あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

出社できない!?

改めて、現在カテゴリ」「治療」で書いていることは
実際に私が経験し、発症した症状とその治療の過程です。

最悪の状態その1

出社できなくなります。いわゆる出社拒否症です。
頭と体がちぐはぐで
「行かなきゃならない」と「行きたくない」という
矛盾した感情が芽生えて、仮に出社してもすぐ帰ってしまう。

この頃になると周りも異常に気付きます。
なにせ表情はなく、目の下にはくまができ、無口
仕事なんか手に付きません。

周りは「入院したら?」とか言ってくれますが
入院するにも、抱えている仕事が多すぎてそれもできない。

上司は、「仕事は割り振るから」とか言いながら
誰も受け手がいないので引き継ぎもままなりません。

そもそも、鬱になった人の仕事を私が受けて
結果として私も鬱になってしまったわけですから
誰もしたくないわな~が本音でしょう。

で、仕方ないので、ほとんど半日仕事しては帰る
とにかく受け手がみつかるまで

その間にもどんどん症状は悪化していきます。
さて、どうなったでしょうか?

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
スポンサーサイト
[ 2007/03/31 09:20 ] 治療 | TB(0) | CM(1)

一つ消えてもまた次が

2002年に鬱病と診断されてから
体に異常が出ると、とりあえず心療内科に行く
その繰り返しです

しかし
仕事が順調に進んでいるかというと、そうではないです
気力・体力・集中力が持たない上に仕事が増えていく ハァ

仕事が増えること、それをこなすこと
それ自体は苦ではないんです

こなせなくなっていくことが悔しいんですね
一人に仕事を集中させる会社に非がないとは言いませんが
受けた以上はやる!

実はこれがいけない
NOと言えない日本人
これを社内でやっている自分

今はそうでもないのでしょうが
私が子供のころは「受けたらやる!」を
教育として叩き込まれましたから、やっちゃうんですね

しかも、まともに仕事が進まないということは
クレームも相応にくる
お客さんのクレームはちゃんと対応します
でも社内のクレームには対応しきれません
何故なら自分たちは何もしないのに文句ばかり言うからです
何度喧嘩したことか

で、この悔しさと責めが最悪の状態を招きました

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/30 09:26 ] 治療 | TB(0) | CM(0)

それは過食症

とにかく甘いものが欲しくてたまらず
毎日チョコを1袋 毎日です
結果は3か月ほどで+15kgひぃぃ

先生も目に見えて太っていくので色々してくれました
・食欲を抑える胃薬
・満腹感を与える薬

でも止まりません
「とにかく買うな!」
でも無意識に当たり前のように買ってます

それが、ある時突然止まりました
酒に移行したんですね

元々うわばみでしたから、なんぼでも飲む
で、胃壊しました
食べたくても食べれません
半年もしたら胃が小さくなって食べる量も減ったんです

皮肉にもそれで過食症が止まりました
逆に食欲そのものも消えましたけど

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/29 09:24 ] 治療 | TB(0) | CM(1)

どうしようか?

精神科に行ってもどうにもならない
どこいきゃいいんだ?

寝不足でイライラが加速してました
ぶちキレルこともしばしば

頭痛も始まり、吐き気も日常
目まいは当たり前のようにきます

本人はまだ、ただの不眠症だと思ってます
でも行く病院がない

この頃の私は心療内科というものを知りませんでした
総合病院はたくさんありましたけど
1999年当時は鬱病自体の社会的認知度が低かったように思えます

ゆえに心療内科に行ったのは、不眠症が出始めてから3年後
そこでやっと「鬱病だね」と診断されました
「不眠症はゆっくり治そうね。体内時計を調整しながら」
というわけで、「眠れないのは仕方ないや」で済ますことにしました

さあここからが自分との闘いです
いきなり負けました 苦笑)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/28 09:22 ] 治療 | TB(0) | CM(0)

何がまずかったの?

寝付けない・眠れない(熟睡できない)状態を放置したことです。

なんで眠れないのか原因を考えずに医者と薬に頼ったんですね
結果は…7年間に及ぶ不眠状態(正確にはレム睡眠のみ)

薬はどんどん強くなって「ハルシオン」までいきました。
睡眠導入剤ではなくて、【 睡眠薬 】です。

これがきつい
確かに眠れるのですが、翌日が地獄です。
昼過ぎまでず~っと眠いんですよ
わずか3日の服用でギブアップ

眠れないと体力削るんですよね
実験と現場テストの繰り返しに体がついていかなくなる
行きたくなかったんですが、精神科に行きました

そこで聞かれたこと
医者「何か悩みはありますか?」
私 「仕事量が多すぎますね」

医者「寝る前に何かしてますか?」
私 「TV見てます」

医者「仕事に満足してますか?」
私 「内容そのものに不満はありませんが、3人分してますから…」

医者「寝る前に何か考えてますか?」
私 「翌日の仕事の段取り考えてます」

医者「寝る前に頭使いすぎてますね。
   目から情報を入れたり、考え事していると
   脳が活性化して興奮状態になるので
   何も考えないようにしてみてください」

…何も考えないのは無理でした。
しばらく通いましたが、この病院も見切りをつけました

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/27 09:21 ] 治療 | TB(0) | CM(0)

不眠という異変

****本題に入る前に***************************
「昨日うつの人にどう接したらいいの?」
という質問がありました。
2週間ほど前にこのことについて書いたのですが
「探して下さい」というのは、あまりに失礼なので
カテゴリ【 接し方 】を増やしました。
参考にしてくださいね
*********************************************

で、本題です。

大体1日12時間の労働プラス通勤2時間
定時は8時間なんですけどね
毎日14時間が仕事でその後、食事作って
風呂入って寝る

ほぼ毎日疲労困憊で布団に入れば3秒で寝る
それが日常でした まるでのび太君のように1・2・3ぐぅ^^

そんな生活が1年ばかり続いたころ
突然、すぐに眠れない日がポツポツと出てきたんですね

「人間、疲れすぎると逆に眠れないんだよ」
誰かに聞きました
「そうなんだぁ…そのうち眠れるだろ~」
で済ますこと半年余り
どんどん眠れないというか寝付けない状態が続き始めて
内科に行きました

出された薬が「レンドルミン(レンデムともいう)」
これで、さくっと眠れるようになりました。
あぁ治った!信じて疑いませんでした
・・・
・・・
・・・甘かった(ToT)

1週間で効かなくなったんです
でも我慢しました

これがまずがった

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/26 09:19 ] 治療 | TB(0) | CM(2)

とりあえず現状

治療の方法について話す前に
とりあえず私の現状ですが

「不眠症」・・続いています
「不安神経症」・・続いています
「パニック発作」・・たまに出ます
「拒食症」・・続いてます
「過食症」・・治りました
「引きこもり」・・治りました
「対人恐怖症」・・続いています
「脅迫神経症」・・続いています
「身体化症候群」・・続いています
「微笑み鬱病」・・多分続いています
「ヒステリー」・・たまに出ます
「神経性抑うつ症」・・今の病名です
「心的障害」・・癒えてません
「フラッシュバック」・・出ると同時にほぼ「パニック発作」になります

とまあ、14の症状のうち治ったのが
「過食症」と「引きこもり」のみ

これらの症状は何?という方
カテゴリ見て下さいね。一通り書いてます。

7年間、もうすぐ8年目ですか
最初から全部の症状が出たわけではないです。
出てたらえらいことです 笑)

初めは軽い「不眠症」でした

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/25 09:18 ] 治療 | TB(0) | CM(4)

さてさて

今までとことん
鬱病の「種類」「症状」「原因」「発症」
「鬱病患者への接し方」「してほしくないこと」
「早期発見の方法」など経験をもとに書いてきました。

今後は治療の方法について
やっぱり経験をもとに書いていこうと思います。

とは言っても、私自身、現在治療中ですので
「こうしたら治ります!」ってのは書けません。

ただ相当長期に渡って患っていますので
それはもう、色々な方法を試しました。

その方法を随時掲載しようと思っています。

少なくとも、こうやってブログが書けるとこまで
回復したという事実

気分転換に外出出来るようになった事実

そうなるまでに発症した症状と
その都度試した治療の方法を紹介していきますね。

でも今日はここまで、また明日書きます。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/24 09:36 ] 治療 | TB(0) | CM(0)

引きこもりからの脱出

私が半年あまりの引きこもりから脱出できた理由とは?

の前に、なんで引きこもるのか?
これ以上、精神的なダメージを受けるのが嫌!
外出しなければダメージは増えない!
こんなとこでしょうか

先日たまたま近所のおばさんに会いました
というか会ってしまいました
第一声「肥えたね~」
(ほっとけ!好きで肥えたんちゃうわ!
 人を傷つけるような発言を平気でするなよ!
 心の中で叫んでいました 怒)
ご近所さんが一番厄介なんですね。特に田舎の場合
特におばさんたち関係ないのに一々干渉してくる。。

で、なんで引きこもりから抜け出せたかというと
たまたまネットで四国巡礼八十八箇所参りを見つけたんですね
「行ってみようかなぁ」
近くに6箇所ほどあったのでとりあえず行ってみました

寺という場所のせいでしょうか?
とにかく落ち着くんです
人はたくさんいます
でも巡礼という共通点があるので話もしやすく
傷つけられることもない
そうこうしてるうちに八十八箇所全部巡りました

それ以来、外が怖くなくなりましたね

なんでもいいんです
外でできる趣味をもつこと
外に出る理由をみつけること
自分の中からその気持ちを湧きださせること

家族の方、無理矢理外に連れ出そうとするのはやめて下さいね
「○○行くから一緒にこい!」
じゃなくて
「○○行くんだけど、一緒に来るか?」
くらいに留めてください
「NO」が出れば強制はしない


引きこもりにしても、鬱にしても治療には時間がかかります
本人がその気にならない限り
周りがどんなに世話焼いても迷惑としか思えませんから
[ 2007/03/23 10:37 ] 引きこもり | TB(0) | CM(0)

引きこもり 2

では「引きこもり」の原因の探り方です
誰に教えられるでもなく、自分で考えた方法です

<引きこもるようになったのは、いつ?>
<そのころに何か環境や心境の変化はあった?>
<人に言えないような不安を抱えてる?>
<外出したくない理由が見当たる?>

こういうことを一つ一つ紙に書き留めていきます
一気に書く必要はないです
むしろ一つ書いては、他に何かないか考えていく方がいいです

そのうち原因がぼんやりと見えてきます
あとは、その原因が解決できるものなのかどうか?です

自分で解決できそうなら、時間をかけてでも解決しましょう
自分で解決できないようなら、相談するのが一番です

が…

相談する相手は選ばないといけません
実際、身内が相談相手に適しているとは言い難いです
「引きこもり」そのものを否定している人に相談しても
どもなりません

むしろ、カウンセラーに相談するのがいいでしょう
私もそうしました
しかも、何人ものカウンセラーに相談しました
で、カウンセラーの答えを紙に書いていく
予約すれば家まで来てくれることもあります
ただ100%依存してはダメです
あくまで解決の糸口を探るために相談すると思ってください

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
[ 2007/03/22 09:41 ] 引きこもり | TB(0) | CM(0)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。