あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自分の鬱病の正体を知ろう

自分の鬱病の正体を知ろうですが、
どういうことかというと、鬱病の中で自分が患っている症状は何か?

これを知っておこうというものです。

単純に私は鬱病ですと言っても、どんな鬱病の症状なのか知らない人が意外と多いです。
正確には知らされていないのですが・・

鬱病というのは色々な神経症や精神障害の総称として使われます。

なので例えば医者に「あなたは鬱病です」って言われた場合、
私に言わせれば、その医者は「ヤブ」です。

「鬱病です」でくくられると自分の状態は判らないのです。

躁鬱なのか、双極性なのか、神経症なのか判らないまま診察を受けていることになります。

この状態は、はっきり言ってよくありません。
自分が何が原因で、何によって鬱になってしまったのか探れないからです。

「あなたは不安神経症ですね」
「あなたはパニック障害ですね」

こういう風に言ってくれる医者は信用していいと思います。

なんでかって言うと、症状に見合った投薬をしてくれるからです。
経験値の高い医者は、この辺りをはっきりと見切ってくれます。

逆に「鬱病です」ってさらっと言う医者は、安定剤と抗うつ剤だけ出せばいいやで終わります。

この医者の見分け方なんですけど、カルテとペンの動き方を見ていれば大抵判ります。

患者の言い分を聞いてくれている医者は、とにかくカルテに書き込みます。
書き方は、きちんと一列に書く人もいれば、カルテのあちこちに点々と書く医者もいます。

逆にペンが動いていない医者は危ないです。
最後まで聞かず、ある程度聞いたところで、処方する薬を決めてしまっているからです。

いわゆる「様子見処方」もしくは「自転車操業」

とりあえずこれ出しといて、ダメだったら別のを出そう

この考えを持っている医者は、カルテにあんまり書き込みません。
患者の話もあんまり聞いていません。

医者だって人間ですから、1日中、鬱の患者の波動を受けていると自分もまいります。
当然ながら自己防衛もしなくてはならないので、つっけんどんな医者もいます。

それでも経験の高い医者というのは聞くよりも書くことの方が多いです。

冷静に患者の声を文字に書き換えるので、医者側のプレッシャーは少なくなります。

患者の発した声をパーツとして組み合わせていって処方をしてくれます。

夜眠れない ⇒ 不眠
動悸が激しい ⇒ パニック?
不安でしょうがない ⇒ 不安神経症?

という風にパーツごとに症状を考えてくれます。

なので今度、新しい症状とか悩み事を言った時にカルテに書き込まれているか確認してみたらいいです。

まーいい医者かそうでないかは言葉遣いで大体判るのですけどね。


PS
ただいま愛媛ではノロウィルスが大流行しています。
私も去年やられましたが、あれは相当きついです。

飛沫感染か、接触感染が多いそうなので、うがい、手洗いがかかせません。
スポンサーサイト

鬱病って何?うんちく編

12月になりましたね。今年ももう終わりかなんて思うと、この1年相変わらず苦しかったなぁ。

自分の中で変わったことと言えば、オンラインショップを立ち上げたこと。
あ、まだ全然利益なんて出ていませんよ。
空振りばっかりです^^;

45歳、鬱、不況
こういうのを総合的に判断して自分で何とかやるしかないよなって心境の変化が持てたことが大きな収穫です。


じゃあ、本題。鬱病のうんちくです。

鬱病を『ざっくり分ける』と心因性と内因性というものに分かれます。

◇心因性というのは、いわゆる「神経症などの心の病」◇

◇内因性というのは、「脳のホルモン異常や身体的疾患を原因とする病」◇

以前にも述べたように「人間の心」という実態の掴めないものに投薬はできません。
なので診察において心因性と内因性の両方をカウンセリングを通して把握し医師が投薬をします。

心因性の鬱病というものは、心理的ストレスから鬱に突入してしまう。

例をあげると
◆身近な人の病気や死
◆恋人、夫婦の別れ
◆裏切り
◆セクハラ・パワハラ
◆トラウマ
◆ドメスティックバイオレンス(DV:家庭内・恋人間での暴力行為)
◆事故、事件の加害者・被害者

心に大きなダメージを受けて、喜怒哀楽のうち「哀」以外の感情が消える。
興味・関心が持てなくなる。性欲もなくなる。最悪、生きる気力もなくなる。

そして、この状態が2週間以上連続して続き、まともに生活が出来なくなってくると鬱病だと診断されることが多いです。
初診から1~2週間のスパンでの通院は、この診断を行うためと考えていいでしょう。

LOH症候群 心の病って何?

今回その2で実は、鬱病を医学的に見たうんちくを語ろうかなと思ったのですが、私がこの手のテーマを取り上げる度に何故かTVで似たような番組が放送されるという不思議な現象が起こりますw

この間放送された「ためしてガッテン」で取り上げられた「LOH症候群」

これがどうにも気になって調べました。

鬱病だと思っている病気は本当にうつですか?という内容です。

番組では2つのケースが紹介されていました。

一人は男性
1時間の散歩を日課にしていた人が、5分歩くのも疲れるほどの筋肉の衰えと頭痛、そして異常な体重減少。

もう一人は女性
不眠、抑うつ、肩こりに悩まされるようになり、睡眠薬や抗うつ剤を処方されましたが、症状は、いっこうに改善しませんでした。そして食べ過ぎてもいないのに太りだした。

私が気になったのは女性の方です。
症状だけ聞いていれば、まさに鬱病。

心の病って何?その1

前から色々調べたりして、このテーマについてブログに書いてきたのですけど
ここ最近、また「心の病って何だろう」って考えることが多くなりました。

理由は、頭が回転し始めたから。
「何も考えたくない」から、「考えることが楽しい」に変わってきたんです。

何があったわけでもなく、突然、頭が回転し始めたんです。
まぁ、しんどいことに変わりはないです(汗)

で、改めて「心の病」を考え始めたら、あれ?って思うことがあったので書いています。

心って目には見えないし、本人でも判らないことって多いですよね。
十人十色って言葉の通り、10人いれば10人、100人いれば100人とも心の有りようは違うわけです。

なのに、心の病になると薬が処方される。

なんで?って思うようになりました。

前から思ってはいたのですけど、今回のように深く思うことはなかったです。

知識としては、なんとなく知っていても、考えれば考えるほど不思議なんです。

そこで、出た一つの結論が「心の病」は、ある程度、定形化されているのではないかと。

それを、これから調べていこうかと思います。なのでタイトルは「その1」です。

うつ病、うつ状態を伝えることの難しさ

うつ病を誰かに伝えるのは、本当に難しいことです。

説明の仕方を間違えれば「あらぬ誤解」が先歩きします。

かといって、何か説明しなければ、判ってさえもらえない。

言葉では中々全てを伝えることが難しいうつ病

だから私は常に症状の記録をとっています。


「うつ病だから判ってね」では通用しないのが社会です。

こういう症状があって、今の自分がこうだから
「自分はこうやっていきたい」

というような明確な意思表示も必要だと思います。


「何もやらなければ、今のまま、ずっと何も変わらないよ」

主治医に昨日言われた言葉です。


なるほどな…と思いました。

誰かに自分の病気を説明することを主にするのではなく
自分の中での意識改革が先かな?

と考えさせられた一瞬でした。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

悩みとストレス

うつ病の最大の原因はストレスと言われています。

もちろん他の病気の薬の副作用でもなるわけですが、
多くの原因はストレスです。

ところが、このストレスは、人が生きていくためには
必要なものでもあります。


例えば、仕事の悩みでストレスを感じますと
その悩みをどうやって解決するか?

考える力が生まれます。

考えた結果、行動してうまくいけば、
そのストレスは、満足という形で解消されます。

つまり

悩み→ストレス→行動→解決→ストレス解消

という一連の流れができます。


では、どうしてうつ病ではストレスがいつまでも続くのでしょう?

いくつか原因は考えられますが

例えば

精神的苦痛
家庭内暴力や学校・会社でのいじめ
子育てや介護
自分が頑張りすぎたために、それが普通だと周囲が捉える
ことにより、頑張らなくちゃいけないと思い込む要素

上記のことは極論かもしれませんが
自分が苦痛だと思ったことは、忘れようとしても忘れられない。

頭のどこかにそれが残っているから
いつまでたっても悩みとストレスが消えない。

逆に嫌なことは、すぐに思い出してしまうため
そこでまた不安感に襲われる(フラッシュバックというものです)


ストレスが解決できず、さらにストレスを重ねてしまうから
うつ病というのは、長く患ってしまう。


でも考え方を変えれば、何か行動(バイトとか運動とか)を起こすことで
うつ病になったストレスを分散することが出来る場合があります。


身体を動かすのは辛いかもしれません。
でも何かを自分でみつけて行動することも
うつ病の治療には大切なことだと思います。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

心のブレと葛藤

うつ病になってしまうと
心のブレや葛藤に必要以上に悩まされます。

どういうものかというと

「なんで私だけ?」
「外に出たいけどなぁ なんか怖い」
「やらなきゃいけないのは判っているの」
「子供の着る服がないや、洗濯しなきゃ、でも…」

語尾に「?」がついてしまうような感覚

まともに行動ができない自分が
情けないやら、疎ましいやら

そりゃあ、周りもイライラするよな

頭では判っているんだ

でもなぜか身体がついてこない

イライラさせたくないから頑張ってみる

翌日、撃沈

こんなことの繰り返し


でもね、うつ病の人は、みんな同じような感覚なんです

病気になった背景がなんであれ

なってしまうと、自分が自分じゃないように感じて
気力、根性、喜び、楽しみといった感覚が抜け落ちてしまう

困ったことに、怒りと悲しみの感情は残っている

毎日、毎日が自分と闘う日々

投げ出せたらどんなに楽か?

でもね投げ出しても楽にはならないんです。

投げ出した後ろめたさが、更に自分を追い詰めてしまう


早く治ってくれれば、それにこしたことはないけれど
こればかりは、ゆっくり時間をかけて治していくしかないんだ。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

うつ病の症状ってどんなのがあるの?

うつ病って聞くと倦怠感や疲労感が持続するだけと
思われがちですが、倦怠感や疲労感だけなら
耐えることができます。


この倦怠感や疲労感だけじゃないために
辛さや苦しさが増大するものだと私は思っています。


経験した症状としては

【頭痛】
頭のどこか一部が痛いのではなくて
額とこめかみを結んだライン当たりを紐で締め付けられる
頭を絞られているような鈍重な痛みが続く

集中力が消えます



【めまい】
貧血とも違う、ふわふわくらくらな感じで
横になっている時ですらくらっとくる
時には動けなくなってしまう



【動悸】
運動したわけでも興奮したわけでもなく
突然、心臓がばくばくし始める
同時にいいようのない不安感が持ち上がってくる



【ドカ食い】
それも甘いものが中心
頭が疲れているせいか、単に甘いものの方が
口に運びやすいせいか、とにかく食べてしまう

例えばチョコ、一袋買ってくると一気食いしてしまう
ケーキ1ラウンド丸ごと食べてしまう



【食べない】
ドカ食いとは逆に全く食べなくなる
薬を飲むためだけに少し口に運ぶくらい
当然、体力はなくなる



【猛烈な不安感】
言葉に言い表せないほどの不安感が襲ってくる
いわゆるパニック障害
身体は震え泣きまくり全てが恐怖に感じてしまう


これらは一例ですが倦怠感、疲労感以外に
こういう症状が複合して出てしまうために
自分というものが保てなくなってしまう


自分が保てていないから、ちょっとした言葉や
行動で多大なダメージを受けてしまう

それが、うつ病の一番厄介な点ではないかと思っています。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

うつ病の種類と症状

単純にうつ病っていっても、その種類は様々です。

心因性うつ病
躁うつ病
統合失調症
適応障害
パニック障害
PTSD(トラウマ)
不安神経症
摂食障害

などなど、書き始めるとキリがありません。

ただ、うつ病とうつ状態とは明らかな違いがあります。


うつ状態というのは、ほぼ一過性の心理的ストレスを受けますが
短期間で、その状態から抜けることができます。

一方でうつ病は、抑うつ状態が継続的に長期に渡って続き
かつ、喜びや好奇心といった感情が抜け落ちます。

違いは、その期間
うつ病は得たして長期に渡って爽快感が失われます。
そして様々な身体的症状を伴います。

例えば、頭痛、めまい、吐き気、イライラ、動悸など

他にも猛烈な恐怖感や不安感

特に何かをしようとする時に襲われる不安感は
表現のしようがありません。

私が患っている神経性抑うつ症(神経性抑うつ病)は
実は診断書に書くための病名です。

実際には最初に上げた様々な病状がかつて発生していました。

うつ病というのは、こういった様々な症状が複合して現れるのが
一般的で、症状が出てから対応を行う事後療法がほとんどです。

色々な症状が出るのが、うつ病ですが

極力、悲観的にならないこと

きっかけさえあれば誰にでもなりうる病気であるということ

様々な方向からストレスを複合的に受け、
さらに自分でも自分を責めるストレスを生むのがうつ病です。

一気に治そうとするのではなく
一つずつストレスを消していきたいものですね。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking


うつ病になりやすい人

ごく一般的にうつ病になりやすい人というのは

・責任感が強い

・真面目で融通がきかない

・失敗を忘れられない

・人の評価を気にしやすい

・ストレスを溜め込みやすい

・頼みごとを断れない

などが、言われていますが

これは内面的な性格によるものです。



当然、外部刺激からうつ病になる人はいます

例えば

・ハラスメントを日常的に受けている

・ストーカーなどの反社会的行為を受けている

・DVを受けている

・いじめを受けている

・身内の不幸から立ち直れない

・他の病気で長患いをしている

・がんや肝炎の薬の副作用

などがあります。


つまり、うつ病になるのは何も性格だけではありません。

自分と自分を取り巻く環境がどういうものであるかが
大きく関わってきます。


1日1ポチが励みになります
↓ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking

Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。