あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

五月病にならないために

おはようございます。

現在、朝4時です(^^ゞ

今の僕の生活のリズムが起床4~6時です。
でも、しんどくはないんですよ。熟睡できているようで、ただ異様に早いだけw

さて、五月病って「いつごろ」なるかご存知でしょうか?

GW明けの1週間が勝負どころなんです。

期のはじめである4月
新入社員は慣れない仕事であたふたしてます。
一般社員も何かと忙しいのが4月

ようやく身体が慣れた頃にGWがドンッ!とやってきます。

長い休みで、せっかく培った緊張感がなくなります。
寒暖差で風邪を引いた人もいるでしょう。

多くの人は、今日のGW最終日にたっぷり休めば大丈夫だろう

なんてことを思っているかもしれないですが、間違いですよ~^^

普段と同じ生活をして下さいね。

そしてポイントはここから

5月9日~14日の間に生活リズムを元に戻して下さい。

1日、2日では調整ができません。1週間でリズムを戻します。

スロースタートで始め、水曜日くらいからギアを上げてください。


そもそも五月病は、環境の変化、緊張、生活リズムの狂い、そしてこの時期特有の寒暖差で起こります。

なんとなく眠い
なんとなく身体が重い
なんとなく考えるのがイヤ
なんとなく動くのがイヤ

このような、なんでもない理由で起こります。

その中でもポカポカ陽気で「眠たい」というのが一番のネックです。
眠たいのを我慢するから、余計に疲れる。

昼休みにでも仮眠して下さいね。

明日からの1週間をどう過ごすかが五月病を回避する大事な期間になりますよ!
スポンサーサイト
[ 2011/05/08 04:23 ] (6)季節的な障害 | TB(0) | CM(5)

気をつけたい季節になりました

おはようございます。
今朝は5時に起きて、完全覚醒に30分でした。

薬は1個増えて

ジブレキサ・ザイディスという薬(新薬?)を夕食後に飲んでいます。

かなり効果があって、しっかり眠れて朝の覚醒までの時間も短くて、日中の行動も楽です。

ただ問題はきまって午後5~6時に猛烈な睡魔に襲われることです。


さてさて気をつけたい季節

つまり季節の変わり目です。

特に春先は、花粉やら、寒暖の差で体調を崩しやすく

新入学、新就職、引越しなどなど行事が目白押し

またゴールデンウィークも飛び石で企業はともかく、学生は多分授業があるでしょう。


この時期にうつ病やうつ状態になる人がとっても多い。

慣れない生活や不規則な生活で自立神経をやられちゃいます。

基本は休みの日も普段と同じ行動・習慣を守ること。


特にお子様は、だらだら過ごさせているとGW明けに登校拒否になってたりします。

疲れさせて、眠らせる、これが基本です。

長い休みで身体を休ませるのは1日程度でいいです。

あとは普段と同じ生活をして下さい。


PS
余震は、まだ続いていますね。

今の余震は断層型らしく、今回のプレートが跳ねた地震と違って、過去の地震でできた断層が、今回の地震エネルギーを受けて活発化しているようです。

阪神大震災は断層型でした。

断層型は内陸で起きることが多いのですが、今回は太平洋沿岸で頻発しています。

西に逃げると行っても四国・九州にも大きな断層があるので、本気で逃げるなら海外でしょうか?
[ 2011/04/18 06:14 ] (6)季節的な障害 | TB(0) | CM(6)

季節性変動障害

朝晩がめっきり冷え込んで、初冬の香りもたち始めましたね。

この季節はとても体調を崩しやすいのですが、
かくいう私も、しっかり?風邪をひいてしまいました(汗)

既に治ってはいるのですが、何かパッとしません。

この時期、崩れるのは何も身体だけではなく
精神的にも、どん底まで落ちる方がいらっしゃいますね。

少し切り替えてみましょう。

季節の変わり目には、どん底まで落ちる人は、たくさんいます。

「自分だけなんで?」という思考を切り替えて

うつ状態やうつ病、健康な人にも当たり前にくるものなんだ

と考えてみましょう。

少しは気が楽になりませんか?

季節性情動障害というのがあります。
SADとも呼ばれています。

このSADは、10月~11月ころに抑うつ状態に入り
人にもよりますが、年明けころまで続くと言われています。

統計的には関東以北の方がなりやすいと言われていますが
関東以西の人も発症はします。

原因は、日が短くなることによる体内時計の変調と
言われていますが、実際のところ、はっきりした原因は判っていません。

対症療法として「日光浴」が有効だそうです。

光の刺激を与えることで、脳内物質のセロトニンを分泌させ
脳の活動を活発にしてあげるというものだそうです。

夏の体内時計のまま、冬に入ってしまう訳ですから
体内時計が狂うのも仕方ありません。

しかも夏の間、夜更かしが習慣になっていれば、なお更ですね。

ここは一つ、生活のリズムを整え、太陽をたっぷり浴びて
体内時計を冬用に切り替える努力をしてみてはいかがでしょう。

ランキングに参加しています
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking


[ 2008/10/13 11:36 ] (6)季節的な障害 | TB(0) | CM(10)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。