あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

不眠症の改善方法

今少し体内時計が狂っているので改善というのも
おかしいのですが、少なくとも体内時計が狂う前までは
効果がありましたので方法を紹介します。


・まず適正な薬の処方を受けること

睡眠剤や睡眠導入剤で眠りを促進する

ただ効きすぎる薬だと翌日に薬が残りますから
何度も調整をする必要があります


・脳の興奮を抑えること

うつ病は朝でろでろで夜元気というのが一般的です
当然眠る前も元気なままです

これは「どうせ眠れないのだから」と思って
TVを見たり、本を読んだり、色々悩んだりしているからです

まず、これを辞めます

具体的には眠る1時間くらい前から
目や耳から入る情報を遮断して瞑想をすることです

うまくいけば、そのまま眠っていることもあります

経験上5日に3日くらいは眠れます


・リラックス効果の高いモノを使う

アロマや心地いい音楽とかで
頭をリラックスさせてやると眠りやすくなります

瞑想と同時にすると効果はあがります
ただ音楽の音量は小さめに自然に聞こえる程度が
いいようです(遠くに聞こえる虫の声程度の感覚)

不眠症の改善には、如何にして脳の興奮を抑えるかが重要です
無の境地とまではいかなくても(というか多分いけません^^)
心を落ち着ける時間を寝る前に取ることでかなり違います

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
スポンサーサイト
[ 2007/05/16 08:57 ] 治療-不眠症 | TB(0) | CM(2)

不眠症からくる弊害

不眠症というのはご存知の通り
眠れないという症状です

うつ病に限らず、健康な人にもあります

例えば
・悩み事があって眠れない
・翌日楽しい予定があって興奮して眠れない

誰でも一度は経験あるかと思いますし
翌日眠れば、ほぼスッキリというのが普通です

でも、うつ病での不眠症の問題点は
不眠の状態が継続的症状として出る」ということです

つまり、毎日寝付けない、眠れない
眠れたとしても浅い眠りのまま

そうすると様々な弊害がでます
・集中力がなくなる
・イライラが続く
・頭痛や吐き気が続く
・めまいが出る


こんな症状が出る上に、うつ病の症状も出る
やる気そのものが削がれていきます

当然、疲労も溜まりますので
仕事や家事といったものが億劫になります

これを若干ではありますが改善する方法があります

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
[ 2007/05/15 08:48 ] 治療-不眠症 | TB(0) | CM(2)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。