あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

依存症

そもそも依存症とは、精神的・肉体的刺激を求める
抑えがたい欲求と刺激を追い求める行動が優位となり、
その刺激がないと不快な感覚を得る状態のことをいいます。

依存の中には
◆摂食障害(食べ物を求める気持ちが止まらない)
◆薬物依存症(薬で得られる高揚感や安心感が抑えられない)
◆アルコール依存症(お酒を飲まないと落ち着かない)
◆ギャンブル依存症(勝った時の高揚感が忘れられない)
◆買物依存症(買物をすると落ち着く)
◆ニコチン依存症(タバコを吸わないとイライラする)
など、他にも色々あります。

依存症を悪化させるのは自分をとりまく生活環境に
あると言われています。

例えば、
◆コンビにで24時間手軽に買物ができる
◆タバコの自販機があちこちにある
◆パチンコ屋に気軽に入れる
など自由に行動ができることが、依存症を悪化させる要因の一つです。

では、どうしてやめられないのでしょう?

それは自分の行動を肯定してしまう所にあり?かと思います。

「いつかはやめられるから今はいいんだ」

タバコを吸う人は、いつでもやめられると思いがちですが
脳がニコチンでの刺激効果を覚えてしまっているため
簡単にはやめられません。

アルコールも飲んだときの高揚感が忘れられないので
ついつい飲んでしまう。

食べ物にしても買わなきゃいいんだと思いつつ
気がつけば買って食べてしまっている

「辛い気持ちを忘れられる」

この気持ちが依存をやめられない大きな要因なんです。
「まあいいや」という気持ちは簡単には消せません。
極端な話し「隔離」でもしないと、つい依存してしまいます。

最近では、携帯依存症やメール依存症、占い依存症とかも
あるそうです。現実であった辛いことを依存という形で発散する。

あとに残るのは健康被害と空しさだけです。
自分が治そうと何か行動しない限り、
簡単に治るものではない気がします。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
スポンサーサイト
[ 2007/12/30 10:02 ] 依存症 | TB(0) | CM(6)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。