あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

たくさんのコメントありがとうございます

まとめて(と言ったら失礼ですが)
返答・回答させていただきます

ゆめさんへ

***********************
私も過呼吸に近いことは時々ありますが、
救急車を呼ぶほどでもない。
部屋がグルグルまわって立っているだけで
壁にぶつかってしまったり…その他いろいろ。
ところかまわず涙がでたり…。
すべてが中途半端なんですよね。
***********************

でも、医者にはパニック障害までは行っていない
と言われる…と

はっきり言いますと(ショック受けないで下さいね)
軽いパニック障害起こしていると思われます

その症状をパニック障害と受け取るかどうかは
医者の個人的な経験と勘です

だからとりあえず「不安神経症」って便利な病名使うんですね

一度きちんとカウンセリング受けたほうがいいかと思います



佳代ちゃんさんへ(はじめましてではなかったかと思います^^)

*************************
私のパニック発作は前触れはありません。
突然心臓が締め付けられるような痛みに襲われます。

脂物が食べられなくて匂いで吐き気を感じます。
無理に食べると下痢をします。
*************************

心臓神経症というのは、ご存知でしょうか?

突然の動悸や胸の痛みが特徴で、
「死への不安」がさらに不安を呼び、不安の連鎖が
パニック症状を起こすというものです

これも相応の薬で抑えるしか手がないのが現状です

あと拒食の傾向もあるようなのですが
脂物を受け付けないというのは
胃腸がかなり弱っているとも考えられます

あと、安定剤や眠剤には食欲をなくすと言う
副作用が出るときがあります

私の場合ですと、安定剤と同時に食欲を増す胃薬が
処方されています。


いずれにしましても、不安神経症やパニック障害が
直接の原因で死ぬ人はいません(自殺は除きますが)

苦しいとは思いますが、過剰に不安にならないことが
特効薬だと思います


ちなみに、私のこれらの情報の出所は
自分の経験と同級生の医者からです(内科ですけど)

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
スポンサーサイト
[ 2007/05/22 16:52 ] 治療-不安神経症 | TB(0) | CM(2)

過呼吸発作ほったらかし

Rさんよりコメントいただきました。
過呼吸発作がおきても病院行かないでいたそうです

一時的な発作や目まい、不眠という症状は
「ちょっと疲れているんだな」くらいで
ほったらかしが多いです。

大体の人はほったらかしです。
私も5年間ほったらかしでしたし

ただ、やっぱり短期間で何度も起こるようであれば
病院へ行った方がいいですね。

例えば「森田療法」とかで検索してみると
結構いいアドバイス的なものが書かれています。

豆知識:森田療法
恐怖症をもつ患者を個室に入院させて
自分と向き合わせる治療法です。
(向き、不向きはありますけど)
[ 2007/05/21 22:31 ] 治療-不安神経症 | TB(0) | CM(1)

不安神経症とはなんぞや?

昨日、不安神経症についてさわり程度に書きましたが
不安神経症の中には、どんな症状が内在しているかお話しします

私の知る限り
・パニック発作
・過呼吸発作
・対人恐怖症
・外出恐怖症

・暗所恐怖症
・閉所恐怖症
・高所恐怖症
・乗物恐怖症

などがあります。
でもこれら全てがうつ病として出る訳ではありません

実際、
・暗所恐怖症
・閉所恐怖症
・高所恐怖症
・乗物恐怖症
この4つの症状はうつ病とは関係ない所で出たりします
ただこれらの恐怖症からパニック発作や過呼吸を起こしたり
することも事実です

例えば「飛行機は落ちる」と思っている人を
無理やり乗せるとパニックを起こします

まあ大抵は原因から遠ざければ落ち着きます


問題は
・パニック発作
・過呼吸発作
・対人恐怖症
・外出恐怖症
この4つ
例えば
対人・外出恐怖症⇒パニック発作⇒うつ病⇒引きこもり
というような悪化の傾向を辿ることがあります

じゃあなんで対人・外出恐怖症になるのか
外(学校や会社)で耐え切れない何かがあったから
というのが一般的です

学校ならいじめ、会社ならパワハラ、セクハラですね
(最近は学校でもセクハラはありますけど)

基本的に一度攻撃を受け始めるとそれは止まりません
対抗措置としてやり返すというのもありますが
それが出来ないから、うつ病や神経症になるんですね

対策としては、療養・転校・退職しかないとも言えます

私は退職⇒療養という手段を取りました

では何故、退職してから快方に向かったのか?
大きな要因、それは告発状です

会社の社長と監督署に告発状出しました
結果、即効でパワハラ上司のクビ飛びました
在職中に告発してればと後悔もしています

つまり自己防衛手段として告発するのは、ありです
原因と証拠さえ掴んでいれば告発状は有効な手段です
(気も晴れますし)

最近はレコーダーも高性能のものがあります
発言の内容というのは十分証拠になります

不安神経症から逃れる術はそれこそ不安の原因を
取り除くことです

ただ不安の原因は自分で導き出せないこともあります
そういう時は勇気を出してカウンセリングを受けて下さい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
[ 2007/05/21 09:00 ] 治療-不安神経症 | TB(3) | CM(1)

不安神経症への対策

不安神経症とは、そもそも何?ということを
知っておかないと対策も講じようがありません

不安神経症で表に出る症状は

突然の「動悸」「めまい」「息苦しさ」で、
死の不安(恐怖)にさらされることだそうです
(医者に聞きました)

勘のいい人は、ここで「あれ?」と思ったんじゃないでしょうか

そう!この症状は「パニック発作」「過呼吸発作」
「○○恐怖症」と同じだ!と思いますよね?

どういうことかと言いますと
「不安神経症」という症状は凄く広い意味で使われています

医者によっては「パニック発作」も「過呼吸発作」も
全部ひっくるめて『不安神経症です』と診断する場合があります

薬は、パニック発作用、過呼吸発作用で処方されていたとしても
患者に伝えられる病名は…不安神経症

つまり患者は自分の中で何が起こっているのか
掴めないときがあります。

どういう時に「動悸」「めまい」「息苦しさ」が現れるのか?
それを掴むことができれば、自分の状態が判ります

次回お話ししますね。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
[ 2007/05/20 08:34 ] 治療-不安神経症 | TB(0) | CM(1)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。