FC2ブログ

あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。
月別アーカイブ  [ 2007年07月 ] 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

うつ病性障害4

本編に入る前に少しだけコメントのルールを書きます
1 他の人(読者)を傷つけるコメントの禁止
2 何のサイトか判らないサイト宣伝の禁止
この2つは最低限守って下さい。お願いします。

では、本編です。
昨日までにうつ病を発症する要因についてお話ししました。
今回はうつ病になるとどういう症状が出るのかを話します。

主な症状として
・決断力や集中力が低下する
・訳もなく悲哀感に襲われる(突然泣くなど)
・食欲・性欲といった本能に根ざす部分が減退する
・興味や喜びを感じなくなる(無気力になるなど)
・酷い倦怠感に襲われる(何をするにも億劫など)
・ちょっとした失敗で自身を喪失する

更に進行すると
・眠れなくなる
・自傷行為をしてしまう(リストカットなど)
・生きているのが嫌になる
・身体の様々な部分に異常を感じる(頭痛・めまいなど)
・他人と話すのが辛くなる
・外出できなくなる
・言葉に過敏に反応してしまう
・自分で自分を責めてしまう
・訳もなく暴れる

など、少なくともこれらの症状が2週間以上
連続して出るのであれば、専門医への受診をお勧めします。

精神科よりは心療内科の方がいいと思います。
心の病になると、他の人に知られるのが恥ずかしいから
病院にいくのをためらう事がよくあります。

しかし、対処が早ければ回復も早いですし
逆に対処が遅ければ泥沼のようなうつ病に悩まされます。
(私がそうでした)

ただ、身内や親しい人の死によって発症した場合は
対処の早い遅いに関係なく治療には時間がかかります。

少しでも異常を感じたら専門医にかかって下さい

******************************************************
<今月のおすすめ書籍>
私がうつ病を改善させるきっかけになった書籍です
自分が気づいてないことを気づかせてくれるそんな本です

興味がある方は是非、ご購読下さい。著者はうつを克服した方です
(ネット販売限定品2000円です)

【精神保健指定医推薦の本】
「心をプロの社会人にするための法則」

******************************************************
ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
スポンサーサイト
[ 2007/07/19 11:01 ] うつ病性障害 | TB(0) | CM(20)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。