あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

失業等給付について

持ち直しました。

先日U2さんの書き込み、優希くんの書き込みで
失業給付(失業保険)の話しが出ていましたので
ちょっと調べてみました。

内容をみてびっくり!
恐らく知らない人もいるかと思い記事にします。

◆失業等給付の受給の定義

失業の状態にある方とは、再就職しようとする
積極的な意思があり、今すぐ就職できる
心身の能力と家庭環境が備わっているにも
かかわらず、適職が見つからず職業に就くことが
できない状態にある方』


◆失業給付が受けられない方

・結婚準備ですぐに職業に就けない方
・自営または就職が内定している方
・農業、家業に従事するため就職を希望しない方
・臨時内職的な就労のみ希望する方
・病気、負傷、妊娠、出産、育児など
 今すぐ働くことが出来ない方



つまり「うつ病で療養中」の方は、失業給付が
受けられない
ということです。

救済措置として「申請により」受給開始日の
延長ができます。

申請の期間は、離職日の翌日から30日過ぎて
から1ヶ月以内(代理人でも可)


延長期間は最長3年間
必要な書類は職安で確認して下さい。

逆にいうと、この申請をしていない
仕事が出来る状態になっても給付は受けられない
ことになります。

病気療養による支援?というのは
在職中の傷病手当金、離職後の生活保護、
障害者年金などがあるようですが、
いずれも「申請」です。

知らなかった、申請しなかったでは
お役所は何もしてくれませんし、
申請しても、何かしてくれるとは限りません。

ただ知っておくべきことは、調べましょう

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
スポンサーサイト
[ 2008/01/24 09:36 ] 法令 | TB(0) | CM(24)

診断書

傷病手当金、自立支援医療制度、障害者年金などを
申請する場合、必ず診断書が必要になります。

この診断書の書かれ方によって
制度が受けられるかどうか決まるといっても
過言ではありません。

◆発症日
障害者年金を受ける場合は、この発症日が重要です。
確かうつ病と診断されて6ヶ月以上経っていること
だったと思います。

◆病名
病名は書いたときの一番重い状態が記入されます。
どの症状も似たようなもののときは、うつ状態や
神経性抑うつ症と書かれたりします。
それ以外でもパニック障害や躁うつ病、
自律神経失調症とか書かれます。

◆病気の状態(※重要)
ゆんゆんさんのコメントにもありましたが、
ここをちゃんと書いてもらえないと、
後々困ることになります。


「継続的なうつ状態にあり、通院、投薬を要し、
継続治療が必要。完治には最低でも○ヶ月必要で
休養治療が望ましい」
といった感じです。

内容については、医者と相談すれば
ある程度、望みどおりのものを書いてもらえます。

◆申請用診断書
何かの制度を申請する場合、申請専用の診断書が
ありますので、事前に確認しておきましょう。
また、会社でも規定の様式がないか確認しておくと
無駄に診断書料を支払うことがなくなります。

PS
コメントについて
記事と全く関係なくてもコメントしてくれて
構いません。うつ病のかけこみ寺みたいに
なっていますし、私もそれを拒否していませんので
記事はあくまで情報と思って下さい。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/08/06 07:09 ] 法令 | TB(0) | CM(22)

うつ病患者への補助法令3

昨日書いた
◆障害者自立支援医療制度
ですが、

市区町村で制度の手続きが異なります。
また、病院によっては制度そのものが
使えない場合があります。

病院の場合、病院側が手続きが面倒だから
使わせない、あるいは制度そのものを
教えないということがあります。

私も5回以上転院していますが
最初の4件は、この制度自体の
説明もありませんでした。

こういう場合、市区町村の窓口に
行くのが一番いいです。

総合案内所で担当課を聞いてください。
地域によっては、精神保健福祉センターが
窓口になっている場合もあります。


あと精神障害者手帳と障害者年金というのが
あるのですが、これは私はよく判らないので

こちらのサイトを参考になさって下さい。

メンタルヘルス基礎講座


携帯からは見れないかもしれません。
ご了承ください。
携帯で「精神障害者手帳」で検索すると
たくさん出てきます。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/08/05 07:35 ] 法令 | TB(0) | CM(26)

うつ病患者への補助法令2

知らない人が結構多い
◆障害者自立支援医療制度

この制度は、精神通院医療など
長期に渡り、通院を余儀なくされる人の
医療費負担を軽減する制度です。

通常の病気だと3割負担ですが
この制度を利用すると原則1割負担となり、
残り2割は、国または市町村が負担してくれます。

例えば、私の場合、2週間に1回の通院で
1ヶ月当たり8700円かかりますが、
この制度のおかげで、実際の個人負担は
2900円です。

この制度の対象者は
統合失調症、躁うつ病、うつ病、てんかん、
認知症、薬物依存症の方です。

手続きは、通常、病院で出来ます。
申請時に必要なものは
健康保険証と印鑑と診断書料です。

病院でしてくれない場合は、各市町村の
福祉課で相談してください。

更新は1年に1回です。

ただ来年4月の法改正で
自己負担額が1割から2割にアップされるようです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ

人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/08/04 08:33 ] 法令 | TB(0) | CM(16)

うつ病患者への補助法令1

昨日、書きたいことは、書ききったことを
ご報告しました。

そこで、ずっとコメントを読んでいたのですが
傷病手当金などお金に関わることを書きます。
以前にも書いたのですが、探せというのは酷ですので^^

◆傷病手当金
傷病手当金は、病気休業中に被保険者(本人)と
その家族の生活を保障するために設けられた制度で、

病気やけがのために会社を休み、
事業主から十分な報酬が受けられない場合に
支給される、健康保険の保険給付の一種です。

支給額は標準報酬日額の3分の2で、
標準報酬日額は、勤続年数や役職により
異なります。

例えば標準日額12000円の場合だと
1日あたり12000×3分の2=8000円が
支給されます。
30日だと24万円ですね。
あくまで休んだ日数で支払われます。

支給要件は、
病気やけがなどで連続して3日以上休んだ場合に
4日目から最大1年6ヶ月支給されます。

ただし、会社から給料の全額保証を受けている場合や
一時金を支給されている場合で傷病手当金より金額が
多い場合支給されません。
少ない場合はその差額が支払われます。

また、税金の対象にはなりません。

請求の方法ですが、一般的に会社に申請すれば
支給されるようになります。
総務か人事に問い合わせてみて下さい。

社会保険庁:傷病手当金のページ

健康保険法第104条 第3節


尚、携帯からの閲覧の方は、傷病手当金で
検索していただきますよう、お願いします。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ うつ病(鬱病)へ
人気
FC2 Blog Ranking
宜しければ応援お願いします
[ 2007/08/03 08:42 ] 法令 | TB(0) | CM(27)

気を取り直して

おはようございます

間違いを指摘されるのは構わないのですが
言葉がきついと結構ダメージが大きかったです(泣
その後、さらにきついコメントがきたので
管理人権限で削除させていただきました。ご了承下さい


というわけで、話題をころっと変えます
以前、障害者自立支援法について書きましたが
もう少し詳しく書きたいと思います

どういうものかというと
治療費は通常3割負担ですが
この制度を利用することで1割負担になるというものです

具体的な医療費でいうと
私の場合、うつ病の治療費は通常負担で月平均12000円です
しかし障害者自立支援制度を利用しているので
実質の個人負担は3400円で
残りは国又は市町村が負担してくれてます

この差はとても大きいです

前に手続きは病院がしてくれますというお話しもしましたが
手続きをしてくれない病院も当然あります
当然、こういう制度があるということを
教えてくれない病院も多いです
(最初に受診した病院では制度の「せ」の字もでませんでした)

そうなると自分で手続きをしなければなりません

でもこの申請に関する説明は私にはできません
(病院任せですから)

そこで、また役に立ちそうなサイトを見つけました
 ⇒ http://watchan.net/health/public1.html

ただ、申請に関しては各市町村で異なります
お近くの役所でお尋ね下さい
(なげやりですいません)
障害者自立支援法もしくは
障害者自立支援医療制度で通じるかと思います

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
(↑宜しければクリックお願いします)
[ 2007/06/21 10:25 ] 法令 | TB(0) | CM(8)

傷病手当金について

治療のお話しの途中ですが
傷病手当金について質問がありましたので
判る範囲でお答えします。。

傷病手当金
・支給条件
 仕事をしていて、病気になり
 手術、出産もしくは、その他の理由で
 長期療養を余儀なくされ、有給も使い切った場合
 健保組合(社会保険庁経由?)より
 所得(日給換算)の3分の2が支給されるもの
 最大で1年6ヶ月

・平成19年3月以前から傷病手当金を受給している場合
 4月に法改正が行われたのですが、法改正以前から
 受給している人は、経過措置として退職後も期間内は
 受給できる(但し健保組合によっては違う場合も
 あるので要確認)
 また、支給額は法改正前の日給の60%が適用

・平成19年4月以降に傷病手当金を受給する場合
 支給額は日給×3分の2×休養日数
 但し月をまたぐ場合は、その都度、医者の証明が必要
 在職中は支給を受けることができるが
 退職後は打ち切り(ここが法改正の部分)

補足:その他の制度
自立支援医療費制度

・どんな制度か?
◇障害者自立支援法による制度です
◇精神科・心療内科に通院が必要な方のうち
 病名・症状等が該当する方が対象です
 (自分が対象かどうかは医師にお尋ねください)
◇通院医療費の自己負担分30%のうち10%が本人負担
 残りが国の負担になります。

・対象は?
◇外来(通院)治療に限られます。
 入院には適用されません

・目的は?
◇安定剤・睡眠剤・睡眠導入剤は、他の薬と比べ高額です
◇心の病の治療には、急性の病気と違い
 膨大な時間がかかります。
この医療費の負担を軽減するのが目的です

・申請は?
◇大抵は病院が代行してくれます
◇代行してくれない場合は、役所に申請に行く必要があります

◆国民年金支払免除制度
 病気療養などで仕事ができない状態にあり
 国民年金の支払いが無理な場合
 社会保険庁に申請することで支払猶予または
 免除が受けられます。
 ただし、支払っていない期間は年金に加算されないので
 ご注意下さい。
[ 2007/04/30 08:42 ] 法令 | TB(0) | CM(0)

ちょっと法令を

傷病手当金についてですが

まずこのサイト
http://www.weedes.com/health/kizu/
傷病手当金に特化したサイトです

次にここ
http://www.sia.go.jp/sinsei/iryo/kyufu.htm
社会保険庁のサイトですが
健康保険給付関係申請書のPDFファイルがあります

それから社労士さんのサイトですが
ここ http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/kennpo/shoute.htm

私は社労士でもなんでもないので
こういうサイトを参考にして傷病手当金の
給付を受けています。

傷病手当金で勘違いしやすいのは、
例えば会社のせいでうつになったとかだと
給付対象にならない場合があります

じゃあ何になるの?と言えば、労災です

それから3日以上連続して休んで4日目からの
支給になります。期間は1年6か月

ただ、退職を考えている人は4月に法改正が
ありますので、それまでに1回でも給付を
受けていないとダメなようです

既に退職されている方は支給対象から
外されるようです。社労士さんに相談したほうが
いいと思います。

あと、教えてgooというサイトがあるのですが
ここ http://oshiete.goo.ne.jp/
大抵の質問はここで答えがもらえる場合があります

判らないことは調べる、
調べても判らないことは相談する
生活かかってますから
[ 2007/02/20 11:30 ] 法令 | TB(0) | CM(4)

傷病手当金

日記の途中ですが

傷病手当金というものをご存知でしょうか?

これは病気で勤務できなくなった時に、標準報酬月額の60%が
最長1年半支給されるという法律なのですが

これが平成19年4月から法改正により3分の2に引き上げられます。

ところが!!
退職して任意継続被保険者になった人も支給対象となっていたのが
廃止されます。

ただし経過措置として平成19年3月31日時点で支給されている人は
継続して支給されます。

私の場合、1年前から受給しており、結局復職できずに退職した
のですが、経過措置対象ということであと半年は受給できます。

しかし、今、鬱病で苦しんでいる人が受給せずに退職した場合は
最悪の場合、支給されません。

受給を考えている人は、早めに会社か、所属している健保組合に
問い合わせた方がいいです。
(ちなみに出産手当金も、この法改正で制度変更にまります)

詳しくはgoogleで「傷病手当金」で検索してみて下さい。
[ 2007/01/26 12:22 ] 法令 | TB(0) | CM(0)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。