年前から睡眠薬を服用しうつ状態にあった』

個人的な主観であるが違うと思う

覚せい剤の代わりに睡眠薬や安定剤に逃げたとしか思えない

単純に薬物依存から抜け出せていないだけだ


覚せい剤常習者とうつ病の人を同じ土俵にあげるな!


某横綱の一件以来、説明に困るとうつ病と言えばいい

こんな風潮が広まりつつあるように感じられる

気のせいだろうか?

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/21 14:42 ] 日記 | TB(0) | CM(5)

企業の対策

先日とある社説で、社員のメンタル面の取り組みが書いてあった。

やっと企業も考え始めたかと思いつつ記事を読んでいると

ん??

告訴や慰謝料請求が増えてきたから対策を始めた?

ん???

莫大な請求をされるから事前に対策をしよう


違うだろっ!(怒)

そんな打算的な対策でメンタル面のフォローが出来る訳がない!


そもそもうつ病を初めとする精神疾患は

原因と発病の因果関係が掴みにくい。

証拠がないからだ

証拠がないから裁判しても負けるので裁判までいくことは少ない。

実際に調べた限り殆どは患者が負けている。


会社に賠償を求めるなら証拠を集めよう

会話の録音、自分だけの業務日誌、同僚の言質

考えればいくらでもある。


必ずしも勝てると決まったわけではないが

証拠があるかないかでは大きく違う。


会社の規則も理解しておきたいものである。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/20 08:45 ] 鬱病 | TB(0) | CM(9)

低年齢化

うつ病もしくはうつ状態の患者の

低年齢化が進んでいるそうです。

以前から言われてはいましたが

最近特に増えているということです。

受験一色の育て方が増えているのに加え(←ちと偏見?)

治安が悪くなっていることで外で自由に遊べない

というストレスが堪っているのではないのでしょうか?

政治家は汚職に一生懸命で国を立て直す気はなさそうですし

これでいいのか?日本

ランキングに参加しています↓宜しければ応援お願いします。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気

FC2 Blog Ranking
[ 2007/11/17 08:06 ] 鬱病 | TB(0) | CM(15)

青汁

食欲がないのと野菜をほとんど取ってないので

青汁を買ってきた

以前のような悶絶する不味さはないものの粉っぽい(泣)

さて昨日とあるニュースで10人のうち3人は

うつ病などの心の病で通院していると言っていた

前に10人に6人はうつ病性疾患になっているという

統計の話しをしましたが、

そのうちの半分は通院しているということになる

諸外国と比べても圧倒的に多い数だそうだ

つまり、それだけ増えている

だからというわけではないが

なんで私だけ?ではなく

皆なるんだ!くらいで切り替えてみてはいかがでしょう

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/14 07:41 ] 鬱病 | TB(0) | CM(21)

理解

うつ病を理解してもらいたい

これは患者なら誰でも思っていること

しかし実際は理解されにくい

何故だろう?


憂うつな気分というのは誰にでもある

単に気分が悪い、頭が痛い、やる気が出ないでは

ただ一時的に憂うつなんだと思われてしまう


始めにそういう先入観が出来てしまうと

後々理解されにくい


大切なのは正確に伝えること

何が原因で病気になり

日々の症状がどうであるか?ということ


伝えなければ理解されることはない

ただ伝えたからといって理解される保証もない


でも伝えないよりは伝えた方がいい

少なくとも私は親や会社に伝え続けた

だから療養が出来るようになった

それは事実である


リラックマグッズ
携帯通販♪



ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/11/10 10:12 ] 鬱病 | TB(0) | CM(37)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。