あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

震災から3ヶ月経ちましたね

またしても久々の更新です。

あの大震災、大惨事から3ヶ月余りが経ちました。

ニュースを見ていると、どうにも腹立たしいことが沢山あります。

例えば、菅総理

震災復興、原発収束の大問題を抱えながら

全国ネットでへらへら笑っている。

この人は、危機感とか責任感とか一般常識というものがないのでしょうね。

義援金の分配は、未だに15%程度だそうです。


本来、義援金は被災者のために使われるはずですが

どうもここに変な利権が絡んできているように思えます。

家屋全壊ならいくら、半壊ならいくら

そんな線引きをしたがために、役所は確認作業を行わないといけない。

その確認作業のお金はどこから出すつもりでしょうね。


こんな大惨事の時は一律いくらって配分するのが普通です。

なのに変な制約をつける。

これは義援金をピンハネしようとしているとしか思えません。ヽ(`Д´)ノ


仮設住宅に入れば、食料の供給はしない。

当座の生活費も配られていないのに仮設に入った人には死ねと言っているようなものです。


地方自治体は、国が決めたことだからとか言っていますが

地方分権を主張している割にこういう時に自治体独自に動かないって何を考えてんでしょうね。


阪神大震災の時と比べても、余りにも対応が遅すぎる!


民間の動きは政府と比べても格段に早いです。


政府は対岸の火事くらいにしか思ってないのでしょう。


原発もやっと人災だと認めました。

でも正確な情報は出さない。

汚染水が海に流れだすから早く対応しないといけないとか言って

表向きの部分に国民の関心を集めていますが、地下はどうなの?って話です。


地下水脈は汚染してないの?

あれから雨も降っている。台風も来た。

でも地下のことには一切触れない。


現場の人間は、それこそ被爆リスク・熱中症リスクを背負いながら作業を続けています。

しかしトップの人間は、安全なところで時に笑を浮かべながら発表しています。

この温度差は何?

スポンサーサイト
[ 2011/06/19 08:58 ] 日記 | TB(0) | CM(2)

カルト教団にくれぐれも気をつけてください

いきなり、ものすごいタイトルで始まりましたが

被災地や避難所で一部のカルト教団が活動をしているそうです。

狙いは、老人や子供など避難所から、
あまり動けない・動かない人が狙われています。

彼らはボランティアを装い、精神的に疲労しているスキをついてきます。

カルト信者かどうかは、実際のとこボランティア受付では判りません。

なので不審な動きをしている人については、
個々の避難所で「見張り」をつける必要が出てきます。


私は全ての宗教を否定しません。

各々に教義があり、それを心から信じているのであれば問題ないとも思っています。

否定はしないけど宗教は嫌いです。

特に今回のように「火事場」を狙って、弱みにつけ込み洗脳していくタイプは大嫌いです。


精神的に疲労し、思考力を失っていくと洗脳にかかりやすくなります。

先日もある避難所で子どもに対し、延々30分に渡り教義をしていたというニュースもあります。

この時は、避難所の人がおかしいと思い、本人照合をして排除したそうです。


東北復興に国民が一丸となっているときに限って、こういう輩が出てきます。

先日も被災地の瓦礫を集めている外国人が逮捕されました。


ボランティアと称し、不道徳な輩が被災地になだれこんでいます。

不信と感じたら、すぐに避難所のリーダーや警察に報告して下さいね。
[ 2011/05/27 07:24 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

悪質業者に気をつけましょう

義援金詐欺、訪問販売、原発関連で詐欺業者が蔓延しています。

うつ病になると思考力が低下して正確な判断ができない時もあるので十分に注意してください。

詐欺の例

◆こんにちわ、市役所の方からきました。義援金を集めています寄付をお願いします。

基本的に役所の職員が直接お宅に訪問することはありません。


◆この地域の水道で高い放射線量が検出されました。でもこの浄水器を使えば大丈夫です。

浄水器ごときで放射能は除去できません。


◆体内に入った放射線を分解するサプリがあります。

ないですw

こんな感じで被害は2000件を超えているそうです。
(消費者センター調べ)


訪問販売法では、万一商品を購入したとしても、8日以内に解約を行えば、問答無用で解約できます。
ハガキで業者に送るだけでいいです。

ここからは、あさイチのパクリですw

〇〇株式会社御中

○月△日に購入した「◆◆◆」の商品の解約をクーリングオフします。

※既にお金を払った場合

口座名を記入し、振り込むよう依頼します。


これで、もし業者が文句を言ってきたら、警察と消費者センターにクーリングオフを受け付けてくれないことを連絡して対応してもらいましょう。


く・れ・ぐ・れ・も

気をつけて下さいね。
[ 2011/04/21 08:56 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

相変わらず余震が続いていますね

大元の大震災のマグニチュードが9だったので、余震も巨大です。

一般的に余震のレベルはマグニチュード-2くらいのものが起こります。

なので、M9の地震のあとはM6~M7の余震が発生します。

テレビの速報でもほぼ同レベルの余震が続いています。

M7といえば、阪神大震災クラスです。


私が調べた限りでは、今起こっている余震は、プレートが跳ねた地震ではなく
プレートが跳ねたことによって出来た断層が広範囲で崩れているのじゃないかと思います。

度重なる余震と1ヶ月もの避難生活

「もう限界」と被災者もメディアで訴えています。

なのに政府は未だにもたついてる。


昨日、愛媛で市議会議員選挙がありました。
民主党は惨敗です。

これは菅政権のリーダシップのなさに国民が見切りをつけたと言ってもいいでしょう。


被災者の心も
・津波の夢をよく見る
・揺れると恐怖がよみがえる
・劣悪環境下での精神の限界


日本人は集団行動は得意ですが、集団生活は不得手です。

仮設住宅も間に合わない今、やれることといえば避難所に個人のスペースを作る壁を作ること。

一部の自治体ではやっているようですが、ほとんどはダンボールなどで仕切っているだけです。


こんな時に必要なのは大人の心のケアも大事ですが、
何より子供の心のケアが大切になってきます。

一番はギュッと抱きしめてあげて「大丈夫だよ」と言ってあげること。


先日、自警団が火事場泥棒に対し集団で暴行を加えたとインターネットニュースに書いていました。

みんなピリピリしています。

海外なら暴動が起こってもおかしくない状況です。

こんな時に我々被害を受けていない者が出来ることといえば買い占めをしないこと。

現実には、買い占めをしたくても、関西・四国でも店頭に売り切れが目立ちます。

被災地に優先的に回しているためですので、文句はありません。


一方で原発

今まで書くのを控えていたのですが、今の方法で冷却を続けると炉心が冷えるのは5年以上かかるとも言われています。

冷却システムの回復が急務ということです。

不思議なのはヨウ素131は発表するのに、セシウムに一切触れなくなりました。

本当に検出されていないのか、検出されているけど黙っているのか?

情報を出さないので、どうなっているか判りません。

半減期が30年なのであえて発表していないような気もします。


半径30kmは自力で避難してくださいという政府の発表

あまりにも無責任すぎます。

自力で?どうやって?どこに?その後の生活は?

そういうフォローは一切なしです。

民主党は国民をなんだと思っているのでしょう。


税金を納める道具としか見ていないと思うのは私だけでしょうか・・
[ 2011/04/12 08:37 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

まだ余震が続いているのですね

広範囲であまりにも巨大な地震だったので、余震の強さもものすごいですね。
M7.4って余震レベルではないですよね。

余震と避難生活

そろそろ精神的に限界がきているものと思います。

こういう大災害の心のケアって本当に大変で老若男女すべてに共通してできるケアってないんです。

一番いいのは一刻も早く避難生活から解放させてあげること。


でも仮設住宅も抽選

先日、経営を終えたホテルが客室を避難所にするニュースがありましたが、素晴らしいとは思いました。

民間人や有名人がどんどん被災地に入って支援している中、政府は一体何をしているのでしょう。

義援金の使い方も決めず、何かあれば「想定外」ですます。


東電にしてもそうです。

漁業関係者になんの相談もなく海に排水したって、この人達には常識というものはないのでしょうか?

今、急がれているのはインフラの整備と瓦礫の撤去。


あまりに広範囲のため、どこから手をつけていいのか判らないとか関係者は言っていますが、素人考えとして、グーグルアースでの被災前の街並みの様子は各報道局が持っています。

大幅な土地整備にはなると思いますが、現状復帰の第一段階として、グーグルアースの情報を使って段階的に整備を行っていけばいいのじゃないかと思います。


仕事を失った被災者に対しての仕事の場所の提供として、例えば土地整備復興財団のようなものを新設して、復興義援金の一部をこの土地整備に当てて、被災者を雇うという方法も考えられます。

義援金の使い方も明確にできるし、被災者は仕事と自分たちで復興しているという充実感が得られる。


有識者と呼ばれる人たちは、こういった義援金の使い方の発想ができないのでしょうか?


仮設住宅と並行して、被害を受けた企業の工場を復旧させる。
これは企業と政府が協力して行えば、復興作業をしていた人たちの、復興後の就職先の確保にもつながる。


何から手をつけていけばいいか判らない時は一から手をつければいいと思うんです。

やるべきことは判っているのだから、優先順位をつけながらやっていけばいい。

そう思います。
[ 2011/04/08 10:16 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

人間も捨てたものじゃないと思う

昨日の記事で福島原発の周辺のご遺体は回収できないかもしれないって書きました。

でも、昨日の夜のニュースで防護服を着た警察官、消防士が現地に入り、行方不明者やご遺体の捜索を行っているそうです。

今、世界で最も危険な場所にもかかわらず、職務とは言え自らの危険を顧みず人道支援を行ってくれている人たち。

頭が下がります。

世界各国の支援もどんどん広がっています。

海外で活躍されている日本人の地道な活動が今回のような大規模な支援に繋がっているのだと思います。


一方で、政府に物申したい!

IAEAの基準で危ないと言っているものを「自国の基準が正しい」と突っぱねる。

中国からも大規模な支援の要請があったそうですが、断ったとのこと。

政治家どもは日本を潰す気かっ!

そう叫びたくなります。

メンツを重視する政治家は今すぐ辞職して下さい。


私はバブルの絶世期に社会人になりました。
その後、バブルの崩壊、景気の低迷、景気の底
全部、経験してきました。


今、日本の経済は、大震災もあって更に底に向かおうとしています。

でも戦後の驚くべき経済成長のように、日本人のDNAには勤勉が刻まれています。

確かに今はどん底かもしれません。

でも、12歳の男の子が、おじいちゃんの漁業を継ぐと決めました。
その子の弟は「楽しい国にしたい」って言っていました。

今がどん底なら、後は這い上がっていくだけです。

人生の半分を過ぎた私のような者は、知識と経験を与えることができます。


若い力に今後の日本を任せていいと思います。

避難所でも子供たちが率先して行動しています。

生きていれば、やり直しは何度でもできる!
[ 2011/04/01 09:26 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

万が一がおこってしまいましたね

最近、原発の事ばっかり書いてますね(汗)

それだけ私の中でも興味があって、不安があるということでしょう。

東電会長が1号機~4号機は廃炉にすると発表しました。

社長は体調を崩して入院したそうです(本当かな?)


原発事故の場合の基本的な対応は

止める、冷やす、閉じ込めるです。

止めるは、核反応を止めることですが、これは震災直後に自動停止しています。


今、問題なのは冷やすこと

完全に冷やさないと、勝手に反応してしまうことがあります。


さらに先日「万が一」と書いたプルトニウムの飛散

起こってしまいました。

敷地内で検出されたということですが、多分、粒子で飛散しているので、どこまで広がっているか調べるのは至難の業です。


ただ、大国が核実験を行ったせいで世界中にある程度の量のプルトニウムは飛散しています。

今回、検出された量は、それとほぼ同等ということなのでリスクとしては小の上くらいでしょうか。


とにかく冷やさないと閉じ込めることができないのですが、難航しています。

さらに海がえらいことになっています。

どんどんヨウ素131が流れ込んでいます。

多くの人は希釈されるから大丈夫って言っていますが、そもそもこの安全基準を考えてみます。


排水や汚水の安全基準はどうなっているかということを生活排水に例えます。

それぞれに基準値というのがあるのですが、河川の上流では生活排水は、ダダ漏れです。

これは河口に流れていくうちに希釈されるから「安全」だと言っています。

河口近くは、ダダ漏れすると希釈が間に合わないので汚水処理施設があります。


つまり国の安全基準は薄まったら大丈夫だよと言っているようなものです。


最後の閉じ込めるですが、本格的に閉じ込めるならチェルノブイリのように完全封印になると思います。

その範囲を原子炉建屋だけにするのか、敷地全部にするかは検討中ってことでしょう。


あと原発周辺に多数あると思われる、ご遺体。

こういう言い方は本当にご遺体に対して失礼なのですが、形を維持しているのなら除染して火葬または土葬というのが生き残った人としての役割だと思います。

でも、作業者が被ばくしている今の状態では、それはほぼ不可能だと思います。

現実というのは時に悲惨な選択をしなくてはいけません。


以前、「天災2割、人災8割」って書きましたが、原発に限っては「人災100%」だと思っています。

放射能漏れによって自殺した人もたくさん出ています。


海外では今回の事故で原発建設を見直す国家が増えました。


今後、足りない電力をどうするか?ですが、国と各電力会社の全負担で太陽光発電を1戸ずつ設置するくらいしか手がないような気がします。

ダムを作ろうにも水量は年々減っていますし、火力はCO2の問題がある。
風力、太陽光は一か所集中にすると広大な敷地が必要になる。

超巨大蓄電池の開発もしていかなくてはならないかもしれません。

この先どうなるかは誰にも判りません。
ただ、大きな転換期を迎えているかなって思います。


この記事で、まりんさん、優希くんへの回答とします。

PS
昨日、目に涙腺プラグ入れました。ドライアイの治療です。
少し涙が目に残るようにはなりました。

でも、7千円もとられた(ToT)
[ 2011/03/31 10:56 ] 日記 | TB(0) | CM(3)

半減期、半減期って

もう少し視聴者に判るようにちゃんと説明しろ!って感じです。

今回もうつ病とは関係ない内容になってしまいます。
被災者の心のケアを書こうとはしているのですが、規模が大きすぎて言葉が浮かんでこないのです。

なので日本中が注目してて不安になっているであろう原発についてのお話をします。

時系列でどんどん酷い方向に向かっているように感じますが、官房長官や東電の幹部の話を聞いていると危機感が全く伝わってきません。

専門用語を並べたてて国民をけむに巻いている感じがします。
東電の社長に至っては姿すら見せない。

インターネットのニュースでは、管総理が第三者の専門家を集めた会議で「臨界ってなんだ?」と聞いたそうです。

自身は「原発と原子力には詳しいんだ!」と豪語していた管総理が原子力の基礎ともいえる「臨界」を知らないって嘘八百を並べるのもいい加減にしろって思います。

中学で習う内容ですよ、無知にも限度があります。

未曾有を「みぞうゆう」と言った元総理のように、こんなもの知らずが総理やってていいんでしょうか?


さて半減期ですが、半減期が8日だから安心して下さいとか言っていますが、まず半減期ってものが何なのかを先に説明するべきだと思います。

政府と東電の発表を聞いていると、あたかも放射線が消えるような言い方をしていますが、消えません。


ヨウ素131の半減期は約8日です。
これは放射性物質が放射線を発生させる量が8日間で元の発生量の半分になるということです。

仮に元の発生量を10とします。
8日後に5になり、そこから8日後に2.5になり、さらに8日たって1.25になるということです。
1.25になるまで24日かかるということですね。

限りなく0に近づきますが、0にはなりません。


原発で使っている燃料は、ウラン238という物質です。
ウラン238は、中性子を捕捉することによってプルトニウム239に転換します。
(これは、こうなるって知っている程度でいいと思います)

福島原発が危ないと言われるのは「プルサーマル」という方法で発電していることです。

燃料にはウランとプルトニウムの混合物のMOXというものを使っています。

このプルトニウムがウランより危ない物質なんです。

核反応が激しく冷めにくい。

500本くらいある燃料棒のうちMOX燃料は30本くらいだそうですが、危ないことに変わりはないです。


僕自身は恐怖を煽りたいのではなく事実を淡々と書いています。
不快な思いをされた人がいれば、申し訳ありません。


万が一、万が一ですがウランやプルトニウムが飛散すればどうなるか?

プルトニウム239の半減期は2万4千年です。
ウラン238にいたっては、半減期は45億年です。

人類が存在しているかどうかも判らない途方もない期間を費やして、やっと半分になります。


原発の存在自体は否定しません。
風力、火力、水力、太陽光発電では賄えない部分を原発が補っている訳ですから。

必要悪だとは思います。


だからこそ徹底した安全対策と情報開示が必要になります。

現場で必死で復旧作業をしている人たちには頭が下がります。

だからこそ安全な場所で他人ごとのように発表をしている東電幹部や保安院に腹が立ちます。


政府も人体に影響がないと豪語するなら、メディアで汚染された野菜をばくばく食べ、汚染された水をごくごく飲んで「安全ですよ」と説得力のある発言をしてもらいたいです。


たった今、ニュースで1基づつ個別に対応していくことにしますって言ってます。

今頃?今までどうしてたの?
[ 2011/03/28 11:14 ] 日記 | TB(0) | CM(7)

政府と東電は何を考えてんでしょうね

想定外の事態

人の上に立つ人、企業のえらいさん、政治家
こういう人たちは困った時に必ずこの言葉を使います。

この言葉の意味は、予想できなかったんだから
責任はないよ!勘弁してね!と言っていることと同じです。

例えば津波

こんな大きな津波が来るとは思わなかった。

でも小学6年生のころに社会の授業で習いました。
リアス式海岸は入り江が複雑に入り組んでいるので、小さな津波でも巨大化することがある。

今の教科書に載っているかどうか判りませんが、私が子供のころには書いていました。


福島原発

被ばくした人は出たものの電気は通した。

電気を通したと言われ始めて4日くらい経ちますよね?

何もしていないことはないでしょうが、刻一刻と被害が拡大する中、通電して原発の状態を把握するのをためらっているようにしか思えません。


汚染の拡散と汚染物

広い範囲で水と野菜から放射線物質が検出された。

そりゃ原発事故から風も吹いているし、雨も降っている。

汚染が拡大するのは判り切ったことなのに、まず10km、次に20km、次は30kmと避難範囲が広がっています。

故郷を離れたくない気持ちは判りますが、政府が最初から30km以内は強制避難という命令を出せば、多くの人が兵糧攻めにあうこともなかったんじゃないかな?

政府の言い分は「パニックを起こしたくない」ですが、原発が事故を起こした時点で既にパニックですよね。


放射能の検査方法にも疑問があります。

水はサンプルを取って成分分析をすれば判ります。

問題は野菜

どういう検査をしたのか?

お気づきの方も多いと思いますが、ほとんどが葉物野菜ですよね。
根菜類には触れられていない。

野菜の検査には2種類の方法があると思うんです。

擦り潰して出た汁を成分分析する方法と葉っぱの表面を洗い流して、その水を分析する方法の2つ。

どっちの方法でやったかは発表されない。

だから消費者は土が汚染されたのか、葉っぱの表面が危ないのか判らない状態。


乳牛のミルクから汚染物質が検出された。
餌が野菜ですし、食べる量も半端ではないので牛の体内に蓄積されてもおかしくはありません。

それがミルクという形で外に出てきた。

つまり代謝によって排出されたということです。


あらゆる情報が、擦りガラスを通したように正確に発表されません。

みんな断定的な表現を避けています。
責任を取りたくないから。


海に排水を流しているとすれば、ヨウ素を餌にしている昆布とかの海藻類も危ないかもしれません。

海の詳細調査をしないのは、今回の災害で亡くなった方の遺体がたくさんあるからだそうです。

何かおかしくないですか?

ご遺体の回収は当然必要なことです。

一方で海の調査も当然必要です。


いきつく所はこうだと思うんです。

海が汚染されているかもしれないから遺体の回収に行けない。

だから遺体があるので海の調査ができない。


もう少し書きたいけど、また今度にします。
[ 2011/03/25 10:50 ] 日記 | TB(0) | CM(4)

原発の個人的な見解

目は相変わらずカラカラです。
これは原因も判ったし、治療法も判ったので、あんまりわたわたしていません。

今日は鬱の方の通院日なので、乾かない薬はないか聞いてみるつもりです。


さて、原発の風評被害ですが、思ったより酷いことになっていますね。
何万人ものメルマガ読者を持っている人が、煽りまくっているのも原因ではないかと思います。

ここからは、放射能に関する個人的な見解です。
安全な所にいるから書けるといわれればそれまでですし、不快に感じてしまうかもしれません。

ヨウ素131やらセシウムやら普段聞きなれない単語が飛び交っています。

半減期がこうだとか、飛散するからどうだとか、色々言われています。

理系の人なら「ああ!」って思うかもしれませんが、ほとんどの人は判らないと思います。

ものすごい乱暴な例えを使うと

放射能というのは、花粉と同じで風で拡散すると同時に薄まっていきます。

ガイガーカウンターといわれる放射線量測定器も何か売れているそうです。

原発に近すぎる所は別にして、そうでない所の放射線量は、人体には殆ど影響がないレベルです。

むしろ動けないものの方が蓄積しやすい。

なので、野菜とかの出荷制限が行われているんですね。

東電も昨日会見で言っていましたが、放水している海水を海に捨てているんですね。
びっくりしました。こっちの方が深刻かも?って思います。

もちろん放射線を浴びないにこしたことはないし、危険かもしれない食品をとることはお勧めしません。

でも、そのことと福島県を日干しにすることは全く別の問題だと思います。

政府は屋内退避を指示しておきながら、あとの対応は自治体任せ
自治体も今回の災害で殆ど機能していないのに政府の身勝手さには呆れかえります。


そもそも国の放射能の安全基準はとても厳しく作られています。

一方で農薬の使用量の規制は比較的甘いです。

人体に影響のないレベルで放射能を浴びた野菜と、虫食い一つない野菜とどっちが危険でしょうか?

虫が食べないのは、食べると死んでしまう量の農薬が含まれているからです。

健康被害としては、どっちが大きいのでしょう?


運送業者が放射能を恐れて福島に近づかないのは心理として判ります。

危険だと判っている所に飛び込む人は、そうはいないでしょうから。

だからこそ政府が動かないといけないのに、その気配すらみせない。
管総理なんか最近報道にも出てきません。

自国民に避難・待機命令を出しておいて、あとはほったらかしというのは、あまりに酷過ぎです。


受け入れを勧めている地方自治体の方が遥かに人間味があふれています。

今回の原発事故は「天災2割、人災8割」だと私は思っています。

東電と政府が施設の温存を図ったがために今回のような悲惨な原子力災害に発展したのだと思っています。
[ 2011/03/23 09:41 ] 日記 | TB(0) | CM(10)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。