あなたは鬱病をどれだけ理解していますか?

うつ病を克服したい!うつ病の正体が知りたい!周りの人に判って貰いたい!10年間のうつ闘病経験を元にうつ病・不眠症・パニック障害・引きこもりなど闘病記及び症状の説明を綴っています。
うつ病を治すために
うつ病は決して治らない病気ではありません。
しかし、治療には相当の時間がかかるのも事実です。

放っておいたら死に至る病とも言えます。

もしも死にたいと思った時には、まずは相談を!

くれぐれも早まらないで下さい

全国いのちの電話一覧

引用先サイト日本いのちの電話連盟


うつ病とはどのような病気なのかを理解し
適切な治療をできるだけ早く行うことが大事です。
治療が遅れれば苦しむ時間が長くなります。

うつ病を治すには家族・友人の協力も不可欠です。
家事を手伝ってもらえるならお願いし
他にも手伝ってもらえることは手伝ってもらいましょう。

大事なのは自己流で治そうとしないこと。
医者と二人三脚で病気と向き合う姿勢が大事です。

デイケアなど使えるサービスは利用しましょう。
自立支援制度で医療費も最小限に抑えましょう。

仕事をしながら、家事をしながら
うつ病を治療するのは中々に大変です。

それでも治療を続ければ、いつか必ず治ります。
あきらめないで生きて行きましょう。

鬱病や神経症を患った家族や友人を持った人に読んで欲しい記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケアサービスを利用してみましょう

最近ようやく朝晩は秋の気配が漂って来ましたね。
気づけば、もう9月です。

まだ少し残暑は続くようですが
猛暑で不眠に拍車がかかった状態から抜け出せそうです(^^ゞ

先月から私はデイケアというサービスを受け始めました。
外来治療の一環で極力入院をさけて日帰りで
同じような病気の人たちと規則正しい生活を送るというものです、

社会性をつけなおし、対人関係を修復し社会復帰を目指すものです。

今まではバイトで食いつないできたわけですが
1週間のうち数日バイト、あとの日は半引きこもりのような生活を続けていました。

このバイトをしていない日にデイケアを受けるようにしました。

サークル活動のようなものや、同じ病気の人の話を聞いたりして
社会性を身につけ治療の一助とするのが目的です。

デイケアサービスをしている病院なら利用するのもいいと思います。

費用面は行政とか色々とややこしいので「いくら?」というのは一概に言えませんが
私の場合、病院の付属のサービスということで
自立支援医療制度の範囲でまかなえています。

このデイケアサービスの中で自分ができることと、できないことを
明確にしていこうと思っています。

目標はフルタイム勤務ですけど、デイケアを1日受けるだけでも
疲れているので、完全な社会復帰には、もう少しかかりそうです(^^ゞ
スポンサーサイト
[ 2012/09/02 11:16 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(8)

できれば心理テストを受けてみましょう

私がやっている治療を先日から紹介しています。

今回は『心理テスト』

ロールシャッハ・テストとかですね。

絵を見て何の形に見えるのかで
性格や深層心理を見ぬくテストです。

他にも即興で出される課題に対して絵を描くというのもやりました。

結果は

頑張り屋でプライドが高くて融通がきかない(^^ゞ

まー薄々判ってはいたことですが
テストできちんと結果が出たことで
自分の性格を見つめなおす機会を得ました。

もちろん性格だけでうつ病がどうこうなるとは思っていません。

でも、頑張り屋なら頑張り過ぎないようにするとか
適当に手を抜くすべを覚えるとか
色々考えて行動することが大事になると思います。

ずっと前に書いたことですが
うつ病は、

原因を調べ
原因の解決策を模索し
原因を除去もしくは解決する

ことが重要です。

でも中には除去できない原因もあります。

除去できない問題は
どうすれば解決できるのか?
本人と家族、そして医師と相談しながら模索していくしかありません

その前段階として受けられる検査は受けておきましょう
[ 2012/07/02 06:26 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(3)

血液検査 治療の道筋その2

暑いです(^^ゞ

梅雨入りした途端にこの暑さで茹だってます

さてさて
治療計画を立てる時に最初にやってほしいのは

血液検査です。

うつ病になってしまうと
不調の原因は全てうつだと思ってしまって
他の検査をやらなくなってしまいます。

でも、それは、危ないです。


例えば私

3人目の主治医になるまで検査というものは殆どやってきていません。

年1回してるかしてないかくらいでした

その間、チョコをストレス食いしてまして
半年前の体重は72キロもありました

糖尿病が発覚したのも半年前です。

『健康状態が知りたいから血液検査しておきましょうね』

この一言で糖尿が発見されました。

重度・・つまり腎障害が出る一歩手前だったそうです。

中性脂肪の値もめっちゃ高くて

肝臓も弱っていたそうです。


先生が変わらなければ恐らく発見すらされず弱っていったことでしょう。


血液検査は健康診断では基本です。

できれば尿検査もあわせてやっておいた方がいいです。


ちなみに今の体重は62キロ
徹底したカロリーコントロールで減りました

ヘモグロビンA1c(HbA1c)という糖尿の度合いを示す数値も
半年前の10.8から5.8(正常値ギリギリ)まで下がりました。


何はともあれ血液検査

医者に申告してでもやっておきたい検査です。
[ 2012/06/10 20:02 ] (10)回復のヒント | TB(0) | CM(1)

治療の道筋を立てましょう その1

相変わらず鳴かず飛ばずの微妙なところで体調が推移しています。

前に書いたかもしれませんが
私は現在までに3人の心療内科医を渡り歩いています。

最初の医者は名の知れた名医だったのですが
通院4年目くらいで医者自身が体調不良で診てもらえなくなりました。

この時の治療は現状打破

都度発生する症状に併せての薬の処方だけでした

2人目は、前医の代診で来ていた先生

しかし、この方も半年くらいで別の病院に移ったため
大した治療はできず

3人目で初めて入院という選択肢が出ました。

この3人目の先生が当たりでして
当時、最大のネックだった不眠に関して徹底的に
調査と治療をやって頂きました

つまり、どういう治療方針で進めていくかを
きちんと説明してくれたんですね。

不眠に関しては大幅に改善されています。

何をしたかというと結構ながくなるので

細かい治療方針については、また今度書きますね
[ 2012/06/09 11:08 ] (10)回復のヒント | TB(1) | CM(0)

太陽をいっぱい浴びて下さい

随分と更新をさぼりました(^^ゞ

ひーふーみー

ざっと3ヶ月かな?

欝の症状は軽くなったとはいえ、相変わらずなんですが
眠りが大幅に改善されたことで気分的にはすごく楽です。

この時期、毎年のように五月病にもさいなまれていたのですが
それも、なし!

自分が調子いいものだから、更新もつい・・忘れてました

長い冬も終わって、昼夜の寒暖差も少なくなりましたから
今、調子を崩している人も徐々に良くなってくるのではないでしょうか?

これから、梅雨、そして夏と季節は変わっていきますが
できるだけ太陽の光をいっぱい浴びて下さい。

倒れない程度に^^

なんで太陽?と思われるかもしれませんが

うつ病になりやすい人というのはホルモンの一つである

「セロトニン」の分泌異常があります。

分泌が少ないんですね

で、このセロトニンの分泌には太陽の光が必要です。

太陽を浴びない生活が長く続くと、当然のように体調も悪くなります。

だから暖かくなった今

散歩でもいいので、できる限り太陽を浴びて下さい。


な~んか久しぶりに文章を書くと下手になってますね(^^ゞ
[ 2012/05/10 20:34 ] (10)回復のヒント | TB(1) | CM(2)

入院をするべきか?しないべきか?

退院して丁度1ヶ月がたちました。

夜は眠れているし、昼は眠くならないという、いいリズムになっています。

つくづく入院して良かったと思っています。

さて、うつ病になった時、入院するか?しないか?ですが、
入院設備のある病院なら、入院すべきだと思います。


とは言っても、私も入院には凄く抵抗がありました。

『精神科に入院って…もう出られないのじゃないか?』

という考えが頭の中にあったからです。


それは、間違った常識

精神科は怖いところだと小さな時から刷り込まれた知識

差別と偏見に満ちた考えが、自分が入院することを拒んでいたのです。


実際に入院してみると、そんな考えは打ち消されました。

病院を管理しているのも人間
入院しているのも人間だからです。

そりゃ、確かに症状が重い人から軽い人まで様々です。

でも触れ合ってみると、ちょっと【良い人】すぎた人たちの集まりです。


夜中に徘徊する人もいれば、人なつっこい人もいる。

しかし、話をすれば本当に普通の人々と何ら変わりません。


一人で闘病していたら、多分今もしんどいままだったでしょう。

でも集団の中に入ることで、相手に合わせた時間配分
病院に合わせた時間配分が取れます。

それは社会復帰するための下準備


精神科は、おかしな人の集まりだという概念を捨て
社会復帰するための精神休養の場と考えれば

入院することも抵抗なく行えると思います。

自分一人では、どうしようもない状態になった時には
入院も視野に入れてみて下さい。
[ 2012/02/14 13:16 ] うつ日記 | TB(1) | CM(4)

入院して退院して、そして現在

入院して、そして退院してきました。

期間は10日間、科目は精神科

目的は睡眠障害の治療です。

年明けに即、入院したわけですが
最初の3日間は、まるで眠れなくて

というか寝付けなくて
睡眠時間は3時間くらい
明け方に寝てるような状態でした。

夜中に乱入してくる人もいましたしw

それを3日間、立て続けに薬を変更して

4日目にやっと
随分と久しぶりに【熟睡】を経験しました。

実に10年振りくらいかなぁ・・熟睡したの(^O^)/

眠れるとこれが現金なもので
精神科に入院している実感と
早くここから出たいという願望が大きくなりました。

眠れなかった3日間は
気にもしなかった、気にする余裕もなかった

精神科の病棟の独特の空気!

ああ、みんな辛いんだなぁってのは判るのですが
そこに馴染めるかどうかは別の次元でした。

眠れた翌日には『退院させて!』と懇願する始末

いやいや、なんとも(^^ゞ

『まぐれかもしれないから、もう少し様子を見よう』

もっともです。はい。

その後も順調に眠れ続けて
予定を早めて10日で退院

昼間に眠気が来ることもなく
今のところ順調に眠れ続けています。

眠りって大事ですよね。

翌日の活力が全く違う!

もっと早く入院していれば良かったな

でも精神科だから最初の勇気は必要です。

勇気は必要ですけど、実際に入院している人は
よくよく話せば、みんな、良い人です。

良い人だったから壊れちゃったのかな?って思うくらいでした。
[ 2012/01/24 17:06 ] うつ日記 | TB(0) | CM(3)

ナナさんの質問にお答えします

ナナさん、こんにちは
ちゃんと説明したいので記事にします。

◆「標準体重ってどのくらいなんですか?」

標準体重=身長m×身長m×22

という計算式になりますので

「身長が156の女子」の場合

1.56×1.56×22で

53.5kgになります。

ただ女性の場合、脂肪のついている部分
胸とかお尻とかありますので+3kg
くらいが目安です。

156cmで53.5kgは多いと思うかもしれませんが
健康的な体重となるとこの値になります。


◆「半年以上同じ薬っていうのはおかしいんですかね?」

これは半年飲んでいて悪くも良くもならないというならば
効いているとも言えます。

ただ悪くなる一方なら効いていないと考えるのが妥当です。

実際にどの薬が効いて、どの薬が効いていないという判断は
難しくて、ちゃんと薬のバランスを取るなら入院という
手段が手っ取り早いです。

でも入院は中々できませんよね。
なので一つの目安として半年間という記事を書きました。


◆「あと生きるのがめんどくさくてもう生きたくなく
色々なものから興味がなくなっているんです」

はい。これこそまさに「うつ病」の症状です。

生きるのも息をするのも、何をするのも面倒臭い

これがうつ病です。

気力を根こそぎ奪うのです。

そして「死にたくさせる」病気なのです。


これが、うつ病が怖い病気といわれるゆえんです。

毎年3万人の自殺者のうちの半分以上がうつ病が原因とも言われています。


「うつ病は死にたくなる病気である」

ということをちゃんと理解した上で立ち向かわなければなりません。


正直に言うと私もいっつも「死ねたら楽なのにな」って思っています。

死んだら後のことなんて考えなくていいですからね。

でも死んじゃいけないんです。


真正面から立ち向かった先に
新たな成長が待っていると思っています。

ナナさんも辛いでしょうが耐えぬいて闘病していただけたらと願います。
[ 2011/12/18 15:59 ] (11)各種相談 | TB(0) | CM(7)

健康診断は定期的にしましょう

◆うつ病で何もやる気が起こらない

◆倦怠感が続いているから何もできない

◆手がふるえる、または痺れた感覚が時々ある

◆目まいや吐き気がある

このような症状はうつ病につきものなのですが
「うつ病なんだから」と放置していると
私のようになったりします(^^ゞ


他の病気を疑わないから
健康診断にもいかないし
血液検査も滅多にしない

今の私がそうです。結果、糖尿病です。

健康診断を受けるのが一番いいのですが
最低でも月1回は血液検査だけでも受けるようにしましょう。


うつ病で怖いのは、他の病気を疑わなくなること

私を例にとると
標準体重から22キロオーバーで
倦怠感が取れず、手のひらに時々しびれがありました。


頭では糖尿病に似たような症状があるのは知っていました。
でも、まさか自分がなんて思いもしなかったです。


目まいや吐き気も
もしかしたら「脳」からきているかもしれません

うつ病になったがために
裏に隠れた病気を見落としがちです

うつ病の薬は最高半年飲み続けて
効果がなければ、薬があっていないか
そもそも別の病気の可能性もあります。


特に運動量は減りますから
それだけでも中性脂肪や悪玉コレステロールの数値は上がったりします。

健康な人の中性脂肪の数値は30~149です。
私は、802でした

異常な数値です。
原因も判っています。

チョコレートを主体とした甘いもののバカ食いです(^^ゞ

いわゆるストレス食い

身体にはダメージ溜まりますよね。


たまには検査をしましょう
[ 2011/12/16 19:50 ] うつ日記 | TB(0) | CM(1)

糖尿病発症しました

タイトルのとおりです

先週血液検査の結果が出まして

HbA1Cの値が9.4

診察室に入って開口一発

「糖尿病確定です!」でした。

この数値は5.8以上で糖尿病が確定するのですが
倍近いですからね、否応なく「やっぱり、そうですか」でした。

「やっぱり」というのは思い当たる節がありすぎるからです。

食べる

仕事(あんまり動かない)

食べる

寝る

の生活習慣ですから、どこにも「運動」がありませんw

ゆえに太る

中性脂肪が802という、ありえない数値だったので
肝臓にも相当な負担を強いているなという印象です。


一瞬ショックは受けましたが
まー予想はしてたし、なんとなくそうかな?って思ってましたので
すぐに復活しました。


で、とりあえず食生活を変えました。

とはいっても野菜が今ちょっと高いので折り合いをつけるのが大変です(^^ゞ


ついでに報告しますと

入院も決定です!

年明けに2週間くらいかな?入院します。

しろ!と医者がうるさいのでw


とりあえず、今のところは
自分で血糖値を調べたりするところまではいってないので

食事療法と運動ですね

運動・・・


無理かもw


ウォーキングだよな、やっぱり

標準体重+22キロなんで、しなくちゃなんないよな~


近況でした
[ 2011/12/13 21:27 ] うつ日記 | TB(0) | CM(3)
Web検索 
カスタム検索
うつ病関連本
訪問者さま
ブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。