あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院にて

私が通っている心療内科は
外待合室と中待合室があります。

先日、この中待合室で先に診察を受けていた人が
こんこんと医師に説教されてました。

普段、説教とかしない先生なので
おや?とか思って何気なく聞いていたのですが


「お母さんは娘さんが、うつ病であることを、
うつ病はれっきとした病気であることを、
ちゃんと認識して下さい」

「お母さんが、ちゃんと認識してあげないと
娘さんは居所がなくなって治るものも治りませんよ」

その娘さん、両手首にリストバンドを
していましたから、多分やってしまったのでしょう。


まぁ、診察室の中の声が聞こえるのは
少々問題かなとは思うのですが

言っていることは、もっともだなと思いました。


未だにいるんですよね。

うつ病は病気じゃないと言う人とか
ほっておいたら自然に治ると思っている人


うつ病は病気です。
そして、治療を続けていけば、いつかは治りますから。
諦めないようにしましょうね。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

追い詰めるのは?

うつ病になってしまうまでに
自分自身を追い詰めるのは

人間関係であったり
生活環境であったり
生い立ちであったり
他の病気であったり
悩みであったり

まぁ色々と原因はあるのですが


じゃあ、うつ病になってしまってから
自分自身を追い詰めるのは何でしょう?


客観的にいえば、それは・・

自分自身と家族なんですね

自分が自分を追い詰めるのは
自分に不甲斐なさを感じてしまって
自分を責めているからです


もっと問題なのは家族
身内であるがゆえに、容赦がないのです

感じたことはありませんか?
家族より、他人の方が優しいと

家族だから、歯に衣着せない言動や
行動が出てきます

本人にしてみれば、
ほっておいてもらうのがいいのですが
どうしても口を挟んできます


家族だから・・


家族だからこそ
干渉し過ぎないように
長い目で見て欲しいものです

さじ加減を間違えないように


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

近くの人と遠くの人

近くにうつ病、もしくはうつ状態の人がいれば
直接、様子を見に行くことができます。

でも、遠くの人だと、様子を見に行くことは
容易ではありません。

連絡の手段はメールか電話しかない・・・

と思っている人も多いのではないでしょうか?


実は、メールや電話だと逆に恐怖を覚え
メールを拒否したり、着信を拒否したりすることがあります。

そこで、それなりに効果があるのが「手紙」なんですね。

当たり障りのないことを書いて
文末に「もし良かったらメールしてね」とかを書いておく

もちろん殆どの場合はメールしてこないかもしれません。

ただ、患者に

「あなたの味方はここにいるよ」

と伝えることはできます。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

対応

うつ病患者が身近にいると
何かと世話をやいてくれる人がたまにいらっしゃいます。

ところが、世話をやかれると
余計に辛くなる患者さんもいらっしゃいます。


うつ病患者にとって、どういう世話の焼き方がいいのでしょう?

私なりに考えてみました。


◆基本的に励まさない

通り一遍の励ましは、逆に患者を追い詰めることになります。


◆重大な決断をさせない

いつから復職するの?とか、学校行くの?とか
今の状態では「リスク」を負いそうな決断はさせないことが大事です。


◆したいことを見つけさせない

何か趣味を持ってこれをしてみよう!とか強制はしない。
助言に留めておくことが大事です。
したいことは、患者本人が自然と見つけるようになります。


◆患者さんのリズムにあわせる

家族の誰かがうつ病であるなら、
その人のリズムになるべく合わせてあげる。
家ではストレスを与えない環境を作ってあげる。


干渉しすぎず、ある程度距離をおいて見守る

という感覚で接してあげるのがいいと思います。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

言葉 その2

言葉には

◆人を元気付ける力がある

と同時に

◆人を傷つける力がある


言葉を発した側の思惑よりも
言葉をかけられた側の受け取り方で意味が変わってくる。


うつ病の症状の重さによっては
全ての言葉が苦痛になることもある。

心が硬くなってしまっているから
言葉が受け流せなくなってしまっている。

ガラスに石を落とすと割れてしまう。
でもスポンジに石を落としてもスポンジは壊れない。

柔軟性の違いである。

心の柔軟性がなくなってしまっているから
言葉の衝撃を吸収できない。

受けた言葉の衝撃は破片となって
心に突き刺さり残っている感じを受ける。

破片は抜かなければ痛いままだ。

表立って大声は出せなくても
箱に顔をうずめて大声を出すことはできる。

大声を出して発散するのもいい。
大泣きして発散するのもいい。

心に破片を残さないようにしよう。

周りの気遣いが苦痛になるなら
ちゃんと説明するのも大事なことである。

色んな意味で説明が出来ないなら
何か発散する方法を考えてみよう。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

言葉

うつ病を患う人の中には、言葉に敏感に
反応する人が沢山いらっしゃいます。


例えば「頑張れ」という言葉

「明日サッカーの試合があるんだ」
「頑張れよ」

「明日の商談は気合入れなきゃな」
「頑張れよ」

これらは普通の用法ですね。


ところが、頑張りすぎて、うつ病になってしまった人に

「頑張れよ」

と言葉をかけても

「これ以上、何をどう頑張ればいいの?」
「頑張り方が判らないよ」

というふうに答えが出せないことが、ままあります。


「気をしっかり持って」

と言われても、あまりに漠然としすぎていて
逆に劣等感を思わせる結果にもなりかねません。


頑張りすぎた人に「頑張れよ」は禁句と言ってもいいでしょう。


逆に頑張るのが大好きな人がうつ病になった場合
「頑張れよ」という言葉は励みになったりもします。

この辺のさじ加減、見極め

相手がどういう状況で病気になってしまったかで
かける言葉というのは、大きく違ってきます。


悩み事は誰にでもありますし
不安な気持ちも誰でも持っているものです。


どういう言葉をかけるかは、親密度でも変わってきます。

一番堪えるのは近親者からの言葉

健康な人から見れば、腹が立つこともあるでしょう。

ただ、一言発する前に、一拍おいて
本当に発していい言葉かどうか考えてほしいと願います。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

協力

今回から「うつ病患者との付き合い方」とか
身近にうつ病患者がいる人がどうなってしまうかを
経験に即して書いていきたいと思います。

必ずしも書くことが正しいとは限らないことをご了承下さい。


ある日突然、家族や友達にうつ病の人が現れた場合、
ほとんどの人は、どうしていいか判らないというのが現実です。


うつ病になってしまうと、往々にして以前のように動けなくなります。

当たり前にこなしていた仕事や家事が出来なくなってしまいます。

本人は言いようのない悔しさのようなものが芽生え
周囲はその行動の不甲斐なさに不満を覚えます。

本人がイライラするのと同時に周囲もイライラしてくることがあります。

「どうしてやらないんだ」
「やりたいけど出来ないんだよ」

こんな悲惨なやりとりが繰り返されるようになる場合もあります。


私の母がうつ病になったとき(約10年)
最初の頃の父は、とても荒れました。
私がまだ学生の頃です。


見た目には父が母を一方的に責めたてているという感じでした。
今になって思えば、
・母が何もできなくなった不甲斐なさ
・父が母にどう支えていいか判らない不甲斐なさ

この二つが衝突していたように思えます。

お互いにイライラし、その感情は兄弟にも感じられ
家族全体がイライラの連鎖にはまっていたような気がします。

数年間はこの状態が続き家族関係は崩壊寸前までいきました。

そんな折、兄が溜まっていた洗濯物を一気に洗いました。
それにつられるように私は食器を洗うようになりました。

仕事から帰った父は片付けられた部屋を見て
特に何も言いませんでしたが、
帰宅後の食事の支度などに文句というか、ぼやきがなくなりました。


母は何かしようとするのですが、その都度
誰かが「いいから寝てなさい」と言うようになりました。

発症して4年目くらいのことだったと思います。
元々の原因が父だったので、兄弟で父を説教したというのもあります。


当時、理解はできないけれど、やれることは手伝う
ただそれだけを行っていた記憶があります。


一方的に責める前に分担できるものはないかどうかを考える
これが大事なのではないかと思います。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。