あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケアサービスを利用してみましょう

最近ようやく朝晩は秋の気配が漂って来ましたね。
気づけば、もう9月です。

まだ少し残暑は続くようですが
猛暑で不眠に拍車がかかった状態から抜け出せそうです(^^ゞ

先月から私はデイケアというサービスを受け始めました。
外来治療の一環で極力入院をさけて日帰りで
同じような病気の人たちと規則正しい生活を送るというものです、

社会性をつけなおし、対人関係を修復し社会復帰を目指すものです。

今まではバイトで食いつないできたわけですが
1週間のうち数日バイト、あとの日は半引きこもりのような生活を続けていました。

このバイトをしていない日にデイケアを受けるようにしました。

サークル活動のようなものや、同じ病気の人の話を聞いたりして
社会性を身につけ治療の一助とするのが目的です。

デイケアサービスをしている病院なら利用するのもいいと思います。

費用面は行政とか色々とややこしいので「いくら?」というのは一概に言えませんが
私の場合、病院の付属のサービスということで
自立支援医療制度の範囲でまかなえています。

このデイケアサービスの中で自分ができることと、できないことを
明確にしていこうと思っています。

目標はフルタイム勤務ですけど、デイケアを1日受けるだけでも
疲れているので、完全な社会復帰には、もう少しかかりそうです(^^ゞ
スポンサーサイト
[ 2012/09/02 11:16 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(8)

できれば心理テストを受けてみましょう

私がやっている治療を先日から紹介しています。

今回は『心理テスト』

ロールシャッハ・テストとかですね。

絵を見て何の形に見えるのかで
性格や深層心理を見ぬくテストです。

他にも即興で出される課題に対して絵を描くというのもやりました。

結果は

頑張り屋でプライドが高くて融通がきかない(^^ゞ

まー薄々判ってはいたことですが
テストできちんと結果が出たことで
自分の性格を見つめなおす機会を得ました。

もちろん性格だけでうつ病がどうこうなるとは思っていません。

でも、頑張り屋なら頑張り過ぎないようにするとか
適当に手を抜くすべを覚えるとか
色々考えて行動することが大事になると思います。

ずっと前に書いたことですが
うつ病は、

原因を調べ
原因の解決策を模索し
原因を除去もしくは解決する

ことが重要です。

でも中には除去できない原因もあります。

除去できない問題は
どうすれば解決できるのか?
本人と家族、そして医師と相談しながら模索していくしかありません

その前段階として受けられる検査は受けておきましょう
[ 2012/07/02 06:26 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(3)

血液検査 治療の道筋その2

暑いです(^^ゞ

梅雨入りした途端にこの暑さで茹だってます

さてさて
治療計画を立てる時に最初にやってほしいのは

血液検査です。

うつ病になってしまうと
不調の原因は全てうつだと思ってしまって
他の検査をやらなくなってしまいます。

でも、それは、危ないです。


例えば私

3人目の主治医になるまで検査というものは殆どやってきていません。

年1回してるかしてないかくらいでした

その間、チョコをストレス食いしてまして
半年前の体重は72キロもありました

糖尿病が発覚したのも半年前です。

『健康状態が知りたいから血液検査しておきましょうね』

この一言で糖尿が発見されました。

重度・・つまり腎障害が出る一歩手前だったそうです。

中性脂肪の値もめっちゃ高くて

肝臓も弱っていたそうです。


先生が変わらなければ恐らく発見すらされず弱っていったことでしょう。


血液検査は健康診断では基本です。

できれば尿検査もあわせてやっておいた方がいいです。


ちなみに今の体重は62キロ
徹底したカロリーコントロールで減りました

ヘモグロビンA1c(HbA1c)という糖尿の度合いを示す数値も
半年前の10.8から5.8(正常値ギリギリ)まで下がりました。


何はともあれ血液検査

医者に申告してでもやっておきたい検査です。
[ 2012/06/10 20:02 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(1)

治療の道筋を立てましょう その1

相変わらず鳴かず飛ばずの微妙なところで体調が推移しています。

前に書いたかもしれませんが
私は現在までに3人の心療内科医を渡り歩いています。

最初の医者は名の知れた名医だったのですが
通院4年目くらいで医者自身が体調不良で診てもらえなくなりました。

この時の治療は現状打破

都度発生する症状に併せての薬の処方だけでした

2人目は、前医の代診で来ていた先生

しかし、この方も半年くらいで別の病院に移ったため
大した治療はできず

3人目で初めて入院という選択肢が出ました。

この3人目の先生が当たりでして
当時、最大のネックだった不眠に関して徹底的に
調査と治療をやって頂きました

つまり、どういう治療方針で進めていくかを
きちんと説明してくれたんですね。

不眠に関しては大幅に改善されています。

何をしたかというと結構ながくなるので

細かい治療方針については、また今度書きますね
[ 2012/06/09 11:08 ] (10)回復のヒント | TB(1) | CM(0)

太陽をいっぱい浴びて下さい

随分と更新をさぼりました(^^ゞ

ひーふーみー

ざっと3ヶ月かな?

欝の症状は軽くなったとはいえ、相変わらずなんですが
眠りが大幅に改善されたことで気分的にはすごく楽です。

この時期、毎年のように五月病にもさいなまれていたのですが
それも、なし!

自分が調子いいものだから、更新もつい・・忘れてました

長い冬も終わって、昼夜の寒暖差も少なくなりましたから
今、調子を崩している人も徐々に良くなってくるのではないでしょうか?

これから、梅雨、そして夏と季節は変わっていきますが
できるだけ太陽の光をいっぱい浴びて下さい。

倒れない程度に^^

なんで太陽?と思われるかもしれませんが

うつ病になりやすい人というのはホルモンの一つである

「セロトニン」の分泌異常があります。

分泌が少ないんですね

で、このセロトニンの分泌には太陽の光が必要です。

太陽を浴びない生活が長く続くと、当然のように体調も悪くなります。

だから暖かくなった今

散歩でもいいので、できる限り太陽を浴びて下さい。


な~んか久しぶりに文章を書くと下手になってますね(^^ゞ
[ 2012/05/10 20:34 ] (10)回復のヒント | TB(1) | CM(2)

回復の兆しは、やはり眠りの改善から?

久々の更新です。最近さぼってばっかり(^^ゞ

うつ病の人の多くは、最初は眠りがうまくいかないとこから始まる人が多いです。
みんなそうだ!とは言いませんが、やはり不眠がネックのようですね。

昨日の日曜、起きたのは午前4時でした。
最近4時代に起きることが多いです。

そして午後3時くらいに猛烈な眠気に襲われます。

日曜だったので、そのまま眠れるかと思いやってみると3時間程寝ました。

眠りを助ける薬は飲まずに寝落ち。

起きたときはボーっとしてました。

10分くらいで完全覚醒して、その後、頭の回転がよくなりました。

そしてパイレーツオブカリビアンを見ながら、クラーケンの辺りで意識を失い、次に気がついたのが午前2時。

テレビも電気もつけっぱなし。番組はプロレスやってましたw

またしても薬を飲まずに寝落ちです。

その後、このまま眠れるかな?と思いましたが、やはり無理。

午前2時半に寝る薬を飲み、起きたのが午前6時

昼間や何も考えていないときは、勝手に寝落ちしてくれる。

ただ、寝ようと構えると、やはり眠れないようです。


昼間でもいいから自然に眠れるようになってくると起きてからの頭の回転が格段に違います。

あとはこれを夜の普通に寝るタイミングに持っていけるかどうか。


以前は昼寝すら出来ない状態でしたから、少しは改善されたのかな?って思います。

つくづく病院を変えて良かった(^O^)
[ 2011/05/23 07:44 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(6)

昨日も暑かったですね

久しぶりに回復のヒント書きます。

自分がぼろぼろなのに、今何故?と
思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、ぼろぼろだからこそ思い出して書けることがあります。

負の感情をいかにして制御するか

どうしても悪い方へ悪い方へと考えがいってしまうとき
とりあえず泣きましょう。大声をだしましょう。

耐えることが当たり前の生活になっていることと思います。
たまには大きく感情を揺さぶりましょう。

感情を揺さぶった後は深呼吸して、何も考えない時間を作りましょう。

そうすることで負の感情は若干ですがゆるみます。

うつ病は我慢してて治るものではないです。
むしろ積極的に感情の起伏を見せる。

最初は抵抗があるでしょう。
周りの目もありますし。

うつ病になると感情が一方向に固定化されてしまいます。
これは仕方ないことです。

それをあえて揺さぶるのです。
溜めこんだものを吐き出すのです。


PS
ほんっとに体調が悪いです。
特に目の調子がとても悪い。
ドライアイとか緑内障とかが重なって
そこに夏バテがどんっ!ってきています。
早く夏終わらないかな~
[ 2010/08/09 09:06 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(4)

忙しいです

ちょっとオーバーワーク気味でへろへろしてます(汗)

さて、この季節に気をつけたいことを少々

春~梅雨~夏にかけて、気温や湿度の変動が大きいところにもってきて
GWも終わり、仕事の流れも大体判るようになってきて、色んな仕事を任されるようになるこの時期

一番陥りやすいのが、疲労とストレスからやってくる自律神経失調症

集中力がなくなるとか、頭痛がするとか、吐き気がするとか
体調がすぐれなくなってくると精神的にも、ちょっとブルーになってきます。

でも、これは鬱ではありません。
鬱っぽい症状ではありますが、ちょっとした環境の変化に身体がついていっていないだけです。

週の始まり、あぁまた1週間が始まるって思ってしまいがちですが
所々で手を抜きながら、時にはお酒でも飲んで、その日のストレスその日のうちにじゃないですが
失敗を引っ張らないようにしていけば、自然と回復していくものです。

今年は特に寒暖の差が激しいですし、蒸し暑さも相当です。

うちの近所では、春のうぐいすが鳴き、夏のキジが子育てをし、渡り鳥?のシジュウカラが電線に止まっています。

一体、今の季節は何?って突っ込みたくなるくらいです。

そんな季節だから体調が悪くなっても、な~んにもおかしくないのです。

ちょっと疲れたな~って思ったら、休日はうんと休む。

風邪ひきましたーでもいいですけど、嘘の風邪だと罪悪感が出ますから、有休は大事に取っておきましょう。

あるがままに、毎日を過ごすのが身体にも心にも一番いいんですよ。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ人気FC2 Blog Ranking
[ 2010/06/28 10:44 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(15)

過去の自分を客観的に見る

回復のヒントその4(だったかな?)です。

「過去の自分を客観的に見る」

みなさんそれぞれ、辛いこと悲しいことトラウマや過度なストレスなど
様々な理由でうつ病になってしまったことと思います。

自己嫌悪、恨み、憎しみ、そういった感情も病状を悪化させている要因になっているでしょう。

そして過去を思い出すたびに、辛さや悲しみが込み上げてきているでしょう。

でもね、どんなに過去を思い出しても、過ぎ去った時間はやり直しがきかないのですよ。
やり直すとしたら過去の出来事を反省し、今からどうすればいいかを考えること。

反省といっても別に悪いことをして、うつ病になったわけではないのですから
この場合の反省とは、過去の自分を客観的に見るということです。
[ 2010/04/24 08:28 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(13)

全ての症状をうつ病起因と考えない

回復のヒントその3です。

今あなたに出ている症状の全てが、うつ病が起因として出ていると思い込まないことです。

うつ病で出てくる症状は、本当にたくさんあります。

頭痛、吐き気、めまい、倦怠感

上げ始めるときりがないくらいあります。


でも・・・

その症状って本当にうつ病から出ているものでしょうか?
もしかしたら違う病気が原因かもしれませんよ?という話です。
[ 2010/04/05 20:42 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(18)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。